fbpx

稼げない理由!それは断捨離ができない事!

こんにちは、神谷です。

もしも、新しいことができなかったり、環境をなかなか変えられないなどの悩みがあるときは、思い切って断捨離することがとても大事だと思います。不要な物に囲まれて、それが障害となって、置き場を確保できなかったり、昔の思い出の置き場を優先するあまり、それを守ろうとするが故に、先に進めなくなっていたり、新しいチャレンジを躊躇していることもよくあるからです。

 

過去を引きずってしまう理由とは?

 

最近、都内によく行くようになり東京の食事にも、馴染んで参りました。昔は、関西の味付けしか認めないというのが自分の中であったのですが、最近は、東京の蕎麦や、ラーメンがお気に入りになってきました!10代の時に、東京に一人で初めて行った事があるのですが、その時に東京駅で食べたうどんと牛めしの味があまりに衝撃的な物だったので忘れられません。関西の味しか知らない、当時の私にしてみれば「これって失敗したんちゃうん?」って思うほど、いつも食べているうどんと味が全く違ったわけなのです。

 

しかし、ここ最近、関東と関西の味に、昔ほど差がなくなってきた気がします。かつての、真っ黒な出汁の関東風うどんはあまり見かけなくなったような。。。。こうなると、逆に、あの黒い出汁の関東風うどん久しぶりに食べたくなりますね。人間って、天邪鬼なもので、「もうありません」って言われると欲しくなるわけでして、まあ、関東風が実際にはなくなったわけではなくて、たまたま最近、自分が出会っていないだけなのですが、急に味わいたくなるんですよね。

 

カメラやレンズに限らず、その他の色々な商品でも、販売終了なんて言われると急に、欲しくなる人がいて価格が急上昇してしまうのもありますよね。これはね、人間にも言えますよ。もう散々いやな思いした会社をやめようとして、「いついつまででやめます!」と宣言した瞬間に、なぜか居心地がよくなってきて、その仕事、職場が楽しく思えたり、あまり話さなかった人が、急に別れを惜しんで話しかけてきたりとかです。そのままやめなかっとしても、結局は同じことを繰り返すだけなのですが。そういう突発的な感情に流されそうになることも、しばしばあるわけです。

 

 

 

なかず飛ばずのバンドが解散ライブだけは、やたらと盛り上がる。なんていうのもありますよね?

 

急に、もう無い。おしまい。なんて思った時になぜか、「もう一目だけでも!」、「見納めしたい」になるんですよ。会おうと思えばいつでも会える。ともう二度と会えなくなる。の違いですか。いつでも会えたり見たりできる距離にありながら全く見向きもしなかった物でも、いざなくなるとなると、「え〜!」っと言ってしまう。解散するバンドにしてみれば、「おい!初めからもっと来てくれよ!」となるわけです。

 

 

人間はいつかは死ぬし、限りある人生のなかで、永遠の別れが生じるとなるととても辛いわけです。

 

 

普段は全く使わない物でも、存在していることだけで安心していたり、いつでも会える。と思っていたりするわけです。しかし、実際、こういう物の多くは、全くなくても問題ないことがほとんどなのです。過去を懐かしんだり、思い出に浸りたい気持ちが、それらを存続させ続けているわけです。

 

別れ、断捨離が必要だという理由

 

全てにすっぱり別れを告げるのは、結構強いメンタルが必要で、でもこれを、淡々とこなせる人っていうのは、ものすごく柔軟で、切り替わりや、立ち直りも早いわけです。間違いを起こすことも少なくなります。必要、不必要な物を冷静に、感情抜きで客観的に判断できるからです。

 

ゴミを溜め込むと運も逃げるとは言いますが、それにはちゃんとした理由もあります。

家のスペースやパソコンも、メモリーの容量にも限界があるのと同じで、人間の脳も、処理できる限界、記憶できる限界があります。物を増やし続ければ、全ての容量がいっぱいになってしまい、パソコンが重くなるように、人間も思考力や記憶力が落ちてしまいます。感情で全てのことを判断しているので、冷静に必要か不要かの判断もできません。結果全ての決断を先送りするようになり、やがて行動力もなくなっていきます。

 

ゴミを溜めてしまう人の特徴は、思い出という感情に取り憑かれて、要らないものでも別れに踏み切れない。全く不必要で悪影響が明らかにあるものに対しても感情に負けてしまって、断捨離できないのです。これは人間関係も同じです。今の自分にとって必要のない人間関係でも、人脈がどうこう、などと、無意味な理由をつけて繋げておこうとしますが、特にうわべだけでできた、大して必要性のない人間関係は断つべしなのです。断捨離しないでいると、稼げる事や、自分にとって大事な決断も見逃してしまうというわけです。

 

断捨離を決断する方法とは?

 

とはいえ、やはり、断捨離を決断できない人に対して、さあ今から断捨離をしよう!などと言ったとしても、そもそも、長年要らないものを溜め込む癖が付いているとメンタル自体が弱ってしまっていたり、決断力すら喪失してしまっているため、なかなか踏み出せないのが普通でしょう。そういう場合の最善の解決方法とは、自分以外の自分の主観を全く考慮しない、客観的な判断ができる第三者に、断捨離を手伝ってもらうことです。

 

 

これは、物を運び出したり、整理する手伝いが必要なのではなく、断捨離の決断を手伝ってもらうことが必要なためです。もはや、自分で断捨離を行おうとしたところで、感情に支配されてしまって、全く作業が捗りません。おそらくほとんど断捨離できずに終わることでしょう。もはや第三者のアドバイスが必要なのです。

 

そのアドバイスに適当な方として、適しているのは、男性ではなく女性です。程よく親しい間柄の方が適任でしょう。生活を共にするような間柄ではなく、あくまでも第三者として意見が言える女性に頼むのが、もっとも効果的です。

 

何故女性が良いのか?

 

男性に比べて、女性は、買い物や料理、片付けなどの家事を見ていればわかると思うのですが、男性に比べて、極めて合理的で、計画性に富んでいるのです。料理の買い物一つにしても、男性は、ついつい食べたいという感情に流されて買い物をしますが、女性は食費を頭に入れ、今冷蔵庫に残っている物でこれから作る献立と、必要な栄養バランスを考え、その日買うものを判断するのです。そこには感情は一切はいりません。必要か不必要かだけです。

 

掃除や片付けの場合でも、整理整頓できるか、家事に支障は出ないかで、不要な物はどんどん切り捨てていきます。それに比べ、男性は、自分が欲しい、置いておきたい、などの感情に流されてしまうことが多いのです。全ての男女がそうだとは言いませんが、その傾向は強いと思います。

 

恋愛に関しても、女性はすぐに気持ちを切り替えて次に行くことができ、後々までひきずってしまうのは、男性の方だと言われています。

 

 

というわけで、断捨離の手伝いをしてもらうのは、圧倒的に女性が良い!というわけです。

 

まとめ

 

物事を成し遂げたり、ビジネスをスムーズに進めるためには、断捨離は不可欠です。常に必要か不要かを冷静に判断できるように、自分の身の回りや、頭の中はクリア

にしておかなければなりません。断捨離を怠っていると、判断力、決断力が鈍り、行動力も無くしてしまいます。もしもスムーズに断捨離ができていないと感じたなら、第三者の手を借りてでも、断捨離をやり遂げるべきなのです。

 

 

断捨離は、その後の自分のビジネスや人生をも大きく左右すると言っても過言ではないのです。

 

 

 

 


ネットビジネスランキング

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP