カメラ転売、仕入れは〇〇商品を扱うに限る!!

こんにちは、神谷です。

 

アマゾンで、新品の家電などの販売をしていると、

在庫の具合や季節の需要の急増などで、

突然プレ値になったりします。

 

 

しかし、逆に突然値崩れが始まったりもします。

結構難しいんですよね。他のせどりって。

 

 

仕入れ、リサーチ対象も無数にありますし。

 

 

それに比べれば、

 

中古カメラの場合は、商戦に突入すれば、

売れ行きは変わりますが、

それ程極端な季節的な値上がりや

値崩れはない印象です。

 

 

ただ、季節によってよく売れる商品

売れない商品はありますが。

 

 

 

カメラを仕入れられる様になるためには、

個数販売をこなさなければならない事、

 

 

たくさん販売してみる事が

とても重要だという話を、前回しました。

そのためには、販売経験をカメラ転売始めた初月に行うという

ことが非常に大事であるということです。

 

 

利益がトントンの商品でも、とにかく仕入れて

販売して行く事。

 

 

実際に相場感というのは、自分が販売した価格が

一番信用できるというわけです。

 

 

販売した経験がなければ、

カメラやレンズの相場感が掴みづらく

なかなか仕入れられる様にならないのです。

 

 

なにせ、ヤフオクの落札相場を検索してみても

様々な価格で販売されているわけです。

 

 

なので、実際初心者の頃は、

こんな安い価格でしか売れなかったらどうしよう。

と思ってしまい、なかなか仕入れられないんです。

 

 

しかし、一旦販売することを経験し、

カメラやレンズが高く売れるという事を

体感してしまうと、

 

 

躊躇なく仕入れることができる様になるし

マイ落札相場を持つことができる様になります。

 

 

パズルピースが埋まって行く様に

どんどん仕入れることができる様になります。

 

 

そして、その後はカメラ転売の醍醐味。

いよいよ高額品の仕入れをして行くわけですが、

 

 

最初の頃、仕入れ金額を聞いてきて、

「今日は25万」と答えると、

「え〜っ!」なんて驚いていた方も

 

 

今では、1日に5、60万仕入れる日もあるそうです。

 

 

しかし、最初からいきなりそんな仕入れは

おっかなびっくりの筈ですから、なかなかできないのは

当然なのですが、

 

 

これができる様になってくると

カメラ転売はすごく楽になってくるんです。

 

 

 

何しろ、薄利多売から抜け出せる様に

なってくるんですから。

 

 

高額な商品が売れるという事を

まずは体感しなければなりません。

 

 

実際にカメラ転売をしていると、

例えば、2千円くらいの物が1万円以上で売れたり、

何百円のものが、何千円になったりということが

ちょくちょくあるので、

 

 

こんな物を仕入れていた方が、稼げるのでは?

と思うこともあるのですが、それは間違いです。

 

 

例えば、そういう商品が、無数にどこにでも

あるならば良いのですが、

少々レアなケースの場合がほとんどですし

 

 

それくらいの利益のもので、商売を成り立たせるとなると

とんでもない大量仕入れをしなければならなくなります。

 

 

それよりも、5万以上の商品で3万以上の利益を出す

という方が、簡単だし、楽な訳です。

 

 

慣れてくれば、どんどん高額な商品を

仕入れて販売する様になってきますし、

 

 

そんな高額なものであるにも関わらず

サイズがそれほど大きくないというのも

カメラ転売の魅力なわけなんです。

 

 

毎日仕入れをしていれば、

そんな商品と結構出会える様にななりますし、

実際に、必ず誰でも2、3ヶ月目には

3万以上の利益のカメラ、レンズが見つかる様になります。

 

しかも、こんな商品がわずか3日間、時には1日で販売できて

すぐに現金に変わるところが、

カメラ転売の素晴らしいところなわけなんです。

 

 

やはり、高単価な商品を販売しなければ、

カメラ転売は面白くないし

魅力がわからないと思います。

 

 

これが一般的なせどりと違うところです。

 

 

確かに仕入れなければ、販売できないので

そこにリスクを感じて、なかなか高額品に

手を出せない方もいるのですが、

 

 

このマインドブロックを外すことが重要なんです。

 

 

しかし、これができる様になれば、

カメラ転売の作業はかなり楽になっていきます。

 

 

 

確かに、高額な商品で、高額な利益を出す。

となると、良いこと尽くめではありませんよね?

 

 

それだけ、在庫になるリスクも出てくるわけですから。

 

 

しかし、例えば、日本ではそれほど需要がない

古いフィルム製品を海外向けに販売するの出ではなく、

日本国内で、人気のあるカメラやレンズを販売するので、

それほど在庫リスクは感じません。

 

 

海外では、自国で買う事のできない、

メイド・イン・ジャパンの古いカメラやレンズが

人気の様なんです。

 

 

今や、カメラといえば日本製が世界でもほとんどの

シェアを占めています。

 

 

あのNASAも、1970年代から

宇宙でNikonのカメラを使っていますし、

 

 

今はなき有名な冒険家の植村直己さんも

Nikonに、壊れないカメラを作らせていました。

 

 

これは植村スペシャルとして存在します。

 

 

それに海外では、日本人が所有していたカメラ

というだけで、値打ちが変わるそうです。

 

 

それだけ、日本人は丁寧に物を扱うという印象が

ある様です。

 

 

しかし、ただ売れるスピードは、国内の人気商品を

販売する場合に比べればかなり劣ります。

 

 

 

利益は天井知らずで販売できる事もある様ですが。

 

 

 

例えば、海外向けだと何ヶ月もかけて10万以上の

利益が出た!なんていう商品もあるのですが、

 

 

国内ですと、よっぽど失敗しない限り

ほぼ1月以内で販売することが可能です。

 

 

ただ、それなりにリサーチ力や、販売経験もいりますが、

売れる商品の傾向を掴んでしまえば、

それほど難しい事でもありません。

 

 

 

ツールを使って行う転売などと違い、

やり方を覚えてしまえば、

稼ぎ続ける事ができるわけなんです。

 

ツールは誰でも稼げて一見便利に思えますが、

バージョンアップをしなければ、

変化にも対応できませんし、

 

 

結局は、ツールに依存する事になるので

自らは、何も稼げる様になっていないと

いう事なのです。

 

 

 

しかし、カメラ転売になれてしまえば、

別に他の転売もできるわけですし、

やってはいけないという法はありません。

 

 

いろんなプラットフォームの特性を生かして、

様々な物を販売すれば良いのです。

 

 

けれども、結局のところ

私なんかも、カメラ転売に帰ってきますね。

 

 

まず、なれているという事もあるとは思いますが、

楽なんですよね。

 

 

値崩れしたり、販売禁止になるなんて事が

まずありません。

 

 

法律でカメラの販売を禁止にするとかがない限り

ずっと販売し続けられます。

 

 

中古カメラ店にいけばいつでも仕入れができますし、

ネットでも、ヤフオクやメルカリなどで

仕入れができてしまいます。

 

さて、次回はカメラを仕入れて

高額な商品を販売するという事に

なれてしまえば、

 

その次は、何をするのかをお話ししたいと思います!

 

 

それでは、次回の配信をお楽しみに!

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

 

 

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP