転売、日々を綴る。永遠に葬ってしまった家族との思い出!

こんにちは、神谷です!

 

 

私は、鳶職人をしていた過去があり、

当時は、朝の早くから、夜遅くまで

四六時中働き、週末や帰宅後は

クタクタに疲れていました。

 

 

36時間ぶっ続けで仕事をしたこともありました。

もちろん、命に関わる仕事ですし、かなりハイリスクでした。

 

 

そんなこともあり、

 

当時の自分は、

俺は、頑張っている!

俺が家族を支えてやっている!

 

 

なんていう、横柄な気持ちもあったのかも

しれません。

 

 

建築職人の世界では、

ギャンブルや、キャバクラに行ったりするのが

好きな人間が多いです。

 

 

しかし、私は、ギャンブルもせず

キャバクラにも行きませんでした。

 

 

趣味として、釣りをするくらいです。

 

 

仕事はそこそこ忙しくしていたので、

自分の中では、稼げていると思っておりました。

 

 

奥さんに、売り上げは全て渡し、

やりくりを任せていたのです。

 

 

今思えば、この辺りも経営者として失格でした。

 

 

そしてある日突然、奥さんに離婚を告げられました!

 

 

借金ができすぎて、もうやりくりが

限界である事。

 

 

子育てに協力してくれない事・・・・

 

 

「なんでそんなに借金できてるんや」

 

「仕事も忙しかったし、頑張ってたやろ・・・」

 

と私。

 

しかし、元奥さんは、、、、

『自分で頑張ってるつもりか知らんけど

そんなん関係ないねん!』

 

 

なんのことかすら、理解不能の私。

あまりの急な告白に、

ショックと、動揺のあまり、

 

 

「頑張ってきたやろ・・・」のみしか、

もはや、言葉が出てこない(笑)

 

 

 

『もう限界やねん!私、淀川に突っ込んで死のうかと思ったわ・・・』

 

 

 

小遣いもほとんどもらわずに、

働いてきただけに衝撃は大きかったわけです。

 

 

頑張って仕事をしていたのに、借金しかできていなかったと知って

かなりショックでした。

 

 

まさか、このストイックな生活が

全く無意味で、クソの役にも立立っていなかったとは!

 

 

そして、自分は男として、家族も養えないのか。

という情けなさが、私を完全に打ちのめしました!

 

 

結果が全て。

 

 

たとえ、自分がいくら頑張っていると思っていたとしても、

結果としてそれが良くなってなければダメだという事でしょう。

 

 

この場合、奥さんが、賢く倹約家だとか

ひどく浪費家、やりくり下手だとかは関係なく、

 

 

たとえ、浪費家の奥さんだったとしても、

それに答えるだけ稼げないのが悪いわけです。

 

 

誰からも文句が出ないくらい稼ぎまくればいいわけですからね。

 

 

お前が悪い、あんたが悪いなどと言ってる時点で、

もうダサダサなんです。

 

 

単純にそれ以上稼げば良いだけです。

この時は、そんな考えすら起きませんでした。

 

 

自分は、悪くない!間違っていない!

過去を振り返ってみて、

自分の中からそんな証拠を絞り出すことに必死だったわけです。

 

 

「いやそれでも、こう見えてめちゃめちゃ頑張ってたんやぞ」

元奥さんの、今までの苦しみストーリーの

波状攻撃に、苦し紛れに放った言葉でした。

 

 

そして、その後

いまでも忘れることができない。

元奥さんの、トドメの一言が、

私を突き刺します!

 

『・・・・だから何?』

 

日も明けきらない早朝、霜が降りた鉄材を積み込み、

雨に打たれても、強烈な日差しで溶けるほど焼かれても

 

 

それでも、今まで家族のためと、必死になってた自分。

 

 

それが、、、『だから何?・・・・』の一言で片付けられてしまいました。

 

 

 

しばらく、悔しさとやるせなさで、

眠れぬ夜を過ごしました。

 

 

間違いでした!

 

 

全て方向性が間違っていたのです!

 

 

稼ぐためにフォーカスする事の方向性が・・・・

 

 

時間を切り売りする事、体を使う事でしか、

お金を稼ぐすべを思いつかなかったのです。

 

 

今の自分の稼ぎや生活を変えたいのならば、

 

 

自分ができる事、やってきた事の量を増やすよりも、

できない事、知らない事にフォーカスし

柔軟に取り組むべきでした。

 

 

 

【胡散臭そう。】という固定観念だけで

よく調べもせずに、多くのチャンスを

これまで、ずっと逃してきていた訳です。

 

誰でも取り組めるネットビジネスの存在。

カメラ転売の取り組み易さ・・・・

 

 

学歴皆無でも受験できる国家資格よりも

実は、稼ぐのは簡単です。

 

 

 

もっと早くから気づいていれば、こんなに破滅的な事に

ならずに済んだかもしれません。

 

 

 

自分は、誰一人として、幸せにすることが

できない人間なのかと、しばらく悩み続けた時期もありました。

 

 

しかし何かを変えようとしなければ

何も変わらない事が、身に沁みてわかりました。

 

そして今。

 

人生をリセットする為に家も売りました!

 

 

これは本当にキツい断捨離でした!

 

 

隠していても仕方がないので正直に言います!

 

 

いまだに、強烈なネガティブワールドに引き戻される事もあります。

 

 

そうなんです、子供達のことや、

過去の良い思い出までも消去してしまった自分に

猛烈な後悔と反省が襲ってきます。

 

 

永遠に葬ってしまった、家族との思い出。

そこまでする必要があったのかと、日々自分に問いかけてしまいます。

 

 

しかし、とある方が、

日本人の98%がネガティブ思考だ。といっていました。

 

 

日本人は、幸せ思考を本来持っていないという事なんです。

 

 

それを聞き、納得すると同時に、

今からまた新たに人生を取り戻せば良いだけの事。と、

今は、考えられるようになってきました。

 

 

幸せ思考というのは、

おそらく、過去や未来に左右されない事だと思います。

 

 

つまり、今に全力投球する事です。

そして思いっきり自分が楽しむ事。

 

 

 

所詮ネガテイブ思考しかできない日本人は、

過去や未来の事を想像しても、マイナスな思考しかできない。

ならば、もう今を全力で生きるしかない。という事です。

 

 

本来、ネガティブ思考しか出来ないクセに、

無理やりポジティブになろうとして、疲れてしまってる。

そんな経験あなたはありませんか?

 

 

自分の未来に、良いイメージだけを想像する。

当たり前のように言われる事ですが、

実は、できない人が日本人にはかなり多いのでは?

 

 

そもそも、文化的にそういう思考はしてこなかったからです。

 

 

いつも常に、責任追及、自己否定の文化でしたから。

 

 

マイナスになってしまうなら、

無理に想像しないほうがマシというわけです!

 

 

今を全力に。へシフトし、ネガティブは放置です。

 

私も実はネガティブな人間だと、自分で認めて

とても楽になったからです。

 

 

神谷でした。

 

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kamiya Ryotaro転売、FX、その他気になるニュースを自身の体験を元に発信する元鳶職人。

投稿者の過去記事

今まで自分が取り組んできて、成果出たこと、うまくいかなかったことなどをブログで紹介していきます。
日本が大好きなので時々そういった内容の記事も書くことがあります。
日本人として当たり前だと感じることも書いたりします。

今では、FXや転売などの情報商材のからくりもよくわかるようになり、それぞれのノウハウやビジネスに、どれくらいの資金が必要か、実際どれくらい稼げるものなのか?ビミョーなのかどうなのかが、かなり理解できるようになって来ました。

実際にどれくらいやれば利益出るのか、やらないほうが良い場合、などをできる限りお伝えしていきたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP