fbpx

転売、稼げてきてからと稼げる前の違いについて。

こんにちは、神谷です!

 

転売といえば、やはり仕入れが命!

カメラ転売の場合。

・商品画像にこだわれ!

ヤフオクならば、

・タイトルが命!

・評価を増やせ!

等々、稼ぐ、収益につなげるための

 

それ以外にも重要なことが多々あるとはいえ、それは要因の一部であり、

大前提として、安く仕入れができていないと話しにならないと思うんですよね。

 

なので、どれだけ安く仕入れられるか?に、

本当はこだわらなければならないのに、

 

 

その部分から逃げてしまってはダメなわけです。

 

カメラ転売の取り組みで、職人みたいな所と言えば、

商品撮影、商品説明があると思います。

 

実際、商品撮影なんて、

上手い方の撮影を見ていれば、すぐに真似できて

1日で綺麗な画像も撮影できるし、

 

 

商品タイトルや、

商品説明の要点も、ベテランセラーの真似をすれば良い

というわけです。

 

それで済んでしまいます。

シンプルにしていくのが一番ですし、それにプラスして、

他の商品に無い売りがあれば、そこをさりげなくアピールする事でしょうか?

 

 

やはり、肝心な仕入れの部分。

こちらは1番拘りたい所だと思うんです。

目次

1、カメラ転売で稼げるようになって来てからと、初心者の頃の違い。

1−1、店舗との関係性が向上。

1−2、ネット仕入れがヤフオク、メルカリ中心に。

1−3、直接の取引きが増えた事。

1−4、外注化

2、推奨!脱転売計画

2−1、新規客とリピート客

2−2、顧客リストにオファーをする。

2−3、SNSで顧客予備軍を集める。

2−4、リアル販売

3、買取りの注意点

4、まとめ

安く仕入れるためには、

通常の、店舗で販売されている価格で仕入れると、

大抵は薄利で終わると思うのです。

 

 

もちろん、店舗で販売されている商品も、

大きな利益取れる物もあります。

 

 

しかし、高利益品が出現する確率と、

毎日店舗で仕入れを行う労力を考えた場合、

初心者の頃と同じような店舗仕入れをずっと続けていては、

 

 

それほど収益が上がらないと思うのです。

もちろんそれでも、転売は続けていくことができると思います。

 

 

ただ、果てしない労働型の手法から

脱出することができなくなってしまいます。

 

 

 

それでは、どうしていくのか・・・・・

 

 

私自身が、3ヶ月目あたりから、

いきなり収益や利益が上がってきた事。

 

 

初心者の頃と違ってきた取り組みを

事例として紹介したいと思います。

 

1、カメラ転売で稼げるようになって来てからと、初心者の頃の違い。

 

 

あくまでも、これは私の事例であり、

必ずこうしなければダメ!というわけでもありません。

 

 

取り組みながら、明らかに初心者の頃とは変わリ始めた事を

事例として紹介したいと思います。

 

 

1−1、店舗との関係性が向上。

これに関しては、ほぼ毎日店舗で仕入れを

していた事もあり、店舗でリサーチを始めるまでに

 

店長さんや店員さんに声をかけられ、陳列前の品を確認できるようになった。

これは、私だけに声をかけているのではないが、

他のセラーと比べても私が比較的多く仕入れをすることや、

お店の長期在庫の小物なども安い時に大人買いすることなどが多かったことから、

他のバイヤーよりも、若干優先度が上がったと思われる。

 

 

ただ、時には、あまり仕入れたくない物も仕入れる場合が

あるのも事実。しかし、確実に

利益率、収益性は向上し、仕入れの時間も大幅に短くなった。

 

1−2、ネット仕入れがヤフオク、メルカリ中心に。

 

 

最初は仕入れやすい、ネットショップを利用していたのが

ヤフオク、メルカリを利用することで、

確実に利益率が向上した。

 

 

ただ、届くまでのタイムラグと、

商品に思いも寄らない不具合があることもある。

 

出品者も様々なので、実際には不具合があるのに隠している場合。

詳細を小さく書くなどし、わざと確認しづらくししている、

悪質な出品者もいるの事実です。

 

なので、必ず評価は確認した方が良いというわけです。

 

 

そういう出品者は、悪い評価のコメントが荒れている場合が多いです。

 

 

 

1−3、直接の取引きが増えた事。

 

これは発送時に、マメに手紙を添えていたのが

功を奏した形。実はここがかなり大きいい。

手紙は手書きの物がマスト。

 

 

そして、商品情報や、買取りの情報を

メールで定期的に配信する。

 

 

買取りをする場合と、販売する場合があるが、

直接販売した場合、プラットフォームの手数料がかからないため、

1円オークションで売り捌いても利益になる場合がほとんどだし、

買取りした場合も、利益率が70%を超えることも普通にある。

 

 

なのでどちらもおいしい。

 

 

 

1−4、外注化

外注さんが、商品を探してくれたり、

発想を依頼するようになり、非常に手間が減った。

面倒だった手書きの手紙も依頼し作成してもらった。

 

 

仕入れに関しては、

100%外注化できている訳ではありませんが、

かなりの個数を外注さんが仕入れてくれる、

あるいは見つけてくれるので、楽になった。

 

 

以上のように変化して行きました。

明らかに取り組みの仕方は最初の頃とは

違うことがわかると思います。

 

 

2、推奨!脱転売計画

 

いくら、稼げるようになって来てはいても、

やはり、通常誰でも購入できる所から

安い商品を仕入れてきて販売する所謂【転売】ばかりでは、

 

 

ビジネスの広がりにも限界を感じる場合もあります。

もう一段階進んで、独自に仕入れ販売を行える仕組みを

構築していく事も考えていく事です。

 

 

そして、1−3で紹介した直接取引きについても、

実はまた、最近はもう一段階進化してきています。

 

 

これが実に大きいのです。

 

 

顧客は新規開拓することも重要ですが、

馴染みの顧客を見つけリストを作ることが

とても商売には重要なのです。

 

2−1、新規客とリピート客

では新規客と、リピート客。

 

どちらがより良いお客様だと言えるでしょう?

 

新規客とリピート客。

 

どちらが良いかといえば、

やはり、リピート客ということになります。

 

 

つまり、リピート購入して頂いた時点でもう、

そのお客さんは、あなたのファンだからです。

 

 

なので、リピート客になってもらった場合は、

もう一度買ってもらえる可能性が非常に高い。

ということなんです。

 

 

そして、継続して、商品のオファーをかけられます。

 

 

2−2、顧客リストにオファーをする。

 

ヤフオクやメルカリで、主に販売している場合は、

大抵、一期一会で終わってしまうし、

 

 

売る側も、それ前提の方が多いです。

 

 

なので、リストをとる。

という販売方法を行っていくわけなんですが、

 

 

これは、通常の転売から、

ワンランク上を目指す考え方になります。

 

 

脱転売を目指すといったところです。

 

 

ここまでくると、少し広告の事も学んだ方が良いでしょう。

ヤフオクで販売する場合とオファーの仕方が少し違ってきます。

 

 

しかしまずは大前提として、顧客集めです。

 

 

最終的には、買取、販売までを

行っていくのですが、まずは、コツコツと

ヤフオクでの販売でもリストを作っていきます。

 

 

発送時には、必ず手書きの手紙を入れるようにします。

(特に高額品)

 

 

一度、メールの返信があった方や、

連絡があった場合、販売、買い取りにつながった場合、

定期的にメールを送っても良いかどうかの確認をします。

 

 

最初の手紙にLINE登録用のバーコードを貼っておくのもアリです。

 

 

もしオッケーが取れてしまえば、

そのお客さんを自分の店の会員にしてしまい、

 

 

他の自分のECサイトで初めて購入する方とは、

はっきりとした差別化をし、お得情報を定期的に流してしまいます。

会員ランクもつけるといいです。

 

 

なので、ヤフショやBASEなどのECショップを立ち上げ

連携させておくと良いでしょう。

 

 

 

ただ、この場合、個人事業者登録や

古物商の許可はマストになります。

 

 

メールを送る場合、数が少ないうちはGメールなどでも良いのですが、

ある程度リストが溜まってきた場合は、

 

 

メルマガスタンド、に登録し、

決まった時間にメルマガが流れるようにします。

費用はかかりますが、決まった日時に一斉にメールを

配信することができます。

 

 

今なら、LINE@を使うという手もあります。

 

 

カメラが趣味の方は、必ずといっていいほど

常にレンズを探しています。

 

 

なので、リピート購入してもらえたり、

買取りができる確率が高いのです。

 

2−3、SNSで顧客予備軍を集める。

 

ただ、手紙もそれ程反応も頻繁に

来るというわけではないので、

 

 

これは、前回のメールでもお話しした、

手書きのメッセージを、どれだけ根気よく継続させるか?

というところでしょうか?

 

 

 

ちなみに、最近の傾向でいくと、

ショップの紹介に、インスタグラムを利用するという手も

あります。

 

 

商品画像などを掲載するのに、

非常にインスタが都合が良く、

カメラを好きな方も非常に多いのです。

 

 

試しに#のハッシュタグをつけて

#カメラ好き、などで検索してみてください。

かなりカメラマニアが検出されます。

 

 

商品画像に商品名でハッシュタグをつけ、

インスタに投稿を繰り返します。

 

 

画像は9分割が基本なので、

投稿には、3枚、6枚、9枚のペースで投稿します。

 

 

時には、画像を9分割できるアプリを

使ったりもします。

 

 

最近では、インスタLPという

9分割の画像広告を掲載してビジネスに

使っている店舗も結構あります。

 

 

ただ、インスタ投稿の商品画像の商品が

売れる確率は非常に少ないので、

 

どちらかといえば、自身のECサイトや、自分の商品への

誘導に使っていくのがメインになります。

 

 

重要なことは、自分のショップをカメラマニアの方に

認知してもらう事です。

 

2−4、リアル販売

 

よくあるのは、意外とご近所さんや、

馴染みの飲み屋などで、カメラの話をすると意外に欲しがる方が

いるという事です。

 

これには正直面食らいます!

驚くほど、普通に買ってくれたり、買取りもできます。

 

 

むしろ、「いらないカメラがあるんだけれど、

何とかして欲しい」などと頼まれる事があります。

 

 

時には、ガラクタのような物もありますが、

無料で引き取るだけでも喜ばれます。

 

 

ヤフオクではジャンクにも需要がある事が

多いので、まとめて販売すると利益になります。

この場合の利益率は100%です。

 

 

できれば、名刺を作り、

一度でも買取り実績や、販売実績のあった方には

名刺を渡しておき、口コミで広げてもらうというのもありです。

 

 

ごく稀ですが、地方の古いカメラ店などでは、

実際にカメラを販売しているプロが買い取りを希望したという事例まであります。

 

3、買取りの注意点

 

私の場合は、販売、買取りを

ヤフオクで購入していただいて、

手書きの手紙を送っていたお客さんから反応があり、

それ以来継続して買取りや販売をしています。

 

 

遠方の方でも、まとめて買い取って欲しいと

依頼される事もあります。

 

 

その場合は着払いで発送してもらうのですが、

 

 

ここで、重要なことは、

間違っても値段のつかない物に、

必要以上の金額を提示しないことです。

 

 

大抵の場合、自分の手元から離れたものを、

戻して欲しいという事は少ない印象です。

 

 

金額は常にハッキリと提示し、うやむやにしない事です。

無理なら無理、買うなら買う。と割り切ります。

 

 

ヤフオクの入札と同じですが、

 

 

必要以上に高く買わない事です。

しかし、安すぎても、通常の買取理店舗と相違なくなってしまうので、

必ず、大手買取り店舗よりは良い値段をつけなければならないです。

 

ここは交渉力が鍛えられます。

 

 

カメラの買取相場は、ネットショップなどでも

容易に調べる事ができます。

 

4、まとめ

 

いかがでしょうか?

 

 

なかなか、カメラ転売やせどりで

ここまでやる人も少ないですが、

 

 

挫折しないようにするには、

一度に全部やろうとせず、一つずつトライして、実現する事です!

1度でも成功すると、その利益の大きさに驚く事でしょう!

 

 

そして、モチベーションも大きく変わります!

 

 

物販を拡大していくためには、

やや難易度は上がるものの、

いずれは転売というステージから

もう一段階上に上がっていきたいところだと思います。

 

 

 

カメラ転売の場合は、まだまだ

販路拡大、開拓の余地が多く残されています。

 

 

なので、あとは行動力が試されるというわけです。

 

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP