本業辞めてカメラ転売するなんてバカ(笑)

こんにちは、神谷です。

 

 

最後に『ヤフオクで高く売る方法』の動画掲載しました。

 

 

 

自分は、カメラ転売を始めてからすぐに

仕事をやめてしまったというより、

徐々に、仕事の量を減らしていき

 

 

 

最終的に休止しました。

 

これは、自分自身が会社員ではなくて

自営業だったので、やめる、やめないの境目が

曖昧であったためにこうなりました。

 

 

 

実質的にやめてはおりますが、厳密にいえば

まだ廃業はしていません。

 

 

ですので、転売を始めた時も自由が効いて

活動の時間を転売にシフトしていけたのは、

他の会社員の方と違うところですが、

 

 

今から前職を再開させるとなると

様々なしがらみもありますので、事実上は無理があると思います。

 

 

転売も、本業でされている方、副業でされている方で、

かなり、投下できる時間に差があるのは

紛れもない事実です。

 

 

やはり、投下できる時間が長ければ長い程

稼げる金額も大きいのは間違いないです。

 

 

カメラ転売も普通のビジネスと同じで、

どれだけ取り組んでいるかで差が出るのは

仕方がないです。

 

 

ならば、副業組は永遠に稼げないのか?

ずっと大変なままなのか?

 

 

これには、自分も最近になって後悔、

というか、思うところがあります。

 

 

実をいうと稼いだと言いながら、

転売だけに比重を起き始めた時は

結構不安になったからです。

 

 

それは、単純に収入の柱が一本確実に

なくなるからに他なりません。

 

 

まだ実績のない、未知なビジネスに

全てを捧げるのは勇気もいりますし

実際問題かなりリスキーです。

 

 

真似して欲しくないし、オススメしません(笑)

 

 

今思えば、

 

 

カメラ転売などの副業で、

少しづつ実績が出てきているとします。

 

 

この時点で、

『この副業から手離れする事。』

これをまず考えるようにすればよかったという事です。

 

 

ある程度リサーチ力や販売力がつけば

自分で、もっと時間を投下して、

稼ぎを倍増させることもできますが、

 

 

それでは、自分自身の時間が削られて行くばかりで

正直限界が来る。

 

 

この時点の次のステップとして、

 

 

今の自分なら、確実に、まず実行しただろうなと

思うのが、『手離れさせる事』だと思います。

 

 

カメラ転売に、より投下し、一人の作業を増やして行くよりも

絶対に人数を増やした方が効率良いのは明白。

 

 

と今思えば、はっきりとわかるのですが、

 

 

なにやら、外注化ということに難しさを

感じてしまっていたりして躊躇してしまってたり。

 

 

副業で売り上げが伸びないなら、

 

 

何よりもまず、絶対に手離れを意識して、

外注化させることに特化していった方が

これは間違いない!と思います。

 

 

リサーチや仕入れを他人がするとなれば、

驚くほど商品に対して客観視できるし、

 

 

人に伝えることで、理解も深まり、

より冷静にビジネスに打ち込めるんですよね。

 

 

これは、50万稼いだらやろうかとか

100万稼いだらやろうかではなくて、

 

 

10万、20万の段階で、

真剣に外注化にシフトした方がいい。

 

 

一時的に副業収入が下がる事になったとしても

原因がはっきりしているし、しばらくして人手が増えてくれば

確実にV字回復させられるわけだし、

 

何より、

 

仕事をやめて一つの収入が0になるより、

 

収入源を他に増やす方が良いに決まってる。

 

 

副業で転売がうまくいってるなら、

外注化で完全に手離れさせて、

そしてなおかつ、さらに新しいビジネスに取り組む。

 

 

これが更にその次に来るステップ。

 

 

今となればこれが正解だと思う。

 

 

本業が今あれば、やめるのは簡単だと思いますが、

 

本業をキープしつつ

 

外注化などで、稼ぎの柱を何本も増やす事に

特化していった方が絶対にいい!

 

ネットビジネスならそれが可能だからです。

 

 

今はいやな仕事で、辞めたくて仕方なくても、

でも本業をやめるのは

ちょっと考えた方がいい(笑)

 

 

なにせ、やりようによっては

本業ある方が断然有利になるもんね。

融資などの面でも。

 

 

なので、現状を悲観せず

やれる事を見つけた方がいい!

 

専業の真似は辞めた方がいい。

 

今日はこの辺で・・・・

 

神谷でした!

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP