fbpx

アマゾンFBAリチウム電池の納品方法。

こんにちは、神谷です。

アマゾンで、FBAに商品を納品する際に、危険物情報の入力を求められて戸惑ったことはありませんか?

 

法令上の遵守事項ではあるのですが、情報取得できるものと、なかなか取得できないものがあり、事実上記入な難しいと思います。実際に、全て記入しようとすれば、全く作業が進まない。と言った類のものです。

しかし、この項目の入力は今のところ簡単に回避することができます。今回はその方法についてご紹介したいと思います。

 

 

FBAとは

 

まず、アマゾンのFBAをご存知ない方もいるかもしれないので、まずはそちらからお話ししたいと思います。

 

FBAとは、フルフィルメント by Amazon【Fulfillment-By-Amazon】の略でアマゾンが商品の販売、受注、発送を委託して行うサービスで、日本各地に倉庫があり、アマゾンの大口出品契約を利用しているアマゾン出品者が利用できるサービスです。

 

  • 注文の処理、受注作業
  • 商品の発送
  • 顧客対応

これらすべてを出品者の代わりにアマゾンが代行してくれるサービスです。

フルフィルメント by Amazon(FBA)

  • FBAの仕組み
  • FBA登録の手順

購入者と出品者の双方の利益のために、Amazonのフルフィルメントのネットワークと専門知識を活用しましょう。出品者が商品をAmazonフルフィルメントセンターに納品すると、Amazonが商品をピッキング、梱包、出荷し、カスタマーサービスも提供します。

フルフィルメントby Amazonとは何ですか?出品者が商品を販売し、Amazonが発送します。

FBAを使用するメリットには以下が含まれます。

  • Amazonプライムでの配送料無料サービスを利用できます: 配送料無料サービスおよびAmazonプライムは、Amazonの購入者に好まれます。これらの配送オプションが活用可能になります。
  • 価格設定の競争力がアップします: 商品は、Amazonプライムの配送料無料サービスの対象になるため、送料を含まない価格がAmazonサイトに表示されます。
  • カスタマーサービスと返品に関する信頼性が向上します:FBA出品の商品には、フルフィルメントby Amazon(FBA)のロゴが表示され、Amazonが商品の梱包、配送、カスタマーサービス、返品を実施していることが購入者に示されます。
  • 別の販売チャンネルからの注文を出荷できます: FBAでは、Amazon以外の販売チャンネルの注文についても、Amazonフルフィルメントセンターに保管されている出品者の在庫を出荷できます。出品者は、簡単なオンラインシステムを使用して在庫を管理し、いつでもAmazonに在庫の返送を依頼できます。
  • その他: 購入者も、ギフト包装やカウントダウン形式のマケプレお急ぎ便など、今後増えていくさまざまなサービスを利用できます。

<以上アマゾンセラーセントラルより引用>

このFBAですが、もし利用しようと考える際には商品を仕入れる前に、必ず、その商品がFBA倉庫で保管可能かどうかを調べておく必要があります。出品規制の確認と同じく、こちらも確認しておく必要があります。揮発性の原料が含まれている洗剤や、コスメを仕入れはしたが、FBAに納品できなかった!ということはよくあります。

FBAを利用するのとしないのとでは、商品の売れ行きにも大きな違いが出てきます。大量に仕入れた場合は、保管する場所も含め、売り上げにも大きく違いが出てきてしまうこともあるのです。

 

 

 

危険物情報とは?

 

 

FBAではアマゾンが指定した危険物が含まれると該当した商品は、FBAに納品することができません。カメラにも使われるリチウム電池も含まれます。

FBAにカメラを納品しようとした時にこの様な情報の記入を求められます。

 

こちらは、FBAに納品する際の商品にリチウムイオン電池が含まれているという項目の

危険物が含まれるを選択した場合に、入力を要求される項目です。

 

 

 

 

 

 

 

とてもじゃ無いですが、収集仕切れない情報ばかりで、当然、要求される項目を全て埋める事はほぼ不可能と思われます。

挙句の果てには国連番号?がどうのこうの・・・・

 

 

商品メーカーのホームページを覗いても、そこまでの情報は記載されていません。カメラを扱う上でも、全く不必要な情報だからです。わからない項目を埋めずに、納品しようとしても当然、全く受けつけられません!

 

 

アマゾン、どこまで厳しいねん!!と、叫びたくなるのですが、

FBAに納品できないだけで、出品はできるので、アマゾンからの発送を諦めてしまっている場合もありますが、アマゾンのメリットはFBAを利用できるという事。

これがなければ魅力は半減してしまうのも事実です。ショッピングカートボックスの獲得率も下がってしまいます。獲得できるのとできないとでは、売り上げにも大きく差が出てきてしまいます。

 

危険物情報の回避方法とは?

 

ところが、これに関しては、ごく簡単に解決することができました。その解決方法が、簡単で笑えましたので、動画にしてみました。

 

 

今の所、この方法で全て大丈夫な様です。しかしアマゾンが急に規制をするかもしれないですが、最近はリチウムイオン電池による事故も耳にしないので大丈夫ではないかと思いますが、ゆうパックもリチウムイオン電池が入っている商品に関しては、空輸できず、陸送のみとなっているのが現状です。

何か大きな事故があれば、また厳しくなるかもしれませんが、それは実際のところなんとも言えません。

 

まとめ

 

アマゾンのFBA納品に関しては、様々な規制があるので、その辺りも確認してから、アマゾンでの販売を考えると良いと思います。FBAの納品できれば、ヤフオクで売れた商品もマルチチャネル発送を利用して、発送できるので、もし、アマゾンに大口出品アカウントを持っているのであれば利用すると便利です。

 

カメラはメーカーによって出品規制もありますが、リチウムイオン電池をしようしているデジタルカメラに関しては今のところ問題なくFBAを利用できています。

 


ネットビジネスランキング

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP