カメラ転売で、稼ぐために断つ事とは?

こんにちは、神谷です。

 

今回は、鳶職人からカメラ転売を始めて起業した。

私自身が、ここまでで取り組んできた事や、

感じたことなどを、まとめていきたいと思います。

 

 

もしこれから、ネットビジネスを始めてみたい!

という方が居ればぜひ参考にしてみてください。

目次

1、雇われる。と自立する。の違い

2、正直、カメラ転売で稼ぐ事ができるのか?

3、稼ぐために自己投資して学ぼう!

4、やりきる覚悟を持つ

5、目標をバージョンアップする。

6、まとめ

 

1、雇われる。と自立する。の違い

 

私は元々、建設現場で働いていたのですが、

その頃と一番違う事はというと、

仕事をもらうわけではなく、自分で稼がなければならない。

という事でしょうか?

 

 

この国に暮らしていると思うのが、

給料をもらって働く事が正義とされていて、

自分で気ままに生活している人間は、社会不適合者のように

見られてしまうという事があるので、初めは誰しもが

自分がやっている事はまともじゃない。とか、

 

こんなことしていたらどう思われるのだろうとか

取るに足らない事を気にしてしまうものです。

 

 

なので、なかなか普通の暮らしをしていると、

本気で突き抜けられないのです。

 

 

こういう新しいことに挑戦する時は、前の人間関係は

しばらく断った方がいいかもしれません。

 

 

特に今みたいな、転売のネットビジネスなんて、

やってない人からしたら胡散臭く見えると思うので、

いいように思われる事は、非常に少ないのです。

 

私の場合は、敢えて距離を置きました。

 

 

こういう決断が、人生には必要なのかなと思います。

変化するのは怖いし、しんどい事でもあるので、

 

 

なかなか勇気がいるので、結局、何か始めなければと思いながら、

時間だけが過ぎていく事が多いと思います。

たとえ給料が安かったとしても、その方が気楽だからです。

 

だから、やる人の方が圧倒的に少ないのです。

やり方を聞いても実行する人は5%ほどしかいない。とも言われています。

 

2、正直、カメラ転売で稼ぐ事ができるのか?

 

カメラ転売で稼ぐ事ができるか、出来ないか。

という話しになれば、これは必ず稼げる!

と言いたいところですが、実際のところ、

稼げる人もいれば、稼げない人もいます。

 

これは、何のビジネスも同じです。

成功する人もいれば、失敗する人もいるわけです。

 

これは、何が違うのかと言えば、

まず第一に、肝心な事を自己流でやってしまうという事。

 

結局、ビジネスは、著作権の侵害などはダメですが、

根幹のやり方の部分に関しては、モノマネするのが一番成果を出しやすいのです。

 

 

私も、パソコンが苦手とか、ネットが苦手だった訳で、

しかし、一旦ビジネスの場に足を踏み入れた時に、

そんな事も言ってられなくなりました。

 

大抵の情報は、今はネットで調べる事ができます。

しかし、それが正しいかどうかを精査できるようにならなければ

様々な情報に惑わされることも多いのです。

 

 

沢山情報や知識があれば、何があっても生きて行けるのですが、

誤った情報や、そもそもアフィリなどの販売を目的とした

販売者に都合の良い情報などもあるので、見極められるように

ならなければなりません。

 

 

カメラを転売の情報も稼げると言っている情報もあれば

稼げないからやめておけ!と言っている情報もあります。

 

 

確かに、どちらの部分もあるのはあるのですが、

 

 

極端にリスクだけを煽っていたり、また

良い面だけを、取り上げて、全くリスクがないかのように

強調していたりする場合もあるので、

必ず冷静になって考えてみる事も重要ではないかと思います。

 

3、稼ぐために自己投資して学ぼう!

 

そもそも、ネットの様々な情報で右往左往してしまう事。

私もそうだったんですが、

それ自体が、情報弱者であり、勉強が不足しているという事です。

 

 

 

そもそも、様々な情報に惑わされている事自体

他力本願のマインドだという事です。

 

情報弱者だと、新しい情報を聞くたびに

隣の芝が青く見えてしまい、

いろんなノウハウを買いまくってしまうという。

 

いわゆるノウハウコレクター

という状態になってしまう事もよくあります。

 

しっかり、自らが学び、情報を見極め

自己責任でやり遂げる力をつけるのが大切です。

 

4、やりきる覚悟を持つ

 

 

普段の生活に追われていると、「ま、いっか」と

後回し、先回しにしてしまうという事があり、

 

 

次第に優先順位が下がっていってしまいます。

 

 

実際、自分がいくら怠けても、サボっても

誰に咎められる事もなければ、

 

 

また、成果をあげたとしても、初めのうちは

ただの自己満足の域なのです。

特に誰に褒められるわけでもありません。

 

 

結構面倒臭い作業ばかりになり、作業を先延ばしするようになり、

結局自然消滅していってしまいます。

 

 

副業で取り組んでいれば、なおさら面倒な事は億劫になりがちです。

カメラ転売でも、他のビジネスでも、

稼ぐにはなんでも良いのですが、

 

 

これをやる!と決めたからには、

覚悟を決めてやりきる事が重要だと思います。

 

 

5、目標をバージョンアップする。

 

カメラ転売や物販を始めても、

いきなり最初から、今月は100万を稼ぐなどの

大きすぎる目標を掲げてしまうと、

 

 

具体性にかけるため、すぐに心が折れることになります。

最初はあまり大きすぎる目標を掲げず、

 

 

手がとどく目標を設定し、クリアしたら

また次の目標を掲げるという風に、

どんどんステップアップしていくのが成功の秘訣と言えます。

 

 

これは、オリンピック選手などでもそうですが、

 

 

最初は手の届く目標を設定し、

次から次へクリアして行ったおかげで、

最後はオリンピックという、最高のステージに立てたわけです。

 

 

まずは目の前の、具体的に達成可能で

現実的な目標からクリアしていくのが得策と言えます。

 

 

6、好きな事、やりたい事を我慢し作業に当てる。

 

本業が忙しくて、

子供との約束があって、

などと、出来ない理由、出来なかった理由を

言い訳にする人がいますが、

 

 

忙しいという人に限って、飲みに行ったり

テレビを何時間もみていたりする事があります。

 

 

1日たった5分の作業で、

ワンクリックするだけで、

などというビジネスは存在しないと考えてください。

 

 

よっぽど稼いでから、そういうシステムを構築した。

というレベルの人なら別ですが、

初心者がビジネスで稼ぐためには、

最初は、寝る間も惜しんで頑張るしかないのです。

 

 

ここを勘違いしてしまうと、

訳の分からない詐欺ビジネスに捕まってしまう事になります。

 

 

なので、楽に稼げるビジネスなど存在しない!

と自分に言い聞かせ、普段のやりたい事を我慢して、

自分のビジネスに費やす時間を確保しなければなりません。

 

 

それほど簡単に稼げるものは世の中に存在しない。

と常に考え、目標を達成するまで「全てを断つ!」

 

と思い切って新しい事を始めようという気持ちを現実にしないと

自らの生活を変えることは出来ません。

 

 

6、まとめ

 

カメラ転売は、詐欺などではなく、

実際に稼いでいる人が大勢います。

 

しかしそれと同時にうまくいかずにやめていく人も多く存在します。

 

 

どんなビジネスでも、取り組むには必ずリスクがあります。

 

 

全くリスクがありません!などと言われたら、

それは詐欺だと思ってください。

 

 

また、ことさらに、

リスクばかりを取り上げているサイトや動画もありますが、

それは、アフィリエイトが目的だったり、

炎上で集客をしようとする意図がある場合も多いのです。

 

 

ビジネスに取り組む場合は、

一度決心して始めたのなら覚悟を決めて、

最後までやりきる。という気持ちが重要です。

 

 

 

そして、他責、他力本願をせずに、

全て、事故の責任で行うというマインドも必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP