カメラ転売、リサイクルショップ仕入れのポイント、成果!

リサイクルショップは、普段高いと思っていても

突然値下げして売り切ったり、ジャンクコーナーにあるものが、

全くジャンクではなかったりなど、

上手くいけば通常では考えられない価格で仕入れが出来る事もあるようです。

 

今回は実際の事例を交えながら、リサイクルショップの仕入れについて

書いていきたいと思います。

 

リサイクルショップの特徴

 

先日、コンサル生の方と仕入れの同行をさせていただきました。

今回はリサイクルショップを中心に仕入れを行いました。

今回訪れた店舗では、中判カメラも多く置かれていましたが

利益取れそうな物はあまりありませんでした。

 

 

コンデジなども数点ありましたが、

いずれも薄利なものばかりです。

 

 

しかし、それでも、仕入れ対象は

何点か出てきました。

 

 

基本的に、今はオークファンを見ながら

店側も値段をつけている事が多いようです。

 

 

オークファンの最高価格とドンピシャな商品も

結構ありました。(笑)

 

 

こちらに関しては、かなり高めに設定している印象を受けました。

 

 

おそらくは店側が、

今は店舗の商品を充実させておきたい。

と考えている時は、割と高めで設定されているようです。

 

 

棚に商品がおききれなくなったりした場合には

値下げして、売っていく場合も有るようです。

 

 

私も、印象として思ったのが、

 

 

・リサイクルショップは仕入れられない。

・リサイクルショップはいっぱい仕入れ対象が見つかる。

 

 

人によって、両極端に別れてしまうという事です。

 

 

まず、目の高さのもっとも見やすい位置に置かれている商品は

大抵の場合、かなり高い値段で置かれている場合が多い事です。

 

 

このような商品を、最初にリサーチした場合に

「ここは高い」と思ってしまうのも一つのようです。

 

 

実際、仕入れ対象の商品がなかなかないので

私が、仕入れに同行した方も

リサイクルショップでは、仕入れ対象が見つからない。

と決めつけていた感があります。

 

意外な所に仕入れ対象が

 

リサイクルショップは何百円が何千円になったり、

何千円が1万いくらになるものなら、

案外、すぐに見つかります。

 

 

しかも。すぐ近所の、普段よく行くリサイクルショップなどで

結構簡単に見つかります。

 

 

ここではは、リサイクルショップで

仕入れをする際の狙い所も紹介します。

 

 

基本的に、リサイクルショップは

値段のつけ方が極端な場合が多いです。

高かったり、激安だったり。

 

 

人目によくつくショーケースに入っている商品は、

割高な場合が多いです。

 

 

そういうケースの中の商品ばかりリサーチしていると

途中でリサーチするのがいやになることもあります。

 

 

これが意外と、思わぬところに

置いてあったりします。

 

 

ジャンクの棚などもそうですが、

よく確認してみたら、

目立たない隅っこに置いてあったり、

 

 

利益出そうにない商品群の中に

一つだけ紛れていたりします。

 

 

意図してそうしてるわけではないのでしょうが、

なぜかそうなっています。

 

 

逆に考えれば、転売ヤー利益でる、出ない

などを考えて、商品を陳列しているわけでは

ないので、当たり前といえば、当たり前ですが。

 

 

意外と無造作に置かれていたりします。

 

 

私も、カメラ転売を初めてまもない頃は、

リサイクルショップって高い!って思っていました。

 

 

例えば、目につきやすい場所にある商品を一つだけリサーチ

してみると、相場より、はるかに高かったりします。

 

 

2、3個リサーチして、すっかりやる気を無くして帰る。

 

 

このパターンが多かったもので、リサイクルショップは

あまり好きになれませんでしたが、

 

 

しかし、落ち着いて探して見れば、あるわあるわ!

 

 

特に資金があまりないという場合は非常にオススメです!

 

 

「カメラ転売は仕入れが高い」という

イメージが一変すると思います。

 

 

普段から、カメラ転売は高額な商品を扱うに限る!

と言い放っているので、

180度違う話しになってしまっていますが、

 

こういうカメラ転売もあるということで。。。。。

 

 

オススメは、

・できるだけ商品数を多く扱っている店舗。

・都市部から離れた郊外にある店舗。

・地域密着型店舗。

 

この辺りです。

 

この仕入れは、

どうみても値打ちありそうに見えない商品でも

結構差額が見つかったりすることがあるので、

とりあえず、根気よくリサーチするのが大切です!

 

 

欠点は、これに慣れてしまうと、

カメラ店でのリサーチが苦手になることです。

 

 

この仕入ればかりしていて、急にカメラ専門店で

カメラやレンズばかりわんさか並んでいるのを

見れば、素量の多さにどっと疲れます。

 

 

確かに、店舗によって、少し値付けに差がある事も

事実のようですし、

 

 

店員さんの雰囲気にも多少違いがあります。

 

 

稼ぎたい、売り上げを挙げたいのは、店舗も同じだと思うので、

利益出る商品を探す事に関しても

ある程度は、根気のいる作業であるとは思います。

 

 

リサイクルショップ仕入れの際のコツ

 

 

オークファンを見ていても、

過去に販売された価格が、

高値から安値まで、かなり開きのある商品があります。

 

 

もちろん商品数が多ければ、こういう風に色々な価格帯で

取引されている商品があります。

 

 

しかし、商品数が少ない割に

相場がハッキリしない商品というのが

たまにありますが、

 

 

実は、こんな商品は狙い目ですし、

仕入れしやすかったりします。

 

 

店舗も値段つけるのに困っている場合が多いですし、

実際に置いている価格もバラバラです。

 

 

リサイクルショップの価格設定は同系列店でも、

店によって価格は様々です。

 

 

価格の付け方が、中古カメラ店などと違い、

かなり”テキトー”に感じられます。

 

 

つまり、激安の物もあれば、

相場よりはるかに高い価格で置かれているものも

あるという事です。

 

 

ハードオフオフハウス

ブックオフにもカメラがおいてます!

 

 

感じとしては、良品と判断できる物なら、

最初は高値で価格設定し、しばらくして売れなければ

価格を下げるというイメージでしょうか?

 

 

その辺りは、店舗ごとに店長のさじ加減で行なっているようです。

 

 

なので、ふらっと訪れた際に、

いきなり、安い商品に出くわす事があります。

 

 

下の画像の商品もふらっと訪れた際に

偶然仕入れる事ができました。

 

 

こちらに紹介している物は、ブックオフ

という店舗で仕入れた物です。

 

 

1円出品で出していたのですが、

即決落札されてしまいました!

 

 

相場よりかなり安く仕入れられた事もあり、

ほっといても売れるだろうと、出品する際の価格リサーチが

いい加減だったと思います。

 

 

本当なら、もう少し利益が出たと思います。

まだカメラ転売を初めて2ヶ月目だった事もあり

詰めが甘かった所ですね。

(※相場は変動していますのでご注意ください!)

 

 

こんな感じで、3万円以上の差額が取れる商品も

見つかる事もあります。

 

 

こんな商品もタイミングですので、

ぜひ頻繁に通った方が良いと思います!

 

 

コツとしては、

大抵目線の位置にドンと置かれているものは

利益取れる「差額」が見つかる事が少ないです。

 

 

一番下の、見にくいところや、ジャンク棚に

割と利益出やすいものが置かれています。

 

 

 

 

ジャンク品の攻略

 

ジャンクと書かれてはいても、ジャンクではない

商品も置かれています。

 

 

おそらくは、動作確認に手間のかかる商品だったり

少し汚れていた場合は、正常なものでも

ジャンクとして出されている事が多いです。

 

 

 

上の商品も、ハードオフのジャンクコーナーで見つけた物です。

ハードオフのジャンクコーナーは、実際にはジャンクでない物も

かなりあります。

 

このカメラも、動作が正常で、壊れた箇所などもなく

目立つキズ等も見られないものでした。

 

 

なぜこれがジャンクなのかというと・・・・

 

おそらく古いものなので、故障が出た場合に

対応ができないという事、

 

少し経年による汚れがあるという事・・・・

くらいしか考えられなのです。

 

要するに店側がクレームを避けたいのだと思います。

 

少し汚れているくらいで、拭けばかなりキレイになりました。

 

もちろん、汚れを落とせば、新品のようになるものもあれば、

修復不能にダメージがある物もあります。

 

 

カメラとレンズがセットになって販売されている場合、

カメラは綺麗で正常なのに、レンズが酷いなどと言う場合、

「このレンズが使えないので、カメラだけ欲しいのですが」

 

 

などと、交渉を持ちかけると、

半額以下に値引いてくれたりもします。

 

 

フィルムカメラに関しては特にそうですが、

リサイクルショップでも、利益取れる美味しい商品が

ジャンクで置かれている狙い目のものが多数あります。

 

 

こちらは、ジャンクと書かれているものでも

状態がよければ、売れるからです。

 

 

NikonのFシリーズや、PENTAXの67なんかは

すごく人気があります。

 

 

リサイクルショップでもたまに見かけますが、

状態の良いものになると、

かなり高値で置かれており、仕入れられる事が

少ない印象です。

 

 

なので、ジャンクコーナーが狙い目になります。

 

 

シャッターが切れるかきれないか?

スピードが変化しないかするかくらいの確認ができれば販売可能です。

 

 

ジャンクとして、安く販売されていれば仕入れ対象になります。

 

 

ただ、外観は綺麗でなければ

あまり高く売れませんし、たとえ動作品でも

ペンタ部に大きなキズが有るなどすれば仕入れない方が懸命です。

 

 

1眼レフのこの三角に盛り上がった

ペンタ部と言われるプリズムが入った部分に

傷やアタリが有るカメラは、避けられる傾向が強いです。

 

 

動作上では、私の経験上は、「シャッタースピード低速に粘りあり」

などの状態でも、利益取れた商品が多かったです。

 

 

この辺りの状態に関しては、カメラを実際に使われる方の方が

よくご存知のようです。

 

 

それに、そういうカメラを直して使えるようにする事を

楽しむ方もおられます。

 

 

中古車のレストアに似ています。

 

 

そしてたとえ、本当にジャンクであったとしても、

ヤフオクなどの相場で、差額が見つかれば仕入れるのもありです!

 

なぜかというと、

 

ジャンクにはジャンクの相場が存在するからです!

 

 

単純にジャンクで仕入れてジャンクで販売し、

儲かるようであれば仕入れてしまえば良いわけです。

 

 

 

オススメの店舗は?

 

私がよく行くのは、

・ハードオフ

・ブックオフ

・セカンドストリート

・良品会館

・トレジャーハンター

などです!

 

上記に挙げた店舗以外でも、地元にしかないような

ローカル店舗があれば、必ずいくべきです!

 

これは自分の行動範囲で決めているだけで、

ここがイチオシ!というわけではありません!

 

 

あくまでも行動範囲内で、店舗を選んでいるにすぎません。

たとえば、同じハードオフでも、地域、店舗によって

かなり違いがあるので、一概にここが1番!だとは言えません。

 

 

これは自分なりに、近所の店舗をチョイスし、

仕入れられたかどうかの実績で、

ランク付けしていくと良いと思います!

 

 

 

それによって、訪れる頻度を変えて行きます。

自分なりの店舗表を作成してください!

 

 

リサイクルショップに仕入れに行く際は、

あらかじめ、めぼしい店舗をいくつかリストアップし、

ルートマップを作成して、回ってみると面白いです。

 

 

最初はリサーチに手間がかかりますが、

一度回れば、ある程度店にある商品を把握できるので、

リサーチする速度もアップします。

 

 

新しく入って来た商品をリサーチすれば良いからです。

 

 

それに、店舗に在庫が溢れて来た場合は、

価格を下げて、売ろうとする場合があるので、

その時に出くわせば、安く仕入れられる事もあります。

 

 

1店舗づつがっつりリサーチするとなると、

かなり時間もかかるので、

最初にある程度仕入れられた店舗を絞って、ふるいにかけ、

次回はその店舗を何店舗か回って、商品を把握できるように

しておけば、仕入れが早くなると思います。

 

 

あまり時間をかけすぎると大変になるので、

できれば、あっさりとこなせるようにしておいた方が良いと思います。

 

 

【仰天!】リサイクルショップでの、レアな仕入れの話し

 

 

ここからはすこし、ブラックなお話しになります!

 

 

リサイクルショップは大抵、恐ろしいほど安く買い叩いている場合が

多いので、店側はかなり安めに販売しても利益でると思います!

 

 

 

一度、カメラを査定に来ている人がいましたが、

何万円もするようなカメラでも、

何百円の価格を提示していましてから!

しかも、何の検品もせずに言うわけです。

 

 

もうお分かりですよね?

 

 

リサイクルショップにカメラを買取に出してはいけない!?

 

 

そこではなくて。。。。

 

 

買取りに持って来て、安すぎる価格を聞いて、

しぶしぶ諦めて帰っていくお客さんがいれば

是非声をかけてみれば良いと思います。

 

 

これはあからさまにやってしまうと、

営業妨害になってしまいますので、

あくまでも、お店の外で行う事が重要です。

 

 

どうせ、買えなくてもダメ元なので、

もしも、売ってもらえればラッキー!

くらいの感覚でやってみると良いでしょう!

 

 

そして、私の知り合いで、

実際にこれを行ったツワモノがいます!

 

 

もちろん、お店の外で名刺を渡し、

後日連絡を取り合って、現金で取引きしたという事ですので、

ノートラブルです。

 

 

ただそれを行う際は、古物商の許可は取っておかなければなりません。

 

 

こうなると、かなりの利益が見込めます。

しかし、くれぐれも、営業妨害にならないように・・・

 

 

確かに、釣り道具でも、楽器でも電化製品でも

そうですが、とにかく買取に出すのは損です!

 

 

できれば、家にあるものは、ヤフオクやメルカリで

不用品として販売してしまうのが良いです!

 

 

仕入れたものではないので、いつかは売れるか。

くらいに考えて気長においておけば、利益になる事もあります。

なので、これを読まれている方はリサイクルショップに

買取には出さないでください(笑)

 

まとめ

 

意外とレアな商品も、リサイクルショップには

置かれているので、見逃さずにチェックしたいところです。

 

 

中判カメラや、マニアックなプロ用の物も置かれていたりします。

 

それもジャンクコーナーに格安で、です。

 

 

確かに、仕入れる方も勇気はいりますが、

リサイクルショップの販売方法を把握しておけば

かなり稼ぐことができます。

 

 

元々安く買い叩いている物がほとんどなので、

買い手がなかなかつかなかったり、

予想以上に、店舗に在庫が増えた場合は、

 

 

格安で、見切り販売する場合もよくあるということです。

 

それぞれの店舗の特性や、

店長さんとのコミュニケーションで、

情報をフル活用しましょう!

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP