転売、物販でのリサーチと、カメラ転売のリサーチの違いとは。

カメラ転売の仕入れは、他の新品を扱う転売などとは違い、

儲かるとわかった同じ商品を仕入れるのは難しいです。

なぜなら、それは中古を扱うからで、

中古のカメラは全く同じコンディションの物は皆無なのです。

 

なので、仕入れ対象を絞って仕入れに行く。という事はできません。

それよりも、今目の前にある商品の中に、儲かる商品があると考えて

行動する事が重要なのです。

 

 

探すのが大変そうですが、

 

 

いつどこに良いものが潜んでいるかわからないし、

またいつ現れるやもしれないのです。

 

 

中古のカメラ、レンズの仕入れ対象は、意外なところで

見つかる事もよくあるのです。

 

商品リサーチとは?

 

転売において一般的に、仕入れを行うにあたり、

差額を見つけて利益出る商品を、

リサーチして探すわけなんですが、

 

 

稼ぐには、このリサーチが非常に重要なのです。

たとえば、一品一品稼げる商品を探すために

店舗に行くのは、かなりの労力になりますし、

 

 

延々と仕入れ続けるためには

リサーチを繰り返さなければならないと言うわけです。

 

出品者の少ないニッチな商品を見つけた!

と思って、利益が出たので、もう一度同じ物を大量に仕入れると

次は、出品者が一気に増えていて値崩れした!ということがよくあります。

 

 

売れている商品は、セラーリサーチされて、

一瞬で真似されてしまい、また新しい商品を探すか、

オリジナルの組み合わせを考えなければうまく稼げません。

 

 

 

稼げる商品をリサーチして、常に見つけなければならないのです。

それを見つけられるか、見つけられないかがキモな訳です。

 

 

カメラ転売のリサーチの場合

 

カメラ転売は基本中古の販売なので、

そもそも、この商品が高値で売れているので、これを仕入れたい!と

リサーチをしたとしても、それが必ずしもあるわけでは無いし、

 

 

大量に仕入れたくても、無理なことがほとんどな訳です。

 

 

 

なので、その場に出ている商品の販売履歴を調べ、

利益出そうな物を仕入れていく。

という、リサーチ方法になってきます。

 

 

 

これは、出来るだけ、類似の多くの商品を

売った経験があればあるほど強いわけです。

 

なので、カメラ転売は、売れている商品、

今人気の商品、それ自体の事をリサーチしても

空振りに終わるケースが多いというのが、

他の新品を扱う転売とは、少し異なってきます。

 

 

 

商品の仕入先は?

人気商品。と言うことはわかってはいても、

その商品のコンディションによっても、

利益取れるか取れないかは、また別の話しと言うわけです。

 

 

いくら人気商品といえど、安く仕入れられなければ

なんの意味も無いし、中国などから、安く仕入れる訳にも行きません。

 

 

ほとんどの場合、日本にある物が最高品質なのです。

 

 

カメラ、レンズは安く大量に仕入れるということが

難しい代わりに、国内のごく限られた場所から、

限られた商品をリサーチするので、

 

 

リサーチは、他の転売よりも圧倒的に楽です。

 

 

逆に言えば同じ物を何度も、

何個も仕入れるというのは、他の転売に比べ難しいです。

 

 

どういう仕入れが良いか?

 

中古カメラ販売の特性上、あまり同じ商品を

いくつも販売するという事にも向きません。

 

 

数が少ない方が、レア感も出せるし、

高く販売できると言うことを、カメラ転売に慣れるにつれ

肌で感じるようになってきて、

 

 

同じ物をいくつも出品する事に抵抗感を持つように

なってきたりもします。

 

 

むしろ商品単品の数は少なくても

種類が多いのが良いわけです。

 

趣味性の高い物は、訪問するお客さんも、

その商品を眺める事自体が楽しいと言うこともあり、

 

 

多くの種類や、珍しい物があると、

足を止めて見ていくという、

博物館効果みたいな事があると思います。

 

 

自分の好きな物が、大量に展示されている店の方が、

同じ物を山積みされている店よりも、魅力的でもあります。

 

 

自分の趣味の物が売っている店は、

買い物するわけではなく、入って眺めるだけで

ワクワクするもんです。

 

 

実際、珍しい物をいくつか取り揃えた方が、

アクセスも良いし、他の商品も売れたりもします。

 

 

なので、仕入れてもあえて売らなかったりする

商品もあったりしますが、

そんな商品の方が返って高い利益で売れてしまいます。

 

 

なので、色々な商品を豊富に揃えた方が

見にくる人も増えると言うわけです。

 

 

これは、リアルにアクセスにも出ます。

明らかにウォッチリストの数が増えてきたりします。

 

 

たとえば出品している商品が100個あるけれど、

種類は20種類しかないよりも、

 

 

出品している商品が50個だとしても、

50種類ある方が、断然アクセスは良いということです。

ただ、種類も多く出品数も多いに越したことはありません。

 

50は最低ラインです。

 

 

利益出る商品を仕入れる。

 

カメラ転売も、やはり、お得感がある方が

売りやすいのは事実ですし、単体で販売するよりも

組み合わせて販売した方が利益出る場合があります。

 

しかし、逆に、単体で販売した方が、

売りやすい商品も存在します。(プロ仕様のカメラ、レンズなど)

 

 

が、やはり付属品は多いに越したことはありません。

 

 

仕入れ対象は?

 

付属品が多い方が良い、箱付きの方が高く販売できる。

という話しをすると、

 

「箱なしだったので、仕入れませんでした」

や、「付属品がなかったので仕入れませんでした」

などと言う人が多くいます。

 

 

しかし、そうなってしまうと

仕入れ対象が極端に減ってしまいます。

 

 

たとえば、箱なしで非常に綺麗な状態の商品と、

箱がついているけれど、ダメージがある商品。

で比較するなら、状態の良い方が売りやすいですし、

 

 

箱の代わりになるようなオマケを考えれば

すぐに元をとれることなんてザラです。

なので、仕入れる場合はコンディション毎の相場で判断し、

必ずしも、箱なしがダメというわけではありません。

 

 

たとえ、バッテリーがなかったり、

極端な話し、壊れていても利益が出る場合は

仕入れるべきです。

 

 

実際に、ジャンクには、ジャンクの相場が存在しています。

 

継続して仕入れるには・・・

 

一度安く仕入れることができたアカウントは、

ヤフオクでも、メルカリでもフォローしておくと

また仕入れることができる場合もあります。

 

 

あとは、一度利益取れた商品で、あまり出品されない物は

ヤフオクのアラート登録をしておくのがオススメです!

 

 

いつでもあるような数量の多いものよりも、

ある程度レアな商品をアラート登録しておくことです。

 

 

フリマに関してはフリマウォッチなどもありますが、

私自身、こちらはあまり仕入れの成果はありません。

 

 

むしろ、フリマの場合は、リサーチの時間が

確保できた際に、実際に訪れて仕入れた方が

断然成果が良い感じです。

 

 

まとめ

 

中古カメラの仕入先として、考えた場合ですが、

これから先、フィルムカメラに関しては

もうほとんどが製造されていない。という事もあり、

この先ますます状態の良い商品がなくなっていくと思われます。

 

 

なので、もし状態の良いフィルムカメラが、

ヤフオクなどで出品されている場合は、必ず期間を広げて

リサーチするべきだと思います。

 

 

特に、海外では、日本にある中古カメラは状態が良い。

という常識になっているようですので、

輸出では、より高値で販売できる可能性もあるでしょう。

 

 

肝心な事は、商品に苦手意識を持たず、

あらゆる商品を仕入れるという心構えで行くと

仕入れに困る事もないし、思わぬ商品で、思わぬ利益を獲得することができます。

 

 

これはよくある失敗事例なのですが、

 

たまに、カメラ転売をやってみたい。

という、カメラを趣味にされている方がおられますが、

 

 

カメラが趣味の方が、カメラを販売すると

仕入れる商品が偏ってしまったりするのを見た事があります。

 

 

カメラの知識、カメラが好きだから、

必ずしもカメラの販売に向いているわけではないというわけです。

 

 

なので、極端に好みを出してしまうと、

仕入れられる商品が、限られてしまうので、

普段から、満遍なくリサーチし、販売経験を積む方が

より稼げるというわけです。

 

今回は、カメラ転売の仕入れ、リサーチについてでした。

 

 

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP