fbpx

意外と知らない、初心者のカメラ転売リサーチ、

こんにちは、神谷です。

 

カメラ転売でリサーチをする時に最初に利用するのが、

オークファンだと思うのですが、そのオークファンも慣れなければ

最初はなかなか思うように検索ができない。という事が起こります。

 

 

相場の捉え方を知る前に、検索しようとしたけれど

「上手く表示されない。」ということもよく相談事としてあります。

 

なのではじめに、検索で、出来るだけ多くの商品を拾い出せるようにした方が

良いと言うわけです。

 

 

簡単な事なのですが、私自身、最初はそこで時間がかかっていたように思います。

 

 

対象商品をリサーチする

 

ヤフオクの落札相場検索に、よく利用されているのが

オークファンだと思うのですが、実はこのオークファンで検索するにも

少しコツがあり、間違ったやり方をしていると、

上手く検索で拾われてこない場合があります。

 

具体的な例で解説していきます。

 

商品を漏らさず検索する方法

 

カメラやレンズのリサーチをする上で

煩わしく感じるのが、まずその商品名ではないでしょうか?

 

色々な数字やアルファベットが並んでおり、

それらを全て入れようとすると、とても面倒で時間もかかる事になります。

 

具体的にはこうです。

 

 

Nikon AF-S 24-70mm F2.8 G ED

 

このレンズをオークファンでリサーチしてみましょう。

 

まずはカメラのキタムラネット中古でこのレンズを見つけたとします。

 

 

カメラのキタムラネット中古で、記載されている商品名はこうなっています。
ニコン(Nikon)AF-S 24-70/2.8G ED
 

通常は、パソコンでリサーチする場合は、この文字をコピーし

オークファンの検索窓にペーストすると思うのですが、

このまま貼り付けてしまうと、

 

 

こうなります。

 

商品件数0件という結果になります。

 

このレンズは、大三元レンズという超定番レンズであり、

レア商品でもなんでもありません。

 

次に
ニコン(Nikon)AF-S 24-70
の部分、つまり焦点距離までをコピペし検索してみます。

するとどうでしょうか?

 

 

 

この時点で、14件が表示されました。

因みに検索しているのは、Gタイプのレンズですが、Eタイプという

新しいものも検索に上がってきています。

これは間違いのないように確認するようにします。

 

 

では次に、ニコンのカタカナ文字と、(Nikon)の部分の

()を外し Nikon AF-S 24-70 で検索してみます。

するとどうでしょうか?

 

 

今度は69件表示されました。

これによって、出来るだけ検索する文字は少なくし、

大きなくくりで検索した方が、より多くの商品が引っかかってくると言う事が

わかると思います。これはスマホの場合でも同じです。

 

 

最後に、AF-Sと24-70の間にある、ー。このハイフォンも外して

Nikon AF S 24 70として、スペースだけにして検索してみます。

するとどうなるでしょうか?

 

 

さらに増え、81件となっています。

ということで、検索する文字は、出来るだけシンプルにして

大きなくくりで検索した方が、より多くヒットするというわけです。

 

そして。()や、ーや、/ は入れない方がさらに検索はされやすいのです。

 

 

特に、ー は、マイナスとして認識される場合があり、

除外ワードと扱われるのです。

 

24-70 などの場合は、この名前が多く使用されているので

そのまま拾われますが、例えば、商品名の前につけて、ーEOSなどとすると

EOSとついた商品が表示されなくなります。

 

 

逆にこの機能を使い、余分な商品を除外することもできるというわけです。

 

 

「仕入れ対象が見つからない」という人の中には、

単純に検索方法が適切でないだけ。という方もいる。というわけです。

 

 

相場を理解する

 

オークファンで、商品をリサーチする際に、

もっとも重視しなければならないのが、販売相場検索だと思うのですが、

ヤフオクの落札相場は、高く売れているものから、

安く買われているものまで、幅広くて、実際はどの価格帯をみて仕入れれば良いのかを

初心者の場合、決めかねている方も多いと思います。

 

 

なので、単純にこう理解すれば、相場の判断がしやすくなります。

 

 

高く売れている価格帯=ヤフオクで販売できる相場

 

安く買われている価格帯=ヤフオクで仕入れ可能な相場

 

 

つまり、仕入れ対象を見つける場合、

ヤフオクでどのくらいで販売できるかを調べる場合には

最初に高い順から確認する。

 

ヤフオクで入札の金額の上限を決める場合は、安い順を確認する。

 

 

特に店頭などでリサーチをし、仕入れ対象を探す場合は、

高い順から似た方が効率が良いわけです。

 

 

そもそも、高い順で見たときに、

今自分が見ている商品と差額がある商品が、オークファンに出てこないなら

すぐに見切りをつける事ができるので、リサーチにかかる時間も早くなります。

 

 

同じ商品をリサーチするのに検索条件を変えて

何度も調べるよりも、そもそも高い順から見て差額がなければ

全く仕入れ対象にならないわけですので、

早々に見切りをつけてしまった方が良いというわけです。

 

 

 

オークファンで見られる相場の”ダマシ”とは

 

ここからは、私が実際に苦い思いをしたリサーチでの

失敗事例についてもお話ししたいと思います。

 

まず根本的に販売する相場というのはどういう価格の事を指すのでしょうか?

 

 

例えばAという商品があり、オークファンで相場検索したときに、

 

・20,000円で売れているものが5個

 

・15,000円で売れているものが1個

 

・25,000円で売れているものが1個

 

だとすると、相場は20,000円。ということになります。

なので、3つの価格の平均値などではないということです。

 

同じ商品の同じ様な状態のものが、一番多く売れている価格帯が

相場だということです。

 

 

私がリサーチする時は、上にも書いた様に、

落札価格の高い順からリサーチを始めるわけなのですが、

リサーチの速度を上げるのには非常に良いのですが、

 

これには場合によっては高く買ってしまう。

という高買いリスクもあります。

 

 

どういうことかというと、

オークファンで高い順からリサーチしていると、

中には、一つだけ飛び抜けて高い価格で売れている商品を見つける時があります。

そして、その商品を見たときに、売れる!と確信し、相場の上の方の価格であるにも

関わらず思わず仕入れてしまうという事があります。

 

 

そして、実際に販売しようとしても、なかなか売れない。

という場合です。

 

 

もしもその高値で売れた商品に前例がない場合であったり、

極めて少ない場合は、その価格で売れた事自体が、かなりレアなケースである

という場合があるのです。

 

 

高額で売れている物を見て思わずテンションが上がって飛びつくケースですが。

私も、それがなかなか売れずに困ったということも経験しています。

 

 

結局、早く売れるのは適切な相場の価格帯だということです。

 

 

同じコンディションのものがいくつ売れているのか?

ということも冷静になって確認しなければならない。

ということです。

 

 

 

そして必ずしも、実際に売れた商品ばかりが販売履歴に残るわけではありません。

こういう例もあります

オークファンの落とし穴

 

 

即決で売れたが、落札者から連絡がこなかった、イタズラ落札。

売れたがクレームで返品になった商品。

取引中止になった商品。

 

 

こういった商品も。オークファンの販売履歴に残ります。

 

 

そこまでは、流石にオークファンだけでは調べられません。

オークファンで一つだけ飛び抜けて高く売れている物は

注意して調べた方が良いということです。

 

 

ただ、商品自体が、滅多に買えないレアな物に関しては

これに当てはまりません。

 

 

 

 

まとめ

 

オークファンでリサーチを行う場合は、ほんのわずかな事に気を配るだけで、

リサーチの精度を上げる事が可能である場合も多いのです。

 

 

あるいは、ごく簡単な注意点に気がつかず、

仕入れ対象を見つけられずにいる場合もあります。

まずは簡単な基本の部分を理解して進める様にしなければ

せっかく利益が出そうな仕入れ対象を見逃してしまう場合もあるという事です。

 

 

初心者がカメラ転売でリサーチを行う場合の注意点は

・オークファンなどの使い方を理解する。

・相場の仕組みを理解する。

・ダマシ履歴ではないかどうか気をつける

などを頭に入れておき、差額=必ずしも売れるものではない。

ということも意識しておく様にすると良いでしょう。

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP