カメラ転売、出品時の画像掲載について。

こんにちは、神谷です。

 

カメラ転売はお試しができるのか?

 

お試し価格。無料お試し期間。

 

ネットのツールの申し込みや、

会員期間の無料お試しなどが多くありますが、

 

最初から元を取る気で申し込んでいたりするので、

あまりお試しという感覚はないと思いますし、

 

 

大抵、途中退会なら料金発生とかですよね。

 

 

アップルミュージックもアマゾンプライムも

そうではなかったかな?

 

しかし、ビジネスってお試しできないですよね?

カメラ転売なんか特にそうです。

 

「ちょっと試しに仕入れて売ってみます!」

っていう人いるんですけれど、

 

 

大抵、やめたほうがいいです。って止めます。

そういう場合にはオススメできる転売ではありません。

 

 

カメラ転売やっているとわかると思うんですが、

そうやって、試しに仕入れて、ポツンとカメラを販売しても

ほとんどうまく販売出来ないですし、

 

 

主な理由の一つには、

 

 

カメラやレンズが、比較的高額な事もあり、

買う側が、購入時にかなり慎重になる。ということが挙げられます。

 

 

なので、1、2品、高級カメラやレンズをヤフオクで出品しても

利益出るくらいの価格だと消費者側の食いつきがよくなく、

手応えがあまり感じられないと思います。

 

 

なので、その商品が転売に良いのか悪いのかもわからないです。

 

 

ただ、他にも商品を沢山販売していれば、

まだ反応は得られると思いますが、

基本的に、カメラや家電以外のジャンルと

混ぜて販売しようとすると、あまりよくない印象があります。

 

 

 

そういう販売をされている方もみられますが、

逆に、そういう出品者は、仕入先として好都合となってしまいます。

 

 

 

新品の製品だと、比較的問題はないのですが、

中古カメラとなると、専門性が求められる事が多いです。

 

 

買う側からすると、カメラやレンズの

コンディションの理解や、管理はできているのか、

そこが気になるところなのです。

 

 

 

販売するのも、まず信用される事が大事で、

何を売るにも信用がなければ、良いお客様も

見つけられません。

 

 

これはたとえ、ヤフオクであってもそうです。

 

まずはそれなりに準備が必要で、

スタートラインはそこからというわけです。

 

ネットだからと、ヤフオクなどでは

よく自分の権利ばかり主張している出品者も見かけますが、

 

 

そういう場合は、

転売業者にたかられて終わるのが関の山です。

 

 

確かに、お試しなんてできれば良いですけれどね〜。

なかなかそうはいきませんし、

 

 

やると決めたからには、とことんやらなければ、

全く成果も出ないですよね。

 

 

お試しで、稼げる事が体感できたら良いんですけれどね〜

ビジネスって甘くないわけです。

 

規模を、「商売」っていうレベルまで

持っていくには、

 

それ相当の規模の行動がいるわけなんですね。

稼いでる人の一部をお試しで体感できれば良いのですが、

 

 

実際のところ、

それを体感してもらうのは、非常に難しいわけです。

 

 

カメラ転売を始めた方の中にも、

取り組み方がいかにもショボショボで、

 

上手くいくかどうか試してるやろ!

という風に感じられる方がいるわけです。それは、マジでダメです!(笑)

 

 

良さがわからないままで終わります。

 

 

なので、私は、誰でも稼げるよ。
簡単に稼げるよ。

 

 

なんて安易に言わないようにしています。

カメラ転売!実は簡単に稼げません!(笑)

 

 

しかし、真剣に取り組めば、

飽和する事なく事業資産となります!

 

そもそもシンプル(差額を見つけて仕入れ、販売する)なので、

 

グレーな一時的に稼げる手法を用いないためです。

その意味では良いところです。

 

 

中古カメラ転売で稼ぐなら、まずヤフオクを押えろ!

 

 

アマゾンやメルカリでは難しいですが、

ヤフオクがカメラ転売にオススメな理由は、

 

 

数多いる出品者野中で、商品の差別化が容易にできる事です。

 

 

特にフォトアップなんていうツールを使って

画像をアップしたりだとかも、その一つです。

 

 

 

面倒臭くて、料金もかかるし、

大抵の出品者はやらないのですが、

 

 

デフォルトの画像以外にも、

この画像を掲載すれば、売れ方もかなり違うのです。

 

 

まず、商品画像に良いものを用意しなければ、

商品説明までも来てもらえません。

 

 

画像は最重要であるといっても過言ではありません!

 

 

でも、やらない方が多いです。

なので、これらを取り入れるだけでも

他の販売者との差別化が容易なのです。

 

 

高い価格で売っているセラーは、

大抵、ヤフオクのデフォルト以外にも商品画像を掲載している事が多いです。

 

 

 

これは、フォトアップに申し込みしなくても、

 

 

ヤフオク出品していれば、オークファンを使うと思うのですが、

そちらにも、画像掲載ツールがあります。

 

 

 

オークファンは、大抵、リサーチするために

プレミアム契約していると思うので、

画像アップに515円を追加で払う必要はありますが、

 

それを使えば少しは、経費を浮かせると思います。

オークファンはリサーチツールとして、使いますのでね。

 

 

この使い方については、

また機会があれば、紹介してみたいと思っています!

 

 

今の主流は、商品説明文を細かくするよりも

画像を多く掲載する事です。

その画像掲載もかなりのカスタマイズで差別化できるのが

ヤフオクが、カメラ転売に向いている理由の一つです。

 

本日はこの辺で・・・・

 

神谷でした。

 

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP