カメラ転売の、リアル店舗仕入れとは?

こんにちは、神谷です!

 

リアル店舗のリサーチと仕入れについて書いてみたいと思います。

はっきり言って、店舗ばかりで利益を出そうとすると、結構大変です。

一つの場所に全てが揃っているわけではないので、仕入れには、そこそこ時間と労力を使います。

なので、仕入れはヤフオクやメルカリをメインにした方が、効率は良いです。

しかし、店舗でも仕入れをする理由があります。

目次

1、店舗仕入れのリスクヘッジ

1−1、店舗のでの値段は?仕入れに向いている?

1−2、何故?店舗によって価格差がある理由。

1−3、店舗毎の仕入れ時を意識する。

2、店舗仕入れに行く場合の注意点。

2−1、ルートマップを作る。

2−2、店舗仕入れが儲かる商品とは?

3、ネット仕入れとの併用。

4、まとめ、店舗仕入れをする理由

 

 

1、店舗仕入れのリスクヘッジ

1−1、店舗のでの値段は?仕入れに向いている?

 

転売で仕入れられる時の条件は、やはり、

自分のリサーチの量はもちろんですが、

 

 

自分の仕入先が、どのようにリサーチをし、

値段を決定しているかで、大きく違ってくると思います。

店舗の傾向により、違いもあるという事です。

 

 

店舗仕入れを通常行なっていると、

利益取れる商品を探すために、かなり彷徨わなければ

ならなくなりますよね?

 

 

店舗では、市場の相場で売られているものがほとんどなので、

その中で利益出る商品を探すのは、なかなかの労働です。

 

 

ただ、場合によっては驚くほど安い値段で

カメラやレンズが販売されていることもあります。

ちょっと何か問題があるのかな?って疑ってしまうほどの、

そんな価格で販売されている場合もあるという事です。

 

ですが、探すにはかなりの労力も必要ですし、

必ず仕入れられるとも限りません。

 

 

私の経験上、店舗で仕入れたものの中でも

5万を超えるような利益の商品は、フィルム系が多いという印象です。

しかも、Aランク品などかなり外観が綺麗な商品の方が、

更に高く販売出来た。ということが多いです。

 

 

どちらかというと。良いものを更に高く売る。

という販売方法です。

 

 

なので、高額利益を得るために、店舗仕入れは外せない。

という事です。

 

 

店舗なので、そのまま商品を見せてもらえ、検品までできるので

そのまま、持って帰れば、即出品できるのでメリットもあります。

 

どれだけ頻繁に店舗に通うか、

またどれだけ、リサーチをしたかで仕入れられるか

仕入れられないかが決まってきます。

 

1−2、何故?店舗によって価格差がある理由。

 

店舗によって、出品されている価格というのはまちまちです。

ではなぜそういうことが起きるのでしょうか?

 

新品を販売している店舗なら、販売価格はほぼ決まっていますが、

中古は、店舗が元々一般の方々から安く買い叩いているので、

結構安い値段で売ってもかなり利益が出るのです。

 

 

どんな店員さんが価格を決めるかで、全然値段が違ってきます。

店員さんのリサーチが正確かどうかです。

出品する場合もリサーチが重要というわけです。

 

 

店員さんのリサーチ力が優秀であればあるほど

より、その店舗の売り上げは上がると思います。

 

それは、

高い価格で置いたとしても、

売れなければ意味がないという理由からです。

 

高い価格ばかりの店は、売れない商品を

いつかは、販売するために、価格を下げる事が考えられます。

 

 

ちょうど売れ安い、ドンピシャの相場で置いている方が

回転率も上がって、結局儲かると思います。

 

これは、ヤフオクや、ネットで販売する場合も同じですよね?

 

なので、特にリサイクルショップなどの場合、

価格の付け方を店長に一任していることが多く、

そこで、価格差が生まれるという訳です。

 

 

 

 

1−3、店舗毎の仕入れ時を意識する。

 

大手カメラの販売店でも、査定した店員さんの違いで

値段の付け方微妙に変わってきます。

 

 

一般のリサイクルショップなどでも、

店舗毎、または販売店毎で、販売価格にバラつきありますよね。

物凄く高かったり、安かったりする場合もあります。

 

 

相場に近い価格で、バラつきが無い店は、店員さんのリサーチ

しっかりしているんでしょうね。そういう店舗は手強いです。

なかなか仕入れ対象がない上、一般の方が丁度買うような

ドンピシャ相場の価格で販売している場合が多いのです。

 

 

こういう場合、その店舗が都市部にある場合は、

あまり仕入れ対象が見つからなかったりします。

 

 

店舗に仕入れに行った時に、

この前は安いものがあったのに、今回は全くない。

 

 

この店は高いと決めつけていたのに、今回は仕入れられた。

ということを経験したことはありませんか?

 

 

そういう場合、在庫期間が長くなったため、

値下げして販売しているという事が考えられます。

その場合に、商品の置かれていた場所や、時間帯、日付などを

記録しておくと、店舗毎の仕入れのタイミングが把握できます。

 

 

できれば、店長や、責任者の方から情報を得るようにします。

時にはいつ頃に値段を下げる。

などの情報が、得られる場合があります。

 

 

市場の価格にバラつきのある時は、相場って見極めにくいので。

相場に開きのある商品は、特に店舗によって販売価格はマチマチです。

 

 

商品の値段の付け方が、高かったりやすかったりの店舗を見つけたら、

仕入れられた時間帯や、日付、置かれていた場所などを記録し、

確実にマークしておくべきです。

 

 

特に中古カメラは、どこにお宝が潜んでいるかわかりません。

実際に宝探しをしていると思えば良いでしょう。

 

2、店舗仕入れに行く場合の注意点。

ここからは、店舗仕入れを効率よく行うための注意点を

お話しして行きます。

 

店舗はどうしても移動時間があるので、

仕入れに時間がかかってしまう事は避けられません。

 

住んでいる場所や交通事情にも左右されます。

出来るだけ無駄なく仕入れを行うには

どうすれば良いのでしょうか?

2−1、ルートマップを作る。

 

まず店舗仕入れに行く場合、あらかじめ

回る店舗は、地図上で飛び飛びにならないよう、

ルートを何種類か選んで決めます。

 

商品が入荷される時間や、陳列される時間が把握できている場合は

それを元に、何パターンか作成していく感じです。

 

 

都市部の場合は、ほぼ毎日行っても入れ替わりがありますが、

地方の場合は、1週間に1回程度が適当な場合もあります。

 

 

訪れる頻度は住むエリアによってマチマチです。

 

 

新しい店舗を開拓する時も、あらかじめルートや、

その店舗の情報を調べて、無駄なく動けるようにします。

2−2、店舗仕入れが儲かる商品とは?

店舗での仕入れで儲かる商品、

若干店舗仕入れで儲けるのが難しい商品、

などが存在します。

 

住む地方や場所によっても差はあると思いますが、

私の感想としてお話ししていきます。

 

以下に紹介するのは、私が比較的店舗で仕入れてよかった。

また仕入れたいと思う商品です。

 

1、フィルムカメラ、オールドレンズ。

デジタルの物に比べ、ニーズは少ないですが、

その分、探しているマニアが存在します。

 

そして状態が良い物ならば、価格に天井がないのでは?

と思ってしまうほどの値段で売る事ができます。

 

そういうフィルム系の商品は店舗でかなり状態の良い物を

仕入れられる時があります。

 

2、ウェアラブルカメラ

 

 

最近流行りのGoproなどのウェアラブルカメラです。

こちらは、新品よりも、中古がオススメです。

 

中古の狙い目は、付属品が多数ついている物が

特に儲かります。付いていないものよりも高額で落札されます。

 

付属品が多数ついていても、値段がほとんど、ついていない物と

変わらないものが多いです。

 

なので、店舗で仕入れるときは、状態確認と同時に

付属品も確認した方が良いです。

ジンバルなども、同様に店舗のものはお得なことが多いです。

 

3、レンズキット、ダブルズームキット。

 

 

まとめて安く販売されている場合がたまにあり、

また、それをバラして販売しても利益出る場合があります。

 

最近は、ミラーレスもこのパターンで利益出る場合が多いです。

 

4、コンパクトデジタルカメラ

 

コンデジ系は、カメラ転売を始めて間もない方が

非常に仕入れしやすい商品です。

 

 

しかし、最近はスマホの性能が上がってきたこともあり、

ちょっと人気は下降気味です。人気、不人気もはっきりしています。

 

 

できれば、ネオ1眼や、360度カメラのような

特徴ある機種、高性能な機種が売りやすく利益も出やすいです。

 

 

タムロン、シグマなどの互換レンズ

CanonのLレンズや、Nikonのナノクリのレンズなどは、

値段のつけ方が厳しい場合が多いですが、

サードパーティ製のレンズは、比較的仕入れやすいものが多く、

そこそこ人気もあります。

 

状態の良いものが高確率で見つかる事も多いです。

 

 

6、三脚、ストラップなどの備品。

 

意外に盲点ではありますが、三脚はなかなか利益が出ます。

しかも1万円以上の利益は平気で出たりします。

 

同時にストラップも良いです。

特にNikonやCanonから出ている、

レアなプロストラップが良い感じです。

こちらも1万円以上の利益となる事も多いです。

 

普通にショーケースの中に入っていたり、

三脚に至っては、雑に並べられていたりします。

 

 

 

7、全てのCランク品

 

Cランク品というと、普通は見る気も起きませんが、

店舗で販売されているCランク品は、

非常に良いものが多いのです。

 

ある1点の不具合を除けば、全く問題がなく

それ自体非常に美品であると言った場合です。

 

 

必ずしも、全てのCランク品が儲かるわけではありませんが、

かなりの高確率で、利益取れる事は間違いありません。

 

 

以上が私の経験上の、店舗で利益取りやすかった商品です。

 

3、ネット仕入れとの併用。

 

店舗で仕入れにくい商品は、ヤフオクやメルカリなどの

ネットで仕入れる事ができます。

 

主に、一般の素人出品者が狙い目となります。

特に店舗では仕入れにくい、大手メーカーの高級レンズや

高級カメラなどは、こちらを狙っていくようにします。

 

 

欠点は、みるまで状態が把握できなければならない事と、

届くまでに少しタイムラグがある事です。

 

 

また、商品の検品は必ずした方が良いので、

最低限、検品の知識は必要になってきます。

 

 

店舗に比べて、移動したりする時間や、

経費もかからないので、メインはやはりネット仕入れに

なっていくと思います。

 

4、まとめ、店舗仕入れをする理由

 

 

中古カメラ店では、ほぼほぼランクで価格がきめられている

人気カメラや、レンズは、利益を大幅に取れる商品を、

なかなか仕入れるのが難しいです。

 

 

そういう商品を仕入れる事ができるのが、

リサイクルショップや、ヤフオク、フリマサイトだと思います。

 

 

もちろんカメラ専門店の利点は、商品が確実だという事ですが、

利益もそれほど望めない事も多いです。

 

 

しかし、高額な利益が出る商品も

カメラ店でもでてきますので、

一概にカメラ専門店がダメという話しではありません。

 

 

実は、私は、今まで一番儲けさせてもらっているのは

カメラ専門店でもあります。

 

私個人的には、店舗仕入れは、稼ぐためにも外せないと言えます。

 

 

実は、店舗に通うことによって、

関係性を気づけたことで得られた事もあります。

 

 

メインはネット仕入れを行いながらも、

会社の営業のような感覚で、店舗にはちょくちょく顔を出す。

そいうスタンスで行うというのが効率的に思えます。

 

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP