カメラ転売、パクる理由とは?

こんにちは、神谷です。

 

子供は一輪車や竹馬もあっという間に

乗りこなします。

大人が始めると、これがなかなか乗りこなせません。

 

 

大人は一旦「乗れない」という固定観念が根付くと

なかなか払拭できないのですが、

 

 

子供はなぜか、あっという間に乗りこなしてしまいます!

 

 

子供ってなんでも吸収して、

覚えるのが、めちゃめちゃ早いですよね?

 

 

これはなぜなんでしょうかね?

 

 

実は、遊んでいるからなんですよね。

子供にとっては、全てが遊びなわけなんです。

楽しみながら学習しているんですよね。

 

 

大人は何かを学ぼうとする時には、

勉強をしてしまうんです。

なので、苦行のようになってしまい、

覚える事が、なかなかできなくなるようです。

 

 

楽しみながら取り組む事ができれば、

なんでも身につくのが早いわけです。

 

 

ポジティブに、楽しみながら

取り組んでいる方がいれば、それはものすごく

うまく行くんですが、逆にいやいや仕方なしにやっていると

 

 

ますますしんどくなって、なかなか身につきません。

 

 

カメラ転売でもこれは、はっきりしています。

 

 

楽しくこだわりながら取り組んでいる人は

画像の撮影もうまいし、上達するのが早いです。

 

 

何よりも、パクる、真似るのがうまいわけなのです。

 

いやいややっている人は、なぜか出品や画像が

自分流でいい加減にやっています。

 

 

「いいと思う」という感覚だけで

取り組んでみてもはっきり言って、

何一つうまく行った試しがありません。

 

 

カメラの物販も基本的に最初にやることは、

うまく行っている人、成功者の真似です。

 

 

真似る事が一番の近道ですし、

自分流をしても失敗するだけです。

 

 

画像や、タイトルを自己流にアレンジしても

面白いほど売れないのです。

 

 

カメラを少し販売してみたい!

と、思って、ちょっとだけ仕入れて試しに出品してみても、

大抵ものの見事にスベります!

 

 

物販やビジネスは、

成功事例に従うのが一番良いわけです。

 

 

この辺りもリサーチが重要なのです。

 

 

どんな出品者がどんな商品を出品、販売して、

どんな画像を掲載し、どんなタイトルをつけているか。

 

 

 

全てリサーチしなければならないわけなんです。

 

 

 

幸い、カメラ物販は、

音楽や芸術関係と違い、パクリまくっても大丈夫なので、

これはもうリサーチしてパクリまくるのが正解なのです。

 

 

実際このほうが簡単だし、早くうまく行くわけです!

 

 

販売している商品の傾向をつかむ事で

その商品ラインナップも真似る事ができるわけなんです!

 

 

案外仕入れ対象は見つかりますし、

仕入れ対象の商品は、以外にもヤフオクや、メルカリ、ラクマで

簡単に探す事が可能です!

 

 

ただ、ヤフオクやメルカリで仕入れ、出品をしていると、

相場感覚のズレが起きる事があります。

 

 

実際の市場の価格がいくらかも見てみた方が良いのです。

 

 

 

カメラに関しては、カメラのキタムラや、

店舗がだいたいの市場相場ですので、

一度確認しておいた方が良いです。

 

価格.COMなんかも確認します。

 

 

商品を出品した時、実際にいくらで販売

されているのかを確認した方がいいです。

 

とにかく、初心者はパクリまくってください

ビジネスは、俺はこうする。やりたいようにやる。

が通用しません!

 

こだわり、わだかまりを捨てて、流れに逆らわない事も重要です。

それからの、ニッチや差別化ですから。

 

今回は、ここまで!

 

 

神谷でした!

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP