宅建は稼げない?しかし今後に活かせた大きな事とは?

今までの自分を変えたい、これから、今の仕事以外で収入の柱を増やしたい。

こう考えた時に、自分の中で色々とキャッシュポイントを考えるわけですが、

そもそも、子供の頃から受験に合格するための勉強法は習ったりしますが、

お金の稼ぎ方、増やし方というのは、一度も習ったことはないので、

いざお金を稼ぐ方法を考えた場合に、何も思い浮かばないわけです。

 

 

それこそ、最善の策は良い会社に就職するか、公務員になる。ということくらいではないでしょうか?

それ以外に考えることは何かの資格をとってみよう。とかです。

 

 

資格を取得するのは、今自分自身がその資格が必要な業務についていて、必要に迫られて資格を取得しなければならない状態になったのか、

それとも、これからやろうとしている事業にその資格が必要なのかが理由であり、それがあるからこそ資格があって始めて意味のあることになるわけです。

 

しかし、それでも必ず稼げるかどうか?というと、それはまた全く別問題なわけです。

 

 

なのに、「資格があればなんとかなりそう、人生変わるはず」という漠然とした理由だけで資格をとるのは、

稼ぐという目的を前提にした場合には、ほぼ無策である場合が多く、資格勉強をすることで、

「何かをやってる感」が出て安心できているというのが一番の理由ではないでしょうか?

 

 

しかし実際は、稼ぎに対し、朧げな期待を抱いている事とあまり違いはありません。

稼げるかどうかということに関しては、全くの未知数だからです。

 

 

自分にもできると気づけたのは資格勉強があったから

 

 

私も、もちろん、「何とかして稼ぎたい、変わりたい」という不明確なイメージから、資格を取ることを思いつき、資格勉強に取り組んだ、無策な人間の一人です。

稼ぐことに対し、その具体的な行動や道筋が全く明確になっていなかったわけです。

実際、自分がこれからやることに対して必要な資格を取るというよりも、現実に短期間で取得できる可能性のある資格を取ろうとしていました。

その資格が今までに経験のある職業の資格かどうかではなく、まず取れそうな資格を目指したというわけです。

 

 

試験勉強を始めて合格するまでは、自分でも驚くほどものすごいモチベーションがありました。

これに合格しなければ、人生が終わってしまう。くらいに考えて取り組んでいました。

 

 

朝4時代に起き、返ってくるのも夜の9時を回るような、肉体労働に従事していた自分に

最初は試験のための勉強時間があるのかどうかが心配でしたが、これは正直自分でも、

建設現場で働きながら、宅地建物取引士という資格に合格出来たことにまず驚きました。

 

 

この時ばかりは、達成感でいっぱいで、その後のビジネスの事など何にも考えてませんでしたが、

やり方次第ではどんな人間でも、目標を達成することができる事を知りました。これは非常に良い経験でした。

 

 

基準値さえ理解して、試験までの日程を逆算してスケジュールを組めば、目標は達成できます。

 

 

宅建試験の問題は毎年必ず、超難解で解読不可能な難問も何題か出題されるのですが、

そんなものはスルーすれば良いのです。

 

 

まともに戦える相手とだけ戦いをする。そして、そんな相手なら100%倒す!

そんな気持ちで取り組んだだけでした。要するに、100点満点を狙いに行かない。

狙うのは、あくまで合格点です。

 

 

試験前残りの1、2ヶ月は、時間を測りながらの模擬試験と復習の連続。

そして、隙間時間の利用だけで1日に2、3時間以上も時間を作る方法。

これら全て、通信教育の教材に書かれていました。有名な、某◯ー◯ャンではありません。念の為・・・・

 

 

確か、教材全てで5、6万だったと思います。これは本当に素晴らしかったと思ったんですね。

資格を、今はビジネスには繋げられておりませんが、自分のなかで、試験合格以外で得られた物が

とてつもなく大きかった訳です。

 

 

通信教育なめてはいけません。

 

 

統計に寄れば、宅建試験の合格者は、スクールに通う人よりも、通信教育で学んだ人の方が多いようです。

スクールは、入ってしまえば、逆にその事で満足してしまって、多分、合格させて貰えるだろうと

思い込んでしまうのでしょうか?これは転売の塾も同じですね。スクールに行く時しか、勉強しなかったりだとか。

 

これは宅建資格を受けた方の場合に関して言えばなので、またそれ以上難しい資格、

例えば司法書士や中小企業管理士などになればまた話しは違ってきますが・・・・・・・

 

価格も、スクールだと一般的に通信教育の10倍くらいします。

受講する資格のレベルにもやろますが、最初から闇雲に、こんなスクールにお金を払ってしまうなんて本当に勿体無いです。

まず、忙しいと思い込んでいても工夫次第で2〜3時間の時間を作れるという事は十分に可能なのです。

 

 

目標設定、

逆算スケジュール、

基準値設定、

 

 

この3つを行えば、世の中の目標や夢は殆ど叶うのではないかと気が付いてしまったのです。

不動産業というビジネスには結びついておりませんが、ネットビジネスに置いて、この気づきは大いに役立っているのです。

 

ノウハウ以上に重要なこととは?

 

その後私はネットビジネスと出会い、カメラ転売を始めましたが、最初の頃は

一発でガッツリ稼げるようなノウハウを探し求めてしまうわけですが、

もちろん、ある程度のノウハウは必要ではありますがそれよりも、もっと重要なことが、

 

数値のはっきりした目標設定であり、逆算スケジュール、基準値だったわけです。

 

これは、試験合格のためだけではなく、ビジネス全てにおいても当てはまる事ではないでしょうか?

目標を定め、スケジュールを組んだからこそ、その日までの行動基準が明確になり、その日、1日ごとのタスクが出来上がるわけです。

これがなければ、私も試験に合格することはありませんでしたし、またカメラ転売で成功する事もなかったでしょう。

 

 

物事を実現するには、達成可能な目標を立てて、月、週、その日にこなさなければならない事を明確にし

積み重ねていってこそ達成できるものなのです。

 

 

何かを達成するためにはノウハウの占める割合は非常に少ないと思うのです。

 

 

私が、資格試験を合格するために行ったことは、インプットする時間以上にアウトプットする時間を確保したことと

やるべきことと、やらない事をはっきりと明確にし、それをスケジュールに組み込んでいったという事でした。

これがその後の転売のビジネスでも全く同じことが当てはまったわけです。

 

もっとも重要なのは、目標に向かってやりきるという強い意志と行動だけです。ノウハウではないということです。

 

 

 

まとめ

 

 

資格を取得するのは、その後に行う予定のビジネスで、必ず必要なものなら取得すべきですが、

もしも、何もする事を決めていなくて、ただなんとなく、資格があれば人生が変わるのでは?

と考えている場合は、ものすごく遠回りをしてしまっている可能性があります。

 

 

資格だけで、稼げるなんていうことはほぼありえないことです。

もし稼ぐのが目的ならば、実際にビジネスを自分で始め、本業の合間に勉強に費やす時間を、ビジネスに当てた方が絶対に稼げるようになります。

 

 

試験を受けることは悪い事ではなく、人生において大いに得るものもありますが、

いち早く稼ごうと思うのなら、資格を取得するよりも、稼げるビジネスに一から取り組んだ方が絶対に良いはずです。

資格がなくても始められ、稼げるビジネスならいくらでもあるからです。

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

 

 

 

 

Kamiya Ryotaro転売、FX、その他気になるニュースを自身の体験を元に発信する元鳶職人。

投稿者の過去記事

今まで自分が取り組んできて、成果出たこと、うまくいかなかったことなどをブログで紹介していきます。
日本が大好きなので時々そういった内容の記事も書くことがあります。
日本人として当たり前だと感じることも書いたりします。

今では、FXや転売などの情報商材のからくりもよくわかるようになり、それぞれのノウハウやビジネスに、どれくらいの資金が必要か、実際どれくらい稼げるものなのか?ビミョーなのかどうなのかが、かなり理解できるようになって来ました。

実際にどれくらいやれば利益出るのか、やらないほうが良い場合、などをできる限りお伝えしていきたいと思います。

コメント

  1. ランキングから来ました。。

    目標設定、
    逆算スケジュール、
    基準値設定。

    ありがとうございました。
    勉強になりました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP