利益が出ないカメラで、利益を出すためのオークファンリサーチとは?

カメラ転売では、仕入れてそのまま売っても利益が出ないカメラを、

売り方によっては利益を出せる販売方法があります。

いわゆるセット販売です。

 

 

セット販売をする事で、付属品をつけた価格以上に

利益の方が跳ね上がることがあります。

 

 

カメラ転売で、仕入れしてもなかなか売れない、

仕入れ対象がない。という場合でも、2つを1つにする。

2つ3つだったものを分ける。

 

 

などの組み合わせで、利益を生み出す事が可能なのです。

これがカメラ転売の面白いところです。

 

どんな組み合わせを作ったとしても、

著作権を侵害するような事はありません。

 

 

カメラとレンズでセットを組む

 

 

ご承知かと思いますが、通常1眼レフと呼ばれるカメラは

カメラだけでは、撮影はできません。

レンズがあってやっと撮影が可能になるのです。

 

 

なので、販売するには、やはりレンズが付いている方が

売りやすいわけです。

 

 

通常は、メーカーからキットとして指定されたレンズをつけた

カメラが販売されています。

 

 

しかし、そのレンズがない場合でも、

カメラとは別に、安価なレンズを仕入れ、

カメラと組み合わせる事が可能です。

 

 

こうして独自に組み合わせたものはキットとは呼べません。

キットは、メーカーが指定したレンズが付いていなければならないからです。

 

 

しかし、レンズセットとしてなら販売は可能なのです。

 

あらかじめ言いますが、キットとセットは別物になります。

 

キットではないものを、キットとして販売すると

クレームの原因になります。

 

 

差別化を行う

 

 

Canonというメーカーのカメラがあるとします。

しかし、このカメラメーカーは最大のメーカーであるし、

この会社の商品というのは、もっとも市場に溢れているわけです。

 

 

なので、このメーカーのもっとも一般的、

汎用的なカメラをそのまま出品すれば、

結果、売れるまで結構時間がかかります。

 

 

つまり、どういうことかといえば、

 

有名メーカーであるため、出品者も群を抜いて多いわけなのです。

 

 

というわけで、状態が良いもの、

付属品、おまけがより多いものから売れて行きます。

 

 

有名メーカーのカメラは普通に出品しても埋もれてしまうわけなんです。

 

 

もちろんこれは機種にもよります。

需要が爆発している物なら、いくらあっても

売れていくわけですが、

 

通常のノーマルなものであれば、そこそこ出品者も

多いわけなのです。

 

 

例えばこういうカメラだけを仕入れてそのまま販売しても

ほとんど利益になりません!

 

 

ほぼほぼカメラのキタムラの販売相場か

それよりも安かったりするのです。

 

 

で、カメラ転売は儲かるんだ!と信じている

全く研究心がない人はそのまま販売して

一向に売れない、赤字になった!

 

なので、種類豊富で様々なバリエーションがある

付属品と組み合わせたりして、差別化をはかるわけです。

 

 

その付属品の類で、もっとも販売しやすいのがレンズになります。

 

 

レンズを仕入れる

 

 

 

この画像の商品は、かなり派手に見えますが、

レンズの仕入れなんて、3本で1万円しないと思います!

 

もしくは、このあたりのレンズなら、

他の何かの商品とセットで、大量販売している出品者がいっぱいいるわけなんです

 

 

そういうところから仕入れたり、

 

 

それ以外には、型落ちのキットを買ってそのレンズを

より新しい方のカメラボディにつけて販売したりする事も可能です。

 

 

これがなぜ可能なのかというと、

レンズは、カメラボディと比べて、相場の下落が緩やかで、

モデルが古くなっても、カメラほど値崩れを起こさないのです。

 

 

それ以外にも元々安価なレンズも多くあり、

これらをカメラとセットにすると、

逆に価値が上がるという不思議な現象が起こります。

 

 

なので、上の画像でセットしている物は、それほど

高いレンズではないのです。

レンズセットの例

 

 

レンズを安く仕入れるのはそれほど難しくはないわけなんですね。

 

 

それ以外の付属品

 

それ以外にも、カメラの外箱がない場合などに、

カメラバッグが有効です。

 

箱がない場合は付属品があったとしても

商品画像が見劣りしてしまいます。

 

 

それに、箱があることにより、

丁寧に扱われている。という風に見られるようです。

 

 

なので、箱がないと少し反応がよくないですが、

それ程気にする事もありません。

 

 

カメラのバッグもハードオフやカメラ屋さんで

500円以内でも仕入れられます!

 

 

それ以外にも、SDカードや、クリーニングキットなども

安く仕入れられて、付属品に豊富感を出す事が可能です。

 

 

どれも、メルカリ、ヤフオク、アマゾン、または店舗などで、

安価で仕入れる事ができる物ばかりなので、

 

 

それ程仕入れるのは難しくありません。

 

 

ただ、付属品を揃えることに

時間がかかってしまう事があるのが難点です。

 

カメラを仕入れるタイミング

 

セットを組む場合、カメラボディを仕入れてから

レンズを仕入れようとする人がいますが、

通常、これは効率が悪いです。

 

 

ボディはハッキリ言って、いつでも仕入れ対象を見つけられます。

無在庫販売できる程すぐ見つかります。

 

よっぽど人気で品薄になっていない限り、

店舗やネットショップに豊富に置かれています。

 

なので、レンズと組む場合は、レンズが揃ってから仕入れても

十分間に合います。

 

 

逆に、ボディから仕入れてしまうと、

その間、ボディのみでしか出品できない状態になってしまうので、

在庫が増えてしまいます。

 

 

なので、通常はレンズを先に揃える方が効率は良いです。

 

 

まとめ

 

カメラ転売は、中古を販売するので、

出品方法に非常に自由度があります。

 

これに気がつくと、

利益出せる商品が無数にあるということが分ります。

 

 

・カメラは売れない、

・利益でない

・利益率低い

 

と言われる方は、あまりカメラ転売の自由度に気がつかない、

または知らない方が多いのです。

 

 

「私が販売しているカメラがなかなか売れないのですが、

何が悪いのでしょうか?」

 

 

という質問を受けたりもしますが、

 

 

そういう場合は、「販売履歴、落札履歴を

リサーチしてみてください。」

 

 

とアドバイスすることにしています。

 

 

一回リサーチすれば、

こんな販売履歴はいくらでも出てくるわけです

 

 

リサーチを怠っては、

転売なんてうまく行くわけありません!

 

 

なので、わからなければ、真似をすれば良いのです。

モノマネが許されるのがビジネスです。

 

 

 

リサーチして仕入れてきたカメラやレンズは、

もう一回、出品するときに今度は、

売るためのリサーチをすれば良いのです。

 

 

 

そして、どうすれば、早く高く売れるかを調査するわけです。

 

 

そして、高く販売している商品があれば、

素直に、徹底的にパクれば良いだけの話です。

 

 

レンズが3個も付いているから高く売れている。

と決めつけてしまう前に、どんなレンズ、付属品が付いているか、

などを見てみると、案外、すぐに真似できる物ばかりだったりします。

 

 

情報に弱い出品者は、仕入れ対象になるだけなのです。

 

 

ヤフオク、メルカリ、その他のフリマアプリを

よく見ろ。というのはそういう事なんですね。

 

 

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP