カメラ転売は、本当に稼げるビジネスなのか?

こんにちは、神谷です。

 

今回は、カメラ転売は稼げるのか?

そして、稼ぐために必要な事とは何か?

こういった事を、実際の取り組みから考えていきます。

目次

 

1、カメラ転売は稼げない?

2、カメラ転売で稼ぐための3ステップとは?

2−1、カメラ転売初月の取り組み。

2−2、カメラ転売2ヶ月目の取り組み。

2−3、カメラ転売3ヶ月目の取り組み。

3、なぜこのステップが必要なのか?

3−1、リサーチで探せるようになる為に販売経験をつける。

3−2、稼ぐために必要なのは、数なのか単価なのか?

3−3、仕入れを1日の収入の目安にして行く。

4、まとめ


1、カメラ転売は稼げない?

カメラ転売でもっとも重要なのは、

最初のスタートだと言われています。

 

例えば、実際にカメラの転売で稼いでいる人がいて、

その人がいう、稼げたカメラやレンズを

試しに仕入れてみます。

 

 

そして、それを実際販売してみた所、

全く売れない、言っていたような価格では

販売できなかった。

 

 

「騙された!」

 

 

実は、これは、あるあるなのです。

 

 

もちろん、うまく行く場合もありますが、

大抵は、あまり良い感触を得られずに

終わるのではないでしょうか?

 

それは何故なのでしょう?

 

何故そう言った事が起こってしまうのでしょうか?

 

 

ほとんど同じコンデション、価格の商品、

しかし、販売する人によって売れる、売れないが、

起こってしまいます。

 

 

実は、カメラと言う商品の特性に関係があります。

 

カメラや、レンズは精密機械と言うこともあり、

気に入った物を購入できたとしても

万が一不具合があれば、自分で部品などを取り寄せて

修理して使ってお気に入りにして行くっていう事が難しいのです。

 

 

 

例えば、バイクや車を買ってきて、部品などを揃えて

時間をかけてカスタマイズして行く、レストアといわれる楽しみ方が

ありますが、カメラにおいては、

これがかなり精密で専門性の高い分野であることから、

 

 

そう言った楽しみ方がなかなか難しいと言うこともあります。

一部古いフィルムカメラにはそう言う楽しみも

あるとは聞きますが、やはり細かい部分になると非常に難しいのです。

 

 

なので、買う側は、大金をはたいて買ったとしても、

壊れていて修理もできない!!

というリスクを見込んで購入に踏み切るわけです。

 

 

一説には、カメラを設計、製造できる事こそ、

先進技術国の証し、とも言われるほどです。

 

 

現代において、性能の良い、最先端のカメラを

1から設計、販売できるのは、1部の国とメーカーだけなのです。

 

 

そんな精密機械を中古で販売するわけですから、

買ってもらうためには信用が不可欠と言うわけです!

 

 

雑誌や服、日用雑貨を販売しながら、

ポツンと高級カメラやレンズが販売されていても

購入する側には、かなり勇気がいることになるのです。

 

2、カメラ転売で稼ぐための3ステップとは?

2−1、カメラ転売初月の取り組み。

 

と言うわけで、カメラ転売を行うには、

まず最初に信用を構築してから、販売する必要があるのです。

 

 

具体的には、ヤフオクの場合だとまとまった評価が必要です。

 

 

評価が全く0の段階では、なかなか売りたい人に

カメラやレンズを販売する事ができないと言う事です。

 

ただし、カメラやレンズを安く仕入れようとする

いわゆるバイヤーは入札してきます。

 

 

1、2品販売しようとしてもなかなか利益取れる価格で

販売できないと言う事はお分かりいただけたでしょうか?

 

 

そして、これをビジネスとして継続して行くためには

たとえ副業であったとしても、これだけは

最低限おこなわなければならない基準の量があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

これをこなさなければ、次のステップに進めないと

思っておいたほうが良いでしょう?

 

 

初月にこの数を満たしていなければ、

おきまりの、仕入れ対象が見つからない!

という現象に陥ってしまいす!

 

2−2、カメラ転売2ヶ月目の取り組み。

カメラ転売で数をこなせるようになって

次にしなければならないことといえばこちらです!

 

 

 

商品の単価をあげる事です!

商品一品の単価をあげるためには、

最初かなりのマインドブロックがあり、

 

 

転売を初めて最初の段階では、高額で、しかも利益が取れると言う商品に

なかなか目が行っていないのです。

 

 

まずマインドブロックを取り払い、

高価なカメラが売れて行くと言うことを、体感しなければなりません。

 

2−3、カメラ転売3ヶ月目の取り組み。

 

ここまで来ると、どういった商品が、

どれくらいアクセスが集まり、

 

どれくらいの期間で売れて行くのか?が

わかるようになってきます。

 

 

なので、仕入れた商品で、おおよその利益を

想定できるようになるのです。

 

それを目安に仕入れをしていきます!

 

 

 

3、なぜこのステップが必要なのか?

 

カメラ転売でなかなか稼げないと言う方は、

ほぼほぼこのステップをこなせていない事が多いです!

 

 

最初の1段階目もクリアできずに止まっている方がほとんどです!

 

 

ではなぜこのステップが必要なのでしょうか?

順に見ていきましょう。

 

3−1、リサーチで探せるようになる為に販売経験をつける。

 

 

人間の脳は、探していない物は見つけられない。

という特性があると言われています。

 

 

例えば、赤い色の物を探して。と言われれば

赤いものばかりしか視界に入らず、

あとで、黄色い物があったかと聞かれても、

 

 

赤いものしか思い出せません。

しかし、もう一度黄色を探すとそこには

黄色いものがいくつもあるわけです。

 

 

これが、実際にリサーチをしていても起こるのです。

同じ場所でリサーチをしていても、販売経験が多い人が見つける物を

販売経験の少ない人は見つけられません。

 

 

それは、人間の脳がそういう風にできているからなのです!

 

なので、販売経験、成功体験が多ければ多い程

リサーチで見つけられる物が増えて行くわけです!

 

それに、たとえ利益が出なかったとしても、

一度でも販売経験がある商品ならば、

自分の頭の中に、販売履歴として残るわけです!

 

 

なので、それを元に、次は利益でる価格で

仕入れれば良いわけなのです。

つまり、それが自分リストというわけです!

 

3−2、稼ぐために必要なのは、数なのか単価なのか?

 

カメラ転売を始めて間も無くの頃は、

5,000円くらいで仕入れたものが、

8,000円や9,000円、時には1万円を超えることもあります。

 

 

それはそれで良いですし、

利益率だけで考えるとかなりのものです。

 

 

しかし、稼ぐためには、1品で、3万、4万の利益、

時には二桁の利益がある方が圧倒的に楽なのです。

 

 

そういった商品はどんな商品でしょうか?

 

 

そんな商品は、1万円以下の商品ではまず出てきません。

ないとはいえませんが、万が一あったとしても

それはかなりレアなケースなのです。

 

 

なので、早く、大きく稼ぐには、

単価が高い方が圧倒的に有利な訳です。

 

 

本来なら、車や不動産を販売した方が

より大きな利益が見込めます。

 

しかしここまで来ると、資格などの条件があり

素人がすぐに始めるには、かなりハードルが高いです。

 

 

なので、カメラが最適な商材なのです。

 

 

高価で、ニーズも高く、おまけにコンパクトですから

非常に魅力的なわけです。

 

 

ただ、仕入れには、常に在庫リスクが伴うのが

怖いところで、なかなか仕入れに踏み切れない方も多いのですが、

 

 

私の経験上の話しをしますと、

実は、本格的なカメラやレンズの方が、

圧倒的にアクセスも上がりますし、入札も多いです。

 

 

なので、極端に高額で販売しようとしない限り

売れるのは、他の低額な不人気商品よりも断然早く、

 

 

しかも、そのアクセスのおかげか、他の商品まで

よく売れたりします。

 

 

いつまでも単価に拘らないでいると

あまりカメラ転売の良さが体感できずにいる。

と言っても言い過ぎではないと思います。

 

 

カメラ転売の魅力=単価が良い事。

これは覚えておいてください!

 

3−3、仕入れを1日の収入の目安にして行く。

 

販売経験、成功体験、単価の高い物での利益。

 

 

これらをこなせるようになると、

仕入れた時点で、だいたい売れる期間と利益の目安が

わかるようになってきます。

 

 

こうなってくると、

自分が1日に仕入れた商品で、

その日の利益の概算ができるようになるのです。

 

 

仕入れしている段階で、現在の概算利益が

イメージできると思います。

 

 

なので、それを目安に、1日の行動量を決め、

具体的な商品数を確保して行くわけです。

 

 

もし、思ったような利益になるだけの

数がこなせないのであれば、

 

 

販売経験、履歴から、リストを作成して外注しても良いでしょう。

 

 

ここまでくれば、月の途中であっても

行動量を元に、その月の利益が判断できてしまうと言うわけです。

 

それを元に、自分の行動に落とし込んでいきます。

 

4、まとめ

 

カメラ転売で稼ぐには、実はちょっと専門的で

ある意味職人的な部分がある。

と言うのがお分かりいただけたでしょうか?

 

これを理解せずに、カメラ転売を始めると、

あまりにも成果が出なくて、

カメラ転売は稼げないもの。と思ってしまうでしょう。

 

 

実際は、確実にステップを踏むことによって、

商売としてのレベルまで押し上げて行くというわけです!

 

 

カメラ転売もジャンルによって、人それぞれ

得意な商品が違いますが、稼いでいる方は必ずこのステップは

踏襲してきているはずです。

 

 

 

これは、これまでもこれからも、ほぼ不変だと思います。

 

 

今回はこんなお話しでした!


ネットビジネスランキング

 

 

 

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP