レンズ在庫の保管(カビ対策)

こんにちは、神谷です。

湿度の高い季節になるときになるのが、カメラやレンズの湿度対策ですが、カメラやレンズをすぐに販売するのであれば、それほど気にするところではないと思いますが、長期にわたる在庫や、自分の撮影機材などがあれば、カビが生えてしまわないかと気になるところではあります。ただ、常にエアコンが完備され、湿度や気温が人が快適に過ごせる環境で保管されているのであれば、それほど気にするところではないようです。しかし特に撮影機材などのように、頻繁に様々な環境で使うようなものなら、清掃などのメンテナンスや管理は重要だと思います。

 

そもそもなぜカメラやレンズにカビが生えるのか?

 

カメラ転売でも、在庫の、カメラやレンズを家に保管している時というのは、「レンズが、カビないかなぁ?」と気になる事も多いはず。ではそもそも食品でもないカメラやレンズになぜカビが生えるのでしょうか?

 

レンズやカメラを使用すると、手から出る皮脂や、埃などが付着し、カビの格好の栄養分になってしまうようです。特に日本のような湿度の高い環境でなおかつ湿度の高い夏場になると、非常にカビが育ち安い環境となってしまいます。湿度が特に高い梅雨時期は、カビにとっては素晴らしい環境だと言えるでしょう。

 

 

埃や皮脂、手垢以外にも、レンズに施されているコーティング剤などもカビの栄養分となる事もあるようです。そして、特にズームレンズのように、頻繁に鏡筒部分が動く構造のものは、埃が混入しやすく、カビも出来やすいようです。

 

カビが生えるとどうなる?

 

一旦カビが生えてしまうと、メンテナスに数万円かかる事もあり、しかも広範囲に広がったカビなどは、完全に除去することは不可能なようです。小さな埃のような小カビの状態ならば、まだ撮影にも影響は出ないようですが、それがやがて菌糸を伸ばしレンズ全体に広がってしまうと、撮影にも影響が出てしまいます。一旦カビが生えてしまうと、レンズ内の埃やゴミを栄誉にし、どんどん広がってしまうようです。あまりに広がると、他の機材にもカビが広がる事もあるようです。

 

カビは、修理に出しても完全除去するのは難しく、一旦出来てしまうとさらに広がる可能性が高いため、カビのあるレンズはユーザーにも敬遠されがちです。逆にいえば仕入れる際の価格もかなり安めの場合もありますが、状態によっては、なかなか売れないこともあります。状態を100%伝えることが不可能なネットの販売では、一歩間違えばジャンクのような状態に捉えられてしまいます。

 

場合によっては、安く仕入れられる事もありますが高くは販売出来ません。

 

 

カビ対策

 

具体的にカビが生えないようにするにはどうすれば良いのでしょうか?

 

カビは、埃や手の皮脂が原因なので、まずはしっかりと清掃してから保管する事が重要でしょう。まずは、エアダスターなどを使い、キレイに埃を飛ばします。

それから、レンズやカメラに付着した皮脂などを拭き取ります。カメラ店の店員さんに教えてもらった拭き取りに使うオススメは薬用ミューズどこでもウェットクロスです。

アルコールが含まれているので除菌効果や、清掃効果も高くレンズやカメラをキレイにすることが出来ます。

 

レンズの表面も傷つけないように、専用の布や、シートで、レンズ清掃用のスプレーを使い清掃します。

 

必ず埃や、手垢を落として保管するようにします。

 

 

カメラ、レンズの湿気対策

 

行きつけのカメラ店の店員さんも、実際に自分のレンズにカビを発生させてしまった事があると話していました。それ以来反省し、使用後はキレイに清掃してから、防湿ケースに保管するようにしているそうです。

 

そもそも、食べ物でもないのになんでカビ生えるの?と、これはカメラ転売を始めた当初の素朴な疑問を持ったものでした。カメラやレンズは、使用するたびに埃や手垢などがつき、それをブロワーで吹き飛ばしたり拭きとったりしなければ、カビの原因になってしまうのです。長期保管するような場合は出来るだけ湿度の高い環境を避け、防湿ケースなどに入れて保管することが望ましいようです。市販のカメラ用防湿ケースなどを使用するのも良いですが、どうしても在庫となると、市販の防湿ケースは小さいものです。

 

自分で在庫を保管するのならオススメは、衣装ケースなどを買ってきて、ホームセンターや100均などで、防湿剤を購入し一緒に入れておく事です。この防湿剤は湿気を吸収すれば、水がたまるので、規定の量に達する前に取り替える様にします。

 

 

 

業者に保管してもらう

 

カビは、湿度が60%以上の夏場がやはり発生しやすい模様。レンズやカメラは、できるだけ在庫にせずに、さっさと売りさばくのが良いですが、夏場に家にあれば気になるところ、あまりも多く在庫がある場合は、外注業者に保管と発送を依頼するのも手です。最近は、オークレボや、アマゾンのFBAに商品を送るという方法です。料金はかかりますが、売れた時に発送などの顧客対応もしてもらえるので、数が増えてきた場合は利用した方が楽です。

 

まとめ

 

カビは、成長するので、一旦生やしてしまうと保管条件が悪ければ。どんどん増殖して行きます。確かに小さいカビ程度ならほとんど撮影に影響は出ないのですが、カビというだけで、かなりユーザーにはネガティブな印象を与える様です。一概にカビと言っても状態は様々なわけですが、手にとって確認できない以上、ネガティブな印象は払拭できないものと思います。カビと書いただけで、ヤフオクではかなり売れ行きにも影響が出てしまいます。

 

 

在庫のカメラやレンズにはカビが生えない様に、気をつける必要があります。かなりの長期の保管ということはほとんどないと思うので、高価な防湿庫までは必要ないとは思いますが、季節によっては在庫の防湿対策は気をつけたいところです。

 

 

大事な商品が、ずさんな管理で価値を落としてしまえば、取れる利益もなくなってしまいます。規模が大きくなればなるほど、品質管理も怠らないようにしたいところです。


ネットビジネスランキング

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP