カメラ転売、リサーチで最も重要な仕入れの判断基準とは?

こんにちは、神谷です!

 

正直オークファンだけではわからない事とは?

 

カメラ転売をしていると、

なぜこんな物に、こんな値段出してまで買うの?

と不思議に思えるような事もあります。

 

 

少しクモリがあるレンズや、

錆が浮いてる三脚や雲台。

 

 

見た目がそれほど綺麗ではない古いフィルムカメラなど。

 

 

カメラマニアでなければ、理解できない商品も

多々あったりしますが、

 

 

 

やっぱり状態が良い商品の方が良いに決まっているのは、

たとえカメラマニアでもおんなじだと思うんです。

 

 

 

特に、古いカメラやレンズだと、

商品の状態次第で、とんでもない価格差があったりします。

 

 

オークファンで調べてみても、

直近では大した価格で売れていなかっても

遡ってみた時に、商品状態によっては

とんでも価格で売れている事もあるのです。

 

なおかつ、たとえオークファンといえども、

タイトル表示の違いなどから、全部が全部表示されない事もあるので、

 

 

 

全ての結果を知らなかったりしますね。

 

 

私も、初めてライカのオールドレンズを出した時に、

 

 

「安いから仕入れようと思ったら、神谷さんが出してる商品だった。

差し出がましいですが、安すぎませんか?」

 

 

「私はもっと高値段でいつも売っていますよ!

同じ商品だと思うんですけれど・・・・」

 

 

 

と、偶然仲間内にアドバイスをもらい、

価格を改めてしばらくして売れた。

という経験があります。

 

 

 

 

実は、オークファンをみながら価格調整していた私には、

彼が販売していた、あと2、3万高い

販売履歴が表示されていませんでした。

 

検索に注意すべきオールドレンズやフィルムカメラ

 

検索する際に、例えばライカですと、

Leica、ライカ、

などだ検索すると思うんですが、

 

 

これも、検索窓に入れる文字の違いで、

全く表示されなかったりもするのです。

Leitz

 

という昔の通称のみで、出品されているものもありますし、

そもそも、名前自体を間違えて出していたりしている場合もあります。

 

なのでオールドレンズやカメラは、出来るだけ

期間を広げてリサーチする

のが良いようです!

 

 

こんなことがあるので、

仕入れる時の判断というのは、

販売経験あることが最強になるわけなんです。

 

 

 

これが、それほどデジタル製品なら差はでないのですが、

古いレンズや、カメラに関しては、

状態によっては驚くような

天井知らずの価格で売れる場合があるのです。

 

 

物によっては、かなり利益出せる場合もあります!

 

 

リサーチで最も信頼できるのは、

自ら販売した販売価格

 

 

 

メルカリなんかで、たまにかなり綺麗な

オールド製品が、一般的な相場で売られていたりしたら、

高値販売の経験がある場合は、非常に有利なんですね。

 

 

 

他の転売屋が利益取れないと判断していたりするので、

一撃でかっさらう事もあるんです。

 

 

古いものであればあるほど、キレイな物、

状態の良い物を選ぶのが良いと思います!

 

 

 

フリマアプリや、ネットショップは張り付ければ

張り付くほど、こんなのがでてくるんで、

あなたにもしそんな時間が取れないとするなら

外注さんに頼んで探してもらうのもありなわけです!

 

 

 

ただ、出品者がどんな人間かわからないので

評価はよく確認した方が良いのですが、

 

 

 

こんな商品を仕入れていくのは、

高額でその商品を販売した事あるバイヤー、

もしくは、ガチのカメラマニアくらいです。

 

 

そんな方に見つかるまでに購入すれば良いのです。

 

 

この判断も販売経験があれば、いちいち

ツールを使ってリサーチをかける手間も省けるってわけです!

 

 

なので、とにかく数を売れ!

というのは、その辺りでもあります!

 

 

オークファンでリサーチ、

その他のツールでリサーチした相場よりも、

 

 

もっとも心強いのは、自らの販売価格です!

これに勝るものはないのです。

 

 

販売数を増やし、こういった商品がどんどん増えてくると

仕入れ対象も増えていくので、

 

 

まずは、食わず嫌いをなくして販売することが

めちゃめちゃ大事です!

 

 

 

最初は利益出せなくても、

2回目は必ず利益出せるようになるからです。

 

 

もちろん、逆の場合だってあります。

 

 

リサーチで利幅を見つけても、

仕入れて出品してみたら、全く売れなかったとか・・・・

 

 

こんな場合は仕入れてはいけないリストに入れてください!(笑)

 

 

カメラ転売でもこういったことは

よくあることです。

 

 

カメラの知識を勉強するよりも、

実践、検証することの方が大切なのです!

 

 

今回はこんなお話しをしてみました・・・・・

 

 

神谷でした!

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP