グレーとホワイト

 

 

 

Canonの白レンズって定番で人気があるのですが、

ニコンのライトグレーのレンズもすごく人気あるのですね!

あっという間に売れてしまいました!

 

オリンピックの時、報道陣のレンズの色が、白が多いか

黒が多いかで話題になるようですが、ニコンはキャノンの

白に対して、黒のイメージを強調したかったのでしょうか?

で、ライトグレーは作らなくなったと言うような事を

カメラ屋さんで聞いたような気がしますが、

真相は定かではないです。

 

しかし転売にいいのは間違いないと思います!

このレンズはDタイプで、絞りリングが付いたタイプで

状態のいいものが少なくなってきているので、

玉数も少なくなってきているのですが、見つけたらまた

仕入れたいです。

 

今回仕入れたものは、AF鳴きもなく、なかなか良いものでした。

もっと高く売っても良かった気がします。

 

カメラが好きな方はこういったレンズを見つけると

欲しくてたまらなくなるのでしょうね。

あまりカメラの趣味が無かった私には理解するのが

難しかったのですが、最近少し分かってきました。

 

 

70-200mmの大三元もライトグレーがありますが、

こちらはGタイプの物です。

 

ライトグレーがやはり人気なようで相場は高いです。

ただ、AF鳴きがあると相場はガタ落ちです。

 

状態確認はしっかりした方が良いでしょう。

 

逆に良い状態のものは結構いい値段で売れます。

 

 

F値は2.8固定の物がやはり人気です。

ズームレンズでF値通しの明るいものが良いです。

なので、F4よりは、F2.8の方が高価ですし人気もあります。

 

 

売りやすいのは、断然2.8の方だと思います。

 

 

レンズ沼という言葉もあるように、

カメラにハマった方はこのレンズを

探し求めて深みにハマって行くようです!

 

 

カメラはお金がかかる趣味ですね。

だから売る側は良いのですが・・・・・

 

 

それでは今回はこの辺で・・・

 

神谷でした。

 

 

 

 

Kamiya Ryotaro転売、FX、その他気になるニュースを自身の体験を元に発信する元鳶職人。

投稿者の過去記事

足場工事をやってきましたが、離婚したことを機に、新しいことに挑戦しようと、FX、せどり、カメラ転売などに取り組んできました。

今では、情報商材のからくりもよくわかるようになり、それぞれのノウハウやビジネスに、どれくらいの資金が必要か、実際どれくらい稼げるものなのか?ビミョーなのかどうなのかが、かなり理解できるようになって来ました。

実際にどれくらいやれば利益出るのか、やらないほうが良い場合、などをできる限りお伝えしていきたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP