カメラ転売、リチウム電池のアマゾンFBA納品方法。

こんにちは、神谷です。

 

「一応、そういう決まりやから、

そういう風に頼むわな!」

「俺が。こんな事言ってた言わんとってや!

えらい問題になるわ、」

 

「〇〇が帰ってから、作業しよか」

 

 

タテマエ上どうこう、形式上どうこう、

というのは、私が関わっていた、建設業界でも多々あった。

 

 

法令上の遵守事項ではあるが、

実際に、全て守れば、全く作業が進まない。

と言った類のものだ。

 

 

生産性が極端に低下してしまうので、

実際には、形式上守ったことにするわけなのだが、

 

 

酷い事故が起きれば、必ず誰かの首は飛ぶし

余程の事なら、警察まで動く。

 

 

私自身も、事業主として

とある法令違反の疑いで、書類送致されそうに

なったことがある。

 

 

その時は、お咎めなしだったが・・・・・

 

 

大きい事故が起きる場合は、

大抵小さいミスや事故の積み重ねや、

習慣化による慣れからくる不注意が原因だ。

 

 

あらゆる作業に、法でブロックをかけて、

安全に作業させようと、ガチガチに縛り付けたとしても、

当然、それまでしていた様に作業がはかどらなくなる為、

今までよりも余計に人件費や設備費も発生することになる。

 

 

問題はその費用が、元々ほとんど出ていないのか、

若しくはどこかで、中間搾取が起きていることだ。

 

 

なので、末端の作業員までその費用が届く頃には

雀の涙ほどの金額になってしまう。

 

 

当然、末端の作業従事者は、

作業自体に生産性のない工程は、

「無駄だ」として省こうとするものだ。

 

 

現場の規模が小さいほど、これは顕著に現れる。

 

全くお金にならないし、下手をすれば、

工事そのものまで赤字にしかねない。

 

 

取引き先の規模が大きければ、

金額も大きいので、工程は細かくなる一方だが、

法令違反は少なくなる。

 

 

ところでアマゾンで、FBAにカメラを納品しようとした時に

この様な書類を要求された事は無いでしょうか?

 

こちらは、FBAに納品する際の商品に

リチウムイオン電池が含まれているという項目の

危険物が含まれるを選択した場合に、入力を要求される項目です。

 

 

 

 

 

 

 

とてもじゃ無いですが、収集仕切れない情報ばかりで、

当然、要求される項目を全て埋める事はできないわけなんです!

挙句の果てには国連番号?がどうのこうの・・・・

 

 

メーカーのホームページを覗いても、

そこまで細かく書いていません。

 

 

わからない項目を埋めずに、納品しようとしても

当然、受けつけられません!

 

 

アマゾン、どこまで厳しいねん!!

と、叫びたくなるのですが、

 

 

FBAに納品できないだけで、出品はできるので、

アマゾンからの発送を諦めてしまっている方も多いはず!

 

 

しかし、アマゾンのメリットはFBAを利用できるという事。

これがなければ魅力は半減してしまうんです。

 

 

ショッピングカートボックスの獲得率も下がってしまいます!

獲得できるとできないとでは、

売る上げにも大きく差が出てしまいます!

 

 

私は、以前悩んだ挙句、とあるアマゾンスーパーセラーの方に

相談した事があります。

 

 

その解決方法が、簡単で笑えましたのでシェアいたします!

 

今の所、この方法で全て大丈夫な様です。

アマゾンが急に規制を初めてはいけませんので

ご内密に・・・・(笑)

 

 

アマゾンにも形式上・・・は存在するのでしょうか?

 

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP