カメラ転売、自己流は間違いなく、間違い!

こんにちは、神谷です。

 

 

昨日は、リサーチ上手なだけでは

カメラ転売はうまくいかないという話しをしました。

 

 

商品リサーチも、仕入れを実際に行い、

販売しなければ、全くなんの意味もないという

事をお話ししました。

 

 

とりあえずは、販売してみなければ、

リサーチ結果だけみていても

本当は、どうなるかわからないわけなんです。

 

 

販売した経験というか履歴というのは、

どんな机上のデータよりも優れているわけです!

 

 

あとは、ひたすら、

良いテンプレートに添って

出品、販売をしていくだけです。

 

 

じゃあ、良いテンプレートってどんなやつ?

 

って事なんですが、

 

 

これには、はっきり言って

時間をかけないでください。

 

 

自分なりの、個性を存分に発揮した

独自のテンプレートを作ろう!

 

 

これは大失敗します!

 

 

ビジネスは基本、モノマネです。

 

 

売れている事を真似するのが1番です。

ビジネスは、パクリがOKな世界なのです。

 

 

よく売っている、高値で販売している出品者の

出品ページをパクれば大丈夫です。

 

 

ただ、そっくりそのままコンディション説明まで

真似したらダメですよ。

 

 

 

なんの世界でも、王道パターンっていうのは

存在しますし、それを真似るのが最も最速なのは

いうまでもありません。

 

 

往年のロックバンドが、

コンサートで新しいジャンルの曲を演奏するよりも

定番の曲を、今まで通りワザとらしく演奏してくれる事を

ファンは期待しているのです。

 

 

メタル界のゴッド、オジーオズボーンも

インタビューでこう話しているのを聞いたことがあります。

 

 

『もう俺はアイアインマンを演奏することに

うんざりしている、本当に嫌なんだ!』

 

 

しかし、たとえ本人たちは、飽き飽きしていても

大衆にはそれが最高なわけです。

 

アイア〜ンマーン!ときたら、会場は

割れんばかりの歓声です。

 

人は、往年の王道が、見たい聴きたいのです。

 

ヤフオクの場合でいえば、

 

こんなワンパターンでいいのかな?と思っても、

売れるテンプレートを疑いなくパクる方が、

自分の浅はかな考えよりずっと優れてます。

 

 

何しろ、毎日販売され続けている

王道ですからね。

 

 

洗練され度合いがまるで違うのです。

 

 

そして、何よりも真似することで作業が早く終わります。

 

 

タイトルや画像も、奇をてらった物を狙うよりも、

シンプルで、最も定番なものを真似るのが一番ですし、

 

 

何かを違う事をしようとしても、

初心者の頃は大抵滑ってます。

 

 

 

行動し続けていると、時には必ず失敗もしますが、

これがまた、良い経験になるわけなんです。

 

 

 

行動せず、語るだけ

リサーチしてみるだけでは何も得られません。

 

 

リサーチしたら必ず仕入れを行う事です。

 

 

カメラ転売は仕入れる商品にも

王道があるので、これもたくさん出品して

販売しているセラーのを丸パクリすれば良いですよ。

 

 

王道パターンを体で覚えてしまうと、

あとはそれを繰り返すだけでよくなってしまいます。

 

 

パクリパクリなんて言っていますが、

結局は、どんな大発明も最初はモノマネから

始まっていますから。

 

 

 

ビジネスの基本は、まずは王道パターンを

外さない事です!

 

 

 

今回はここまでです!

 

 

神谷でした!

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP