カメラ転売、新品は買うな!!

こんにちは、神谷です。

 

昨日の朝、突然携帯がなりました。

見知らぬ番号からです。

そして、電話に出てみました。

 

 

電話口には、やはり聞いたことがない

年配の男性の声がしました。

 

「もしもし、神谷さんですか?

私先ほどレンズを落札させていただいた、〇〇と申します!」

「レンズの方新品とのことでしたので

落札させていただきました。

よろしくお願いいたします!」

 

 

これは、非常に珍しいケースです。

 

大抵、ヤフオクなら、

取引きメッセージ欄にメッセージが来るのです。

 

 

電話も来ることはあるのですが、

商品が届いた後に、

品物に、思わぬ不具合があったりした時などの

クレームや、問い合わせの場合がほとんどです。

 

これも、メッセージでのやりとりが大半です。

 

 

 

ヤフオクは、お礼のメッセージを

取引き欄からいただく事もよくあるのです。

 

 

これは、販売者としては、非常に嬉しいものです!

かなり励みになるし、

お客さんを大切にしなければな、と思います。

 

 

しかし、落札した事を連絡していただくのは、

かなりレアなケースです。

 

 

これが初めてかもしれない。

 

 

「もしご不要の品があれば、買わせていただきます!」

といった内容の手紙を、

発送時には、必ず入れるようにしていますが、

 

 

これに対して、それほど頻繁ではないですが、

たまにアクションがある場合もあります。

 

 

これには、突然買取り依頼の電話をいただく事が

あります。

 

特にこれはヤフオクでよくある事例でして、他の

プラットフォームではあまりないと思います。

 

 

アマゾンでも電話がかかってきた事がありますが、

在庫の問い合わせや、発送日の確認がほとんどです。

 

 

ヤフオクのような商談に発展するような

やりとりではありません。

 

 

今回、落札した事をお知らせいただいた方ですが、

今日、商品が届いたというご連絡もいただきました!

 

 

そして、

 

こんなレンズを新品で販売しているのが珍しいので、

 

 

ぜひ、探して欲しいレンズがあるとの事。

 

「直接口座に振り込みますのでよろしくお願い

します!」と依頼されました。

 

カメラを好きな方というのは

本当に情熱がすごいですよ。

 

ずっと商品を探しておられます!

 

 

もちろん、欲しいから、はい探します!

といって、必ず見つかるかどうかというのが

わからないのが中古です。

 

 

だからこそ、高値で買われる方がいるわけですが。

 

 

ネットのオークション販売がメインでも、

こんな直接の取引きに発展する事も

珍しくありません。

 

 

実は、こんな場合が

一番レアな商品が仕入れられるんですが、

こんな顧客をたくさん持っていれば、かなり

それだけで稼げてしまいます。

 

 

利益率も50〜80%の事が普通ですから、

できれば、こんなやりとりは積極的に

やった方がいいですよね。

 

 

ビジネスの幅も広がってきます。

 

 

最近は転売自体、

かなりイメージが悪くなって来ているのか、

アマゾンも出品規制が厳しくなって来ていますね。

 

特に、メーカーからのクレームが非常に多いからです。

 

資金が少ない初心者の転売屋が、かなりの頻度で

商品の損切り投げ売りを、アマゾンという巨大な

プラットフォームでやるのですから、

 

 

市場全体が値崩れしてしまう事もあります。

 

なのでメーカーが嫌うわけなのです。

 

 

メーカーとしては、正規の仕入れ先から

仕入れた商品以外を販売する業者は、

販売させたくないはずですから、

 

 

この先、アマゾンから転売をするのは

難しくなってくるかもしれませんね。

 

 

カメラ転売をしていると、

これに関しては、全く不自由を感じませんが、

 

 

 

他の商品をアマゾンで転売しようとすると、

まずは規制がかかっていないかどうかのチェックから

始めなければならないですからね。

 

 

 

しかし、冒頭で話したような、直接取引の場合も

そうですが、カメラの転売を規制することは

不可能だと思いますので、

 

 

これは、つまり他の転売のように、常に規制に対する対応や、

グレーな手法を考える事に時間をさく必要が

ないという事なので、カメラ転売は仕入れリサーチに集中できます。

 

 

今では、ある意味他の転売に比べて、

難易度がかなり低いと見ています。

 

 

しかし、無在庫など、他の転売をしていた方は、

カメラ転売を始めるというと、

かなり、難しいと感じるらしいです。

 

 

 

その原因の一つは、

 

 

カメラ、レンズのヤフオクの相場の捉え方の

難しさです。

 

とにかく、オークション販売なものですから、

色々なパターンで売れた商品が出ているので。

 

 

慣れないと相場が本当に掴みにくいんですよね。

 

 

しかし、そんな中でも、ちゃんと売れる相場が

存在しているので、それをオークファンで

見極められるようにならなければならないんですが、

 

 

実際は、販売してみなければ、

なかなかその感覚はつかめません。

 

 

 

出品者が多い場合も売れにくかったりします。

 

 

それにヤフオクの場合は、同じ商品を一度に複数出すと

かなり売れにくいです。

 

 

なので複数あっても

 

 

1つずつ販売したりしています。

 

 

カメラ転売に慣れていないときには

アマゾンさながら、新品のカメラを多数仕入れて

値崩れして失敗するケースも結構あります。

 

 

ヤフオクはあんまり、

新品の販売に向いていないというのもありますが、

 

新製品の販売時期が近いなどから、

メーカーが突然、在庫を大量に放出したりする

場合もあります。

 

 

私も初心者の頃に、失敗したことがあります。

 

 

カメラ転売初心者の頃って、

新品の方が、販売しやすいんではないかと

勘違いしてしまうことがよくあって

 

 

これでなかなか利益出なかったりするんです。

 

 

しかし、価格差が見つかるのって

中古の商品なんですよ。

 

 

なので、次第に、ややこしい古いカメラの

型番の違いや、製造時期の違いを

覚えるようになっていくんです。

 

 

今回はこの辺で・・・・・

 

神谷でした

 

 

 

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP