fbpx

カメラ転売、失敗してしまう理由とは?

カメラ転売で失敗する例。その大きな理由の一つは

本来のやるべき行動から大きくズレてしまう。ということではないでしょうか?

もともと定めていた行動が、外的要因により

進むべき方向から外れていってしまい、

ズレてしまっていることに、自分では全きう気が付いていない状態です。

 

 

これは、カメラ転売に限ったことではありませんが、

時には、成功者、経験者に軌道修正してもらう事も

重要ではないかと思います。

 

 

これは、誰あろう、私が体験した事ですので間違いありません。

 

特に、なんでもやり始めの頃は、大きく方向性を逸脱してしまう事は

少なくないのです。

 

 

CanonよりもNikonな理由

 

 

『それよりも、こっちの方が

機能が優れて使いやすいですよ』

 

なるほど・・・・

う〜ん、じゃあ、それにします。

 

 

当初、これが欲しいと決めていても、

在庫がなかったり、違うものを勧められたりして

本来の目的と全く違うものを買ってしまい。

 

 

家に帰ってから、もしくは、誰かに指摘されてから

本来の目的とは大いにズレてしまっていたりすることが

実は私はめちゃめちゃあります!

 

 

いつも、この衝動にはほとほと嘆いている次第です。

 

 

カメラ転売を始めて間なしの頃、

商品画像撮影の機材を仕入れに行った時も

このズレによる衝動的ミスをしました。

 

 

当初の購入予定機材は、

NikonのD80と、標準レンズ。

それで十分と指示されていたし、

教材にもそれ以外の機材の備品の解説はありませんでした。

 

しかし、初めて訪れた中古カメラ店で、

最初の自分の機材を仕入れようとしたのがそもそもの失敗です。

 

 

「店員さんにD80は置いてないですか?」

と尋ねた所。

『今は、ありません。』

『それよりもこちらいかがですか?こちらの方が

軽くて使いやすいですよ!』

 

完全にカメラ初心者がマイカメラを買いに来た

ように思われてしまった。

 

そして、勧められて購入したのが、

CanonのEOS Kiss X7 ダブルズームキット

今から考えると全く意味不明!

なんで超望遠レンズがいるのか(笑)

 

 

しかもBランク以下を機材に!と言われていたのに

その購入したカメラはABランク。

 

 

もうこの時点で、完全にズレていたわけです。

当初の目的とは完全にズレた機材を仕入れ、

師匠からも散々にディスられたといわけです。

 

 

なぜニコンなのか?キャノンの問題点は?

 

その理由を知りたくないですか?

 

実は、キャノンを使っている方もいますし

ニコンでなく、キャノン推しのカメラ転売されている方も存在しますよ。

 

では何故なんでしょうか?

 

 

私はその後、Nikonの機材を購入し直し

このX7も相場が上昇し、レンズをバラし販売したことで、

利益を出すことができたので、こちらはよかったのですが、

 

 

問題はそこではなくて、

目的がズレてしまっていたこと。

 

 

カメラ転売で稼いでる人は間違いなく全員

Nikonのカメラで撮影している。という事。

 

 

実は、たったこれだけの理由で、勧めるカメラはNikon製なわけです。

 

もともとカメラ転売の歴史は、Nikon製の中古カメラの販売から始まった。

と言われています。

 

しかし、デジタル全盛の今では、カメラシェアNo.1企業の

Canon製品が占める割合は大きいです。

 

 

性能がCanonよりもNikonの方が上。

というわけでもなく、

 

Nikonの方が、Canonよりも使い勝手が良い。

というわけでもありません。

 

 

そんな事はどうでもよくて、

 

 

なぜ、言われた通り、成功事例通りに

事を運ばなかったのかが最大の問題なわけなんです。

 

 

フォーカスすべきは、ここだったわけです。

ここに注目しなければならなければ、

稼ぐことが難しいってわけなんですよね?

 

 

実は、これを徹底するのって案外難しいのです。

 

 

素直に受け入れる事の重要性

 

 

何をすれば一番稼げるのかというと、

 

 

単純に、成功している人のモノマネ、パクリが、

実は成功するたった一つの秘訣でもあったりします。

 

 

誰でも、自分のやりたくない事

耳の痛い話は避けようとします。

 

 

しかしながら、稼いでいる人というのは、

自分のできない事、苦手な事にこそ全力を注ぎ、

何故できないのかを考えているものなのです

 

 

 

そして、なんどもまた、稼いでいる人の行動を研究し

モノマネ、パクリをするというわけなのです。

 

 

オリジナルが通用するのはそれからという事です。

 

 

大抵、この自分ができない事、パクれない事に

フォーカスするのを忘れ、

 

 

ノウハウがダメだからでは?と、

ノウハウのせいにする場合がほとんどなわけです。

 

 

うまく行くまでは、自分のダメさを素直に認め、パクリ続ける。

モノマネし続けるんです。

 

 

他の魅力的な情報の誘惑に踊らされてしまったりするので、

時には目標や、今取り組んでいるビジネスに関する情報以外は

シャットアウトするのも大事ですよね。

 

 

成功や、実績をある程度出せるようになるまでは、

一本に絞って取り組まなければ、

ズレまくってしまって、結局すべて失敗に終わります。

 

 

やり込まなければ見えてこない!

 

パクリ、モノマネ、は手法のモデリングだけではなく

量的な事までもそっくり真似なければ意味がないのです。

 

カメラ転売での失敗例で言いますと、一番共通しているのが、

ちょっとだけ、試しにやってみた。」です。

 

 

ちょっと試しにやっただけでは、実は

あんまり良さがわからないです。

 

 

お金がかかる、在庫を抱えてしまう。

仕入れが高額など・・・

 

 

マイナスイメージだけ感じて終わってしまうようです。

 

 

 

これが、やり込んでいる人からすれば、

なるほど・・・それならそうなるわな。と明確に理解できてしまいます。

 

 

私も、人に教え始めて気が付いたんですが、

最初に言った通りに取り組んでもらうのが一番難しいです。

 

 

最初の成功体験に至るまでに挫折してしまうのが、

一番多いケースともいえます。

 

 

逆にそこを乗り越えられれば、

軌道に乗って上手く行きことが多いです。

 

 

何度も何度も同じ事を言っても、

失敗する人というのは、ほとんど言った通りにやらない人ないのです

 

 

「次からはそうします。」が毎回の口癖になります。

 

自己責任マインドの重要性

 

いくらノウハウがあったとしても、

指示された量の行動が伴わなければ、成果を上げる事はできません。

 

寝ながら稼げる、クリックするだけで稼げる。というものは

何一つ存在しないのが現実です。

 

行動あってのノウハウな訳で、

 

おかげで稼げませんけど・・・・など、

 

騙されました的な思考になっていないか、

自分のマインドをにも気を払わなければなりません。

 

 

 

時には、騙された!訴える!

と周囲を巻き込み大騒ぎするような場合もあると聞きます。

 

 

ビジネスは一長一短なので、うまくいかない間は、

そのビジネスのマイナスの部分ばかり注目しまいます。

 

 

現実にビジネスは甘くないんです。

簡単に誰もが稼げるというのなら、誰も全く困らないわけです。

 

 

 

簡単に稼げるノウハウが、その辺に転がっていたり

誰でもすぐに実践できるならば全くなんの値打ちもありません。

 

 

 

ラえもんの道具は、

ドラえもんと、のび太やその他の身内だけに

使えるチャンスがあるからこそ値打ちあるものですが、

 

 

誰もが4次元ポケットをを持っていて道具があれば、

たとえドラえもんだとしても、なんの値打ちもなくなってしまいます。

 

 

・誰も知らない

・誰もやらない

・知っているがやろうとしない。

 

 

そういったものに取り組むからこそ価値があり、

チャンスが存在するわけです。

 

 

 

例えが、ドラえもんでは少し大げさですが、

多くがやろうとしていない事というのは、

やりさえすれば、大きなチャンスがあるわけです。

 

 

しかし、一方でそれは、孤独で過酷でもあります。

やるからには、失敗するリスクまであります。

 

 

自分ができない、やれない、苦手な事に

フォーカスして、どうすればできるのかを考えて行動に移し、

行動した事の責任は自己に完結させるマインドも重要なのです。

 

 

これは、特殊で難しい技能を身につけろとか、

誰もやりたくない、法すれすれのグレーな事をやれという事ではなく、

 

 

単に、習慣的な苦手や、悪い癖を改善し、

実行し続けるというだけです。

 

 

そして、全てを自己に完結させるマインドがなければ、

他責に終始してしまい、何も学ぶことができなくなるのです。

 

 

まとめ

 

 

カメラ転売のリサーチは、在庫を抱えるという事もあり

リサーチ精度がかなり重要です。

最初は気合いを入れてやらないと、本気で難しいです。

 

 

しかし、本気で取り組めば、必ず打開できるのです。

ただそこにいくまでに、多くの人が簡単にソッポ向いてしまうことが多いわけです。

 

 

特にネットビジネスの世界では、

驚くほど簡単にできない事こそ悪であり、

 

ほとんどの方が、最も簡単で、何よりも稼げる方法は何か。を

自然とランキングしながら、ネット上をサーフィンしているのです。

 

 

ただ、そんなことがもし存在したとしたら、

なんの苦労もなく稼げるわけなので、あっという間に広まり、

途端に飽和してしまうでしょう。

 

 

現実的な、本当の意味での簡易性とは、

 

 

特に資格や、学歴が必要でなく、

模倣が許される上、

短期間で手法を把握し理解できて、それを実行するのに

なんの制限もなく、いますぐにでも行えて成果に直結するもの。

 

 

ではないでしょうか?

 

 

例えば職人なら、何年も、何ヶ月も見習いしなければ

1人前にはなれませんし、弁護士や会計士なら、

長い期間勉強に時間を費やし、

難しい試験をくぐり抜けなければなりません。

 

 

ごく短期間で稼げる可能性があり、

 

始めることになんの制限もないもの。それがカメラ転売ビジネスです。

 

 

何のビジネスでもそうですが、

時にはいらない情報をシャットアウトして

とことんやってみることも大事だと思います!

 

 

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP