カメラ転売、【悲報】仕入れられないのはなぜ?

こんにちは、神谷です。

カメラ転売で仕入れができない、うまくいかない。なぜか仕入れることができない

どんどん仕入れて売っている方との大きな違い。それは、利益出せた数ではなく、

どれだけ販売したかの経験値の違い、利益をとるばかり考えずに販売を最初にどれだけできたかが大きいのです。

 

私も例外なく、最初はなかなか仕入れられませんでした。しかし、それでも仕入れて販売することで

突破口を見出すことができました。最初は利益を大きく取ろうとはしていなかったんですね〜。

しかし、それが後々、大きく利益を出し、仕入れられるようになるコツでもあるのです。

 

 

販売経験が無ければ仕入れ判断ができない?

 

 

初めて商品を仕入れる段階になってオークファンでリサーチして

仕入れ対象を探してみても、色々な価格で売れた履歴がでてきて、

なかなか仕入れに踏み切れなかったりするものです。

 

 

新品と違い、中古のカメラやレンズは、販売する側の価格設定や、

1円オークションでの販売などもあることなどから、落札価格にはかなり開きがあるのが通常だと思います。

 

それに、出品しているアカウントの評価の数や、出品数などで売れ方もまちまちなので、

実際は仕入れて販売してみなければ、売れるかどうかはなかなかわからない。

という状況になります。

 

1品だけを売る販売ではなく、安定した収益を得るには、まとまった出品が不可欠です。

実際に高く売れている履歴があっても、1品だけだとなかなか売れなかったりもします。

やはり、ヤフオクで多く同じ商品が出品されていると、出品数が多いアカウントや、

1円出品を毎日しているアカウント、良い評価が多いアカウントにアクセスが集まり安いです。

 

 

それ以外にも実は、カメラやレンズは、基本的に、人気商品と不人気商品が存在します!

 

リサーチしている商品と販売されている商品の差額を見つけて買うのですが、

その差額があるからと行って売れるとは限らず、仕入れてもさっぱり入札が入らない!そんな商品も実はあります!

 

 

 

最後には、また差額を見つけた違う転売ヤーが買っていくという(笑)

そしておそらくその転売ヤーも同じことをしているのでは無いでしょうか?

転売しているもの同士で、グルグル回しているだけかもしれません(笑)

 

 

 

一番判断しやすいのは、販売されている個数と入札数です。

1円スタートでオークション出品されているにも関わらず入札数が異常に少ないなどは、要注意です。

 

 

あとは、あまりにもヤフオクで出品されすぎている商品です!

メーカーが余剰在庫を、安く大量放出した時などに起こります。

ヤフオクの出品者が一時的に少なくなった時、そういう場合には売れたりしますが、

単純に需要に対して供給が上回っているときは、販売し難いというわけです。

 

 

割と、カメラ転売始めて間もない頃に結構誰もが経験する事ですが、

この理由が掴めなくて悪いサイクルに陥ってしまっている事もよくあります!

 

 

まずは思い切って仕入れてみることも大事

 

 

転売で、高い利益率を出すことは最初はなかなか難しいものです。

しかし、だからと言って仕入れて販売しなければ、どういう商品が人気があり

どういう風にアクセスが集まって早く販売できるのか?ということがいつまでも理解できません。

 

 

初心者のころは、利益率が低くて気になるものですが、

最初の頃はどうしても利益率は低いものなのです。しかし、一度仕入れた商品が

たとえ対した利益がでなかったとしても、販売することが出来たのならば、

次は利益出せるように同じ商品を仕入れれば良いのです。その判断基準ができるようになる事が、

転売初期の段階では非常に重要だと言えます。

 

 

まずは、転売で売り上げを作ることを覚えられれば、後はその中身を改善していけば良いのです。

しかし、最初から利益をとることばかりを考えているといつまでも仕入れ自体が出来ないのです!

 

 

強豪セラーをリサーチする

 

強豪セラーがどんな商品を販売しているのかは、オークファンで簡単に調べることが出来ます。

オークファンのプレミアム会員(月額980円)になっていれば、特に高額なプロプラスなどに入会しなくても

調べることが可能です。オークファンで調べた商品の個別ページを開き、右の価格表示の下部にある、

出品者情報をクリックします。

 

 

そして次に表示された、出品者IDをクリックすると、その出品者の機関ごとに販売した商品が表示されます。

 

 

これで、その出品者が、直近でどんな商品を、どんな価格でどれくらい販売しているのかを

知ることが可能です。これは、ストアなどではなく、個人の出品者を探して行います。

 

出品ページや、タイトルの参考にもなります。

 

 

何より、どんな商品を仕入れて販売しているのか?がわかるのが、転売を始めた初期の段階では非常に大きいです

全く同じ商品を仕入れるのは難しいかも知れませんが、販売して価格帯や、入札数、で商品ごとの

仕入れ可能な相場の目安とすることもできます。

 

転売が成り立つ理由を理解する

 

たとえば、カメラのキタムラで販売されている商品があり、

それがキタムラで安く帰るにも関わらず、それよりもかなり高い値段でヤフオクで買う理由が理解できない。

と、転売をされていない方や、転売を始めて間もない方がよく言われる場合があります。

 

 

たとえば、欲しい商品を探すときに、初めてのところを利用するよりも、

いつも買うところを利用する。ということはあなたも経験あるのではないでしょうか?

 

やはり、いつも買うところ、慣れたところで買う方が、知らないところで買うよりも安心できる上、

長い目で見れば、同じところで買い続けている方が優遇される。というイメージもあります。

 

なので、大抵は、アマゾンで購入する人はアマゾンで、楽天は楽天、ヤフオクで買う人はいつもヤフオク。

ということが起こります。ヤフオクで買うのがどこよりも安く買えるに決まっている。

と、意味もなく思い込んだり、決めつけている場合もあります。

 

 

それそれ以外にも、この商品がどうしても欲しい!、今必要だから買う!

などの感情が大きく揺さぶられて買う。という人間の心理的な部分も大きいのです。

 

 

誰に何を言われたとしても、それが必要だと思ったから買ったというわけです。

 

 

 

 

まとめ

 

カメラ転売は中古を扱う転売です。なのでどうしても仕入れようとしている商品や

販売する価格帯には大きな開きがあります。

 

つまり、極端なことを言えば、自分が売りたい価格で売れさえすれば良いわけで、

決められた価格というのがありません。高く売りたければ、高く価格設定すれば良いわけです。

 

新品の商品ほど価格に対する縛りはありません。

ただそれが思った価格で販売できるかどうは、また別の問題です。

 

 

全く売れない場合もあれば、過去になかったような高い価格で販売できることもあります。

カメラやレンズに関しては、それはそれほど珍しいことではないのです。

 

 

ただ、たくさんの商品を眺めているだけでは、その感覚が身につくことはありません。

最初は、それほど利益にならなかったとしても、商品を多く販売することを続けていれば、

自分なりの相場観ができてきて、高額な利益を得られるようになります。

 

 

仕入れができない。と感じるときには、利益が大きくなくても仕入れて販売をしてみて、

それから販売する感覚を身につけることが理想なのです。

 

 

 

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP