カメラ転売で体感した、年間のカメラ月毎の売れ筋商品!

 

紅葉シーズンといえばカメラやレンズ、三脚も需要がある季節です。

 

 

 

ヤフオクの出品と発送がちょっと面倒くさいですが・・・

売れますよ!カメラもレンズも!

 

 

レンズでいうと、それぞれの方の好みの撮影の違いがあるので、

広角、マクロ、望遠、それぞれどれも良い感じです!

 

 

やはり、本格的に撮影を趣味とされている方の需要が

メインになると思いますので、

 

どりらかといえば、フルサイズ使用の

高級レンズが良いと思います!

 

CanonのLレンズ、NIkonのナノクリなどです。

もちろん他のメーカーも!

 

大三元、小三元と言われるレンズが

人気があり、販売もしやすいです!

 

2大メーカー大三元レンズはこちら!

 

 

こうやって思い浮かべると、年間を通じてカメラが

売れるイベント目白押しですねー!

ちょっと古いですが、今の若い人は知らないでしょうね。

 

 

年間のイベントを想像してみますと、

 

1月は、初日の出撮りたい人がいると思いますから

でもこれは12月の需要ですか?

正月も私は案外カメラ売れた印象あります!

 

ライカやコンタックスなどのフィルム系が

正月休み中に売れたりしましたよ!

 

案外いい感じでした!

1日の売り上げ40万円超えた日もありましたし。

ただ、それだけ沢山出品もしていますが・・・・

 

 

2月は春節があって、中国の方々に沢山の需要があると聞きます。

ただ、商売では2月、8月はダメと聞きますね!

なので、中国のかたの需要狙いですね。

 

 

中国の方は、本国で日本のカメラを買うではなく、

日本に来て買うのがステータスらしいのです。

 

 

 

3月は卒業式ですよね?4月は入学式も、桜のシーズン

でもあります。

2~3月というと、各社エントリーモデルの新型が出る時期でもあり

買い換えの需要と、イベントの需要があります。

 

 

ただ最近はミラーレスの多様化に加え、

動画撮影が気軽にできる、ウエアラブルカメラを選択する場合も

あると聞きます。

 

 

ですので、昨今は売れ筋も広がってきていて、

絞りづらくなってきてはいますね。

 

 

 

 

5月はゴールデンウイークでカメラの需要が一気に来ますね!

ただ、それも突入する前が勝負ですね!

連休中は、みんな遊びに行っちゃいますからね。

 

 

 

6月は・・・もう5月からそうなんですが、

ぼちぼち防水のカメラ、ハウジング、ウエアラブルカメラが

価格上がり始めます!

 

これらは5月になる前が意外と仕入れ時だと聞きます!

 

 

7月はボーナスシーズンでバカ売れの季節です。

12月同様ボーナス商戦で稼ぎ時ですね。

 

 

GoProで1週間に40万近く稼いだ女性カメラ転売ヤーもいました!

 

 

8月は、通常、2月、8月はダメだって言われていますが

私は防水コンデジなんかで結構いい思いしました!

そうなんです!この夏場はこんな感じで防水カメラが

よく売れますし、案外白レンズが良かったりします!

 

 

 

9月、10月は運動会や学園祭シーズンですよね!

間違いなく売れます!そして、新機種がでるタイミングでもあります。

買い換え需要がおきます。

 

 

特に、初心者向けの入門機のレンズセットとか・・・

今までは良かったですが、これからは選択肢も

広がってきていますので、どうでしょうかね?

ちょっとデータを取らなければいけないですね。

 

 

11月も七五三や、紅葉の季節ですので、同じ様な感じで

売れていきますが、ただ半ばは年末商戦の買い控えが

若干入る印象です。しかし、末になると

突然動き出します!

 

 

ただ、11月は、年末商戦の仕入れに集中するイメージですね。

 

 

 

12月はもう、ボーナスだわ、クリスマスだわ、一年で

一番マックスの時期です。

多くの物販プレーヤーは、ここで弾けることを狙っています。

 

如何でしたでしょうか?

 

 

年間を通してのカメラ転売のイメージはこんな感じです!

しかし、年間を通じてあまり売れ方に変化ないのが、

プロ向けのカメラやレンズ、それから、マニアックなフィルム系ですね。

 

 

これらを買うお客さんは、どちらかといえば

季節に関係なく存在するので、

もし仕入れることができれば、いつでも売れます!

 

 

 

お正月は笑って過ごしたいものですが、

 

私は普通に発送や仕入れに行ってましたけどね。

 

 

神谷でした。

 

最後までありがとうございました。

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP