カメラ転売、出品の手順

こんにちは、神谷です。

カメラ転売で、高額落札を狙うには、出品している商品をカメラやレンズ、またはその関連備品で揃え、

そして、ある程度のまとまった数の出品が必要になってきます。ヤフオクで販売していくには評価の数も重要です。

効率よく販売し、在庫を回転させるには、毎日の出品も重要となります。

商品を何個か出品しただけで、放置しているだけでは、なかなか売れにくくなってしまいます。

 

カメラ転売の進め方

 

 

 

 

カメラ転売やっているとわかると思うのですが、試しに1つだけ仕入れてみて、ポツンとカメラを販売してもほとんどうまく販売出来ないものです

主な理由の一つには、カメラやレンズが、比較的高額な事もあり、買う側が、購入時にかなり慎重になる。ということが挙げられます。

 

 

1、2品、高級カメラやレンズをヤフオクで出品しても、高く販売しようとすると消費者側の食いつきがよくなく、

手応えがあまり感じられないと思います。なので、その商品が転売に良いのか悪いのかもわからないです。

ただ、他にも商品を沢山販売していれば、まだ反応は得られると思いますが、基本的に、

カメラや家電以外のジャンルと混ぜて販売しようとすると、あまり反応はよくありません。

 

 

そういう販売をされている方もみられますが、逆に、そういう出品アカウントは、仕入先として好都合となってしまいます。

新品の製品だと、比較的問題はないのですが、中古カメラとなると、専門性が求められる事が多いです。

買う側からすると、カメラやレンズのコンディションの理解や、管理はできているのか、そこが気になるところなのです。

 

販売するのも、まず信用される事が大事で、何を売るにも信用がなければ、良いお客様も見つけられません。

 

画像を増やす

 

というわけでカメラ転売を始めるには、まずはそれなりに準備が必要で、スタートラインはそこからというわけです。

ヤフオクがカメラ転売にオススメな理由は、出品に手間がかかるもの、自由度がるため、

もし売れなかった場合でも手を変え品を変え、戦略の練り直しができることです。

同じ商品の販売が多い場合には差別化して目立たせつことも容易です。

 

 

画像もデフォルトの横並びだけのものよりも、縦に画像を並べ商品説明文まで、

一気に読んでもらえるようにした方が、スマホ時代の出品には向いているように思います。

スクロールして一気に見られるように、見出しになるような出品画像を縦に並べ、

より細かい部分の画像は、ヤフオクのデフォルト部分で使用するなどすると、効果的なようです。

興味を持った方が、さらに細かい部分がわかるようにします。

 

 

私は有料ですがフォトアップなどのツールを使い画像を増やして、出品ページに追加するようにしています。

画像を増やすと言っても、それほど極端に増やすことはありません、せいぜい2、3枚程度です。

毎回撮影するアングルは決めておいて、撮影の時に迷わないようにします。時間をかけ過ぎてもよくありません。

 

 

 

面倒臭くて、料金もかかるし、大抵の出品者はやらないのですが、

デフォルトの画像以外にも、この画像を掲載すれば、売れ方もかなり違うのです。

まず、商品画像に良いものを用意しなければ、商品説明までも来てもらえません。

目を引く商品画像は最重要であるといっても過言ではありません!

 

 

でも、やらない方が多いです。なので、これらを取り入れるだけでも他の販売者との差別化が容易なのです。

高い価格で売っているセラーは、大抵、ヤフオクのデフォルト以外にも商品画像を掲載している事が多いのです。

 

 

上記のフォトアップ以外にもヤフオク出品していれば、オークファンを使うと思うのですが、

オークファンにも画像掲載ツールがあります。オークファンは、大抵、リサーチするために

プレミアム契約していると思うので、さらにフォトプラスに515円を追加で払う必要はありますが、

 

 

 

今の主流は、商品説明文を細かくするよりも画像を多く掲載する方が反応は良いようです。

ヤフオクもアプリから利用することが多くなったためと思われます。画像も4分割するよりも縦に並べる方が良いようです。

 

商品説明は手間をかけない

 

商品スペックの説明を、その商品の説明しているサイトを検索し、それをこまめにひとつ一つコピペして写し

説明文を作りあげる人もいるようですが、それはあまり意味がありません。

 

なぜかと言うと、商品のことを元々良く理解して買いに来ている人が多いからです。

なので、苦労してスペックを解説しても読まれることはほとんどありません。

ここで重要なのは、商品タイトルと状態の説明であり、スペックではないのです。

 

商品の状態説明も、主に書かなければならないのは、【外観】【光学】【動作】この3つだけです。

つまり、見た目と、レンズやファインダーなどの光学パーツの状態、そして正常に作動するかどうかの説明です。

あとは、全ての付属品の詳細を書くだけです。

 

それ以外の部分はテンプレートとして作っておき、毎回商品タイトルと状態の部分以外は触らないようにしておきます。

出来るだけ商品説明はシンプルにし、なるべく数を多く出品するようにした方が良いからです。

 

 

ノークレーム、ノーリターンは使わない

 

ネット販売で出品者の顔がわからないからと言って、ヤフオクなどでは、「返品は受け付けません」などとよく自分の言い分ばかり主張している出品者も見かけますが、

そういう出品をしていると、良いお客様には来てもらえません。本当にカメラやレンズを趣味で探している方には見向き燃されなくなり、

大抵は転売業者にたかられて終わるのが関の山です。

 

ビジネスとしてカメラ転売をしていくためには、自分自身が買い物をして、店舗に求めるような信頼性を

自分の出品アカウントでも作らなければなりません。これは逆の立場で考えれば良いということです。

 

出品する商品は、ジャンク品以外は全て返品可にしておきます。

そうすることで、消費者も安心して買い物ができるからです。

高額な商品になればなるほど、返品可の状態にしておかなければなりません。

 

返品を怖がる出品者もいますが、それ以上に販売をしていれば、1つや二つの返品は全く気にもならなくなります。

 

送料は全国一律が良い?

 

こちらに関しては、意見が別れるところですが、正直なところ全国一律にしてもあまり売り上げには影響しませんでした。

なので、料金表でややこしくするよりは、設定を全国一律(沖縄、離島、北海道は別料金)にしておいた方が、購入する側にはわかりやすいようです。

最近では、スマホで簡単に設定できるゆうパックお手軽版などを利用するのも良いかもしれません。

 

送料込みで出品する場合は、送料にまでヤフオク手数料がかかってしまうので、そこは考慮にいれておいた方が良いでしょう。

送料が別なら、商品代金にしかヤフオク手数料がかからないからです。

 

そして、梱包資材なども、できるだけまとめて購入して経費を抑え、その上で送料を設定しておいた方が良いと思います。

 

 

 

まとめ

 

カメラ転売をするなら、思い切ってまとまった商品量で出品をした方が販売がしやすいものです。

規模を、「商売」というレベルまで持っていくには、それ相当の規模の出品がいるわけなんですね。

 

 

なので、誰でも適当に取り組んで稼げるものでもありません。ある程度の覚悟が必要です。

カメラ転売で稼いでやる!という気持ちが無ければ稼ぐのが難しいビジネスだと思います。実は簡単には稼げません。

 

しかし、真剣に取り組めば、確実に成果となって返ってくるビジネスでもあり、

グレーな一時的に稼げる手法を用いないため、長く続けられる事業資産とすることもできます。

 

そもそもシンプル(差額を見つけて仕入れ、販売する)で、一人だけで始めることもできるのでその意味では良いところです。

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

 

 

Kamiya Ryotaro転売、FX、その他気になるニュースを自身の体験を元に発信する元鳶職人。

投稿者の過去記事

足場工事をやってきましたが、離婚したことを機に、新しいことに挑戦しようと、FX、せどり、カメラ転売などに取り組んできました。

今では、情報商材のからくりもよくわかるようになり、それぞれのノウハウやビジネスに、どれくらいの資金が必要か、実際どれくらい稼げるものなのか?ビミョーなのかどうなのかが、かなり理解できるようになって来ました。

実際にどれくらいやれば利益出るのか、やらないほうが良い場合、などをできる限りお伝えしていきたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP