FDレンズの絞り羽根の確認をしてみた。

今、Canonのレンズは、EFマウントが一般的です。

あとは、ミラーレスのEF-Mマウントと最近発売になった、フルサイズ使用のRマウントがあります。

Nikonのマウントはミラーレス以外のマウントなら昔から、Nikon FのFマウントが今までずっと続いてきています。

レンズのチェック方法はこちら⇩

 

なので、フィルム時代のレンズでも、普通に使えるのですが、

Canonのフィルム時代のレンズは、今のEOSシリーズが登場するまでは、

FDマウントと呼ばれるレンズで、これはつまりCanonのマニュアルフォーカスの時代のカメラのレンズは

今のカメラに、同じメーカーであるにもかかわらず、つけられないのです。このレンズを今のEOSのカメラにつけようとすると専用のアダプターが必要になります。

 

ただ、今のEFマウントは、ユーザーにはどのカメラに使えるかわかり安いのです。EOSマウントと言われていますが、

フィルムカメラ時代のものも、このマウントのものはEOSと書かれています。

 

NIkonのFマウントは、ミラーレス以外の全てのFマウントのカメラに搭載できるものの、カメラによっては、

レンズの手振れ補正などの機能が使えるもの、使えないものが、あまりにも複雑になってしまっていて、

Nikonのユーザーでさえ、かなりわかりづらいものとなっています。

 

そう考えても、長く使えるとはいえ良い面、悪い面があるようです。

 

 

FDレンズはカメラに取り付ける時もレンズを回してはめるのではなくて、

根元の銀色のリングを回して装着します。これもFDと、NEW FDでは少し使い方が違います。

 

FD、NEW FDの違い

 

FDレンズと、NEW FDレンズは、外観でもすぐに違いがわかります。

違いは見た目ですぐに判断することができます。

 

FD

レンズのマウント側の根元が銀色になっているのがFDレンズの特徴です。

 

絞りも通常は開きっぱなしになっているのもFDの特徴です。

 

 

NEW FD

 

NEW FDの場合はFDのようにレンズの根元が銀色ではなく、黒なのが特徴です。

 

NEW FDの絞りは通常閉じています。

この二つが大きな違いです。見た目が違うはっきり違うので容易に区別がつくかと思います。

 

 

 

 

FDレンズの動作確認

 

今回FDレンズの、絞り羽根のチェックの仕方を動画にしてみました。

 

 

 

通常レンズだけの状態だと絞りバネの動きが全くわかりません。

 

レンズの根元の銀色のリングに隠れている、バネみたいなのを、押すことで、リングが回り、

絞り羽根を動かせるようになります。これで羽根の動きが確認できるようになります。

 

FDレンズ特徴

 

スーパースペクトラコーティングが一般的となったもの。

スーパースペクトラコーティングを採用した事で、レンズを交換してもカラーバランスが変化しない世界初のシステムカメラとなった。

マウント今主流のバヨネット方式とは異なり、φ55mmねじ込みのスピゴット式が採用されている。

今のEOSはバヨネット式を採用していて、そのままでは今のEOSシリーズのカメラに取り付けることはできない。

 

まとめ

 

相場が違うのでFDとNEW FDの違いには気をつけたいところ。

稀ですが、EFの白レンズと間違えてFDの白いレンズを購入した人もいた。と聞きました。

 

画像はFD L300mm F2.8

今のEFの白レンズのようにLを表す、赤いリングも入っています。

まず間違えないとは思いますが、こうなると相場は大きく違いますので気をつけましょう。

 

 

Kamiya Ryotaro転売、FX、その他気になるニュースを自身の体験を元に発信する元鳶職人。

投稿者の過去記事

足場工事をやってきましたが、離婚したことを機に、新しいことに挑戦しようと、FX、せどり、カメラ転売などに取り組んできました。

今では、情報商材のからくりもよくわかるようになり、それぞれのノウハウやビジネスに、どれくらいの資金が必要か、実際どれくらい稼げるものなのか?ビミョーなのかどうなのかが、かなり理解できるようになって来ました。

実際にどれくらいやれば利益出るのか、やらないほうが良い場合、などをできる限りお伝えしていきたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP