fbpx

カメラ転売は、高額品を扱うに限るという理由

カメラ転売は、基本的に高額商品を扱う転売です。

なので、大きく稼ぐためには、最低でも5万円以上の高額商品を

扱う方が、作業も少なくなり効率よく稼げます。

高額商品は客層が良いのもメリットの一つです。

 

 

ただ、全てを高額品で揃える必要もありません。

あらゆる商品を販売し、入り口を増やすのも良い戦術なのです。

しかし、低価格な商品ばかりでは、

そもそもカメラ転売を行うメリットは無いと言ってもいいかもしれません。

 

 

高額品を扱うメリットとは?

 

カメラ転売では、最初に安いコンデジ、ミラーレスや

一眼初心者モデルなどを中心に扱う方が多いようです。

というより、それはむしろ正解ですし、私もそうでした。

 

 

利益取れる商品を見つけやすいし、

比較的すぐに販売できる商品ばかりです。

 

 

ただ、いくら頑張っても利益率は良い場合がありますが、

高額な利益は見込めません。

ひたすら数を仕入れて、商品の回転で勝負する事になります。

 

 

それくらいの利益のもので、商売を成り立たせるとなると

とんでもない大量仕入れをしなければならなくなります。

 

 

それよりも、5万以上の商品で3万以上の利益を出す

という方が、簡単だし、楽な訳です。

 

 

なので、慣れてくれば、どんどん高額な商品を

仕入れていった方が面白くなってきます。

 

 

そんな高額なものであるにも関わらず

サイズがそれほど大きくないというのも

カメラを転売する理由の一つなのです。

 

 

毎日仕入れをしていれば、

 

そんな商品と結構出会える様にななりますし、

実際に、必ず誰でも2、3ヶ月目には

3万以上の利益のカメラ、レンズが見つかる様になります。

 

 

 

 

やはり、高単価な商品を販売しなければ、

カメラ転売は面白くないし

魅力がわからないと思います。

 

 

なので、低価格帯だけの販売は、

早い段階で卒業するべきだと、私は思います。

 

 

圧倒的なアクセス数

 

高額商品は、やはり基本的に趣味レベルの域を超え、

ハイアマと呼ばれる方や、プロとして撮影されている方、

マニアやコレクターが買っていくような商品がほとんどです。

 

Nikon、Canonのフルサイズ機や、フルサイズ用の広角レンズ、

超望遠単焦点レンズ、ライカなどのフィルムカメラ、

中判、大判カメラなどです。

 

 

ヤフオクでこのような商品を出品して驚くのが、そのアクセス数です。

高額商品を販売し始めて驚くのは、

それまで販売していた低価格帯の商品とは、全くアクセス数が違う事です。

 

例えばギターなら、ヴィンテージモデルが欲しくなったり、

車なら、海外の高性能モデルに憧れるように、

 

 

カメラの場合には、

最終的に行き着くのが、こういった商品な訳です。

 

 

なので、高価格だから売れない。ということは全くありません。

 

高額品を仕入れる際に気をつけたい事とは?

 

 

カメラ転売を始めるにあたり、いくら高額商品が売れる。

と、わかっていても、いきなり高額品を仕入れるのは危険です。

 

 

高額品販売に慣れていない段階では、

売れないにでは?と疑心暗鬼になり、

安値で売り捌いてしまうことも少なくないのです。

 

 

まずは、低価格な商品を販売し、その後

高額品に手を出した方が良いのです。

 

 

それは、まず販売経験を積む事で、相場感が養える事と、

どのような商品が売れるのかを理解するために、

商品を販売するという感覚になれる事が重要だという事です。

 

 

 

リサーチして終わるのと、実際に販売する事の違いは

雲泥の差があります。

 

そして、最初は利益がなかなか出せなかったりする事もあるので、

まずは手頃な商品を多数販売し、

 

売れるという実感掴んでから、高額品を仕入れるように

した方が良いのです。

 

無理に仕入れない

 

いざ高額品を仕入れよう。ということになると、

売ってみたくて、見込み利益があまりなさそうでも

無理やり仕入れようとする人もいますが、

 

これは、やめたほうが良いです。

 

 

なぜならば、低価格なものに比べて、

手数料がバカにならないかです。

 

 

低価格の物を利益トントンで売るのと、

高額品を利益トントンで販売するのとでは、

全く意味が違います。

 

 

なので、最低でも手数料分くらいは利益が出るのを

見越してから仕入れるようにすることです。

 

 

そうなると、なかなか仕入れられないじゃないか!

と言われるかもしれませんが、

大丈夫です。必ず仕入れるチャンスはやってきます。

 

 

それに一度仕入れられると、

そういう商品ばかりが目につくようになり、

次々と仕入れられるようになります。

 

 

なので、今は見つからなくても焦らず、

目の前にある商品をどんどんリサーチし、

仕入れ、販売経験を積む事が大事だという事です。

 

 

 

マインドブロックを外す

 

利益見込みトントンでも無理やり仕入れてしまう。

というのとは逆に、怖くて高額品に手を出せない。

 

という場合もよくあります。

 

しかし、実際の事をいうと、

カメラやレンズを出品していて、アクセスが多いのは、

このような高額品であり、

 

 

1品でも高額品をラインナップに加えることによって、

明らかに他の商品の落札率が上がるのです。

 

 

なので、もし仕入れ対象が見つかれば思い切って仕入れる勇気も必要です。

売れた時には、必ず、「仕入れてよかった!」

と思えるはずです。

 

 

扱えば扱うほど、作業も格段に楽になっていきます。

 

実際にカメラ転売をしていると、

例えば、2千円くらいの物が1万円以上で売れたり、

何百円のものが、何千円になったりということ

ちょくちょくあるので、

 

 

こんな物を仕入れていた方が、稼げるのでは?

と思うこともあるのですが、それは間違いです。

 

 

高額品を仕入れないでいると、

いつまでも安い商品しか目に入って来ずに、

高額品の仕入れ対象を見つける事ができなくなってしまいます。

 

 

高額品を仕入れられるように、マインドブロックを外すことも重要なのです。

 

売り安い時期はあるか?

 

カメラ転売をしていると、売れやすい時期

売れにくい時期は他の転売同様ありますが、

 

1年を通して安定しているのは、高額な商品です。

マニアックな商品やヴィンテージ品は、

1年間でそれほど大きな変化はなく、お正月などにも売れたりもします。

 

 

それ以外の低価格帯の商品は、季節によってよく売れる商品

売れない商品は顕著にあります。

 

 

こういう時に、年中変わらず売れてくれるのは、

やはり、マニア向けな商品なので、

売れない時期には、ラインナップをややマニアックな物に

変えていくのも良いかもしれません。

 

今では高額品ばかり仕入れる女性も

 

 

最初の頃は、仕入れ金額を聞いてきて、

「今日は25万」などとと答えると、

「え〜っ!」なんて驚いていた方も

 

 

今では、1日に5、60万仕入れる日もあるそうです。

 

 

なぜかというと、やはり高額品を仕入れて5万円以上の利益が

連発で出たからでした。

 

 

なので、高額な商品が売れるという事を

まずは体感しなければなりません。

 

 

しかし、これができる様になれば、

カメラ転売の作業はかなり楽になっていきます。

 

高額品のリスク

 

確かに、高額な商品で、高額な利益を出す。

となると、良いこと尽くめではありませんよね?

 

同時に在庫のリスクも出てくるわけです。

 

 

カメラ転売、中古カメラの販売に一番向いていて、

利益を出しやすいのが、ヤフオクですが、

 

 

それ以外の販売プラットフォームも用意しておく事です。

 

アマゾンやebay、メルカリや、ヤフショ、その他あらゆるECサイトに

同時に出品しておくと、販売する出口が増え、

売れる確率がかなり上がります。

 

 

それぞれのプラットフォームで、売れる商品の傾向、

売れる価格が違うからです。

 

 

商品により、向き不向きもありますが、

より多くの販売先を確保しておく事は、

高額商品販売においても、かなりのリスクヘッジになりますし、

プラットフォームごとに手数料の違いもあるので、

 

それぞれの価格調整をする事で、売れやすくすることもできるわけです。

 

 

全くリスクなしでビジネスをする事はできません。

逆にリスクをチャンスだと思う、思考転換も必要です。

 

 

まとめ

 

カメラ転売で稼ぐには、高額品を扱うという事が不可欠です。

 

 

しかし、高額品はいきなり仕入れるのではなく、

まずはじめは、カメラやレンズを低価格な物から仕入れ、

販売する経験、売れるという成功体験を積んでから、

商品単価をあげるという段階に進むのが一番です。

 

 

そして、仕入れることへのマインドブロックを取り外し、

リスクを分散しながら、計画的に在庫をコントロールする事が重要です。

 

 

高額品を販売できるようになれば、カメラ転売は数倍面白くなるのです。

 

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

 

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP