付属品のないカメラは仕入れ対象か?

こんにちは、神谷です。

カメラは、今では、デジタルカメラが主流です。なので、バッテリーや充電器がなければ、全く機能しません。ジャンク品扱いとなってしまいます!ではそういったカメラだけのものを仕入れるのはダメなのでしょうか?

答えは?全然できます!むしろ仕入れましょう!です!しかも上手くやれば、なかなかの利益となります。今回は、そんな例をあげてみます。

 

付属品なしカメラはどういう扱い?

付属品といっても、例えば、CDや充電するためにUSBケーブルが必要ない場合には、それらが付いていないとしても、それほど価格に影響する事なく販売できます。取り扱い説明書も、付いていないと嫌がる方もありますが、基本的に、ネットからPDFをダウンロードできる事を知ってる方も多いので、それほど影響はないです。

箱に関しては、あるのとないのでは価格に違いがあります。これは、箱ありの方が大事に使われている印象を与えるからだと思いますが、代わりに、付属品として、バッグやSDカードなどをつける事でかなり補うことができます。

もっとも価格に影響する付属品は、バッテリーと充電器です。この二つがどちらかないだけで、カメラはジャンク扱いとなります。

 

付属品がない場合の販売相場は?

バッテリーと充電器(元々付いていないものもある)がなければ、やはり、相場は通常の付属品のある場合の半額ほどになってしまいます。

なので、そのまま売ると仮定して半額で利益が出るように仕入れる感じです。この価格は状態、機種によっても変わります。

 

仕入れ対象の商品とは?

全てのカメラで、バッテリーなしの物は安く販売されています。稀にバッテリーが無いというだけですこぶる状態の良いものもあります。こういうものは積極的に仕入れたいところです!充電器がない、充電できない商品の中には、元々、充電器が付属していない物があったり、USBケーブルがあれば充電できるカメラもあります。

 

仕入先はどこ?

店舗や、ネットでも仕入れられます。特に店舗は、こういう商品をあまり店頭に出したく無いため、早く売りたがる傾向があり、安く仕入れることができます。ヤフオクでも「本体のみ」「付属品なし」などで検索すると、かなり商品が表示されます。中には仕入れ対象も出てきます。

 

付属品なしカメラを仕入れる際の注意点とは?

気をつけなければならないのは、バッテリーがないために、動作確認ができないので、それを理由にネットなどでは、わざと故障した商品が販売されている場合もあるということです。これは届いてみなければ、わかりません。本当にジャンクかもしれません。その辺りは気をつけなければなりません。

出品者の評価や、出品者が返品を受け付けるかどうかも確認しながら仕入れると良いでしょう。

 

付属品を調達するには?

基本的に、アマゾンなどでは、常に互換品(純正でない物)は安く販売されています。なので、互換品ならばいつでも仕入れが可能です。ただ、純正と同じ相場では売ることができない。と思っておいてください。

メルカリ、ヤフオクで、中古の純正品を安く仕入れることができる場合もあります。これが、たまたまあれば、非常にラッキーです。もしくは、ボディを仕入れた時に複数バッテリーが付いている場合もあります。そういうものも利用できます。

カメラのキタムラネット中古の中から、ボディを探し、バッテリーが複数付いているようなものを探しても見つかる場合があります。機種が違っても、バッテリーやチャージャーが共通。という場合も結構あるので、在庫を確認してもい良いでしょう。

 

 

事例

カメラのキタムラ店舗とメルカリの組み合わせで成功した事例を紹介します。

 

うまく仕入れられれば、綺麗な状態の商品をかなり安く入手できる場合があるという例です。

 

4、まとめ

重要な付属品がないとうだけで物凄く状態の良い商品にも関わらずスルーしてしまう方もいるのですが、付属品が有る無しに関わらず、その状態毎の相場を確認しながら

仕入れ対象にしていくのが良いと思います。ジャンクにはジャンクの相場が存在するように付属品が無いものは、無いもので相場が存在するというのもまた事実です。案外、こういう商品の方が仕入れはし易いです。しかも意外と利益も良いのです。

 

例えば、よくいく店舗だと、聞いて見ればあるかもしれませんし、そいう物を頻繁に仕入れしていると、入荷したら知らせてくれたりもします。コンディションの違いによりそれぞれの相場を確認しながら仕入れを行うと仕入れ対象が増えますし、利益も上がります。

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP