稼ぐために必要なリサーチや評価、販売の基準値

カメラ転売で稼ぐためには、どれくらいの行動量が必要なのでしょうか?

どんなビジネスでも、「稼ぐ」という状態に至るまでには

ある程度の行動量が必要です。カメラ転売でもそれは例外ではありません。

どれだけの量をこなせば稼げるようになるか?と言う

一般的に言われている基準値をまとめてみました。

 

 

カメラ転売だけでなく、あらゆる物販で稼ぐには、

やはりまとまった量をこなす事が重要だというのは、もはや当然だと思います。

 

 

 

それをいかに手間がかからないようにして行くのか。と言うのは

利益を積み上げて行くための、当面の課題なのですが、

今回はそこに行くまでの作業量の基準について書いていきたいと思います。

 

 

 

カメラ転売で稼ぐためにこなさなければならない量とは?

 

 

ここからは、カメラ転売において重要な仕入れ、出品、販売においての

基準となる数字、行動について解説していきます。

 

 

評価の数

カメラ転売をまず始めるにあたり、

必要なのは、販売プラットフォームな訳ですが、

こちらに必要なのは、まずはまとまった評価です。

 

 

 

評価がなければカメラという精密機械は

なかなか買ってもらえません。

 

 

中古カメラを扱う上で、この評価は非常に重要であると言えます。

 

 

そして、特に重要なのは、悪い評価がないという事です。

 

 

ある意味、良い評価の数よりも重要だと言っても

過言ではないと思います。

 

 

ヤフオクで買い物をしたことはありませんか?

自分が欲しいものを見つけた時のことを思い出してみてください。

商品を確認した後、必ず行うのは、その商品をどんな出品者が出品しているか。

ということではないでしょうか?

 

 

ヤフオクは、商品でなく人で買う。と言われるほど、

入札してくる人は、出品者のことが気になっているはずなのです。

それは、カメラのように、高額商品であればあるほど気になるものです。

買う立場で考えれば、当たり前ですよね?

 

 

できれば悪い評価が一つもないアカウント、

もしくは、最低でも1%以下の悪い評価しかないものが望ましいという事です。

 

 

 

評価の数が少ない上に、悪い評価が2つ3つあったりすると

なかなか販売するのは難しいです。

 

 

 

商品の出品数

 

カメラ転売を始めたのはいいですが、

「なかなか売れません!」という人がいます。

こういう場合は大抵出品している商品の数自体がショボショボである場合がほとんどなのです。

 

 

お店に買い物に行ったとします。

色々な商品が置いてあって、毎日新商品が入荷する店と、

商品の品数も少なく、ほとんど商品の入れ替わりがない店とでは、

やはり魅力的なのは、商品数が多く、毎日新商品が入荷する店ですよね?

 

 

専門店で、毎日商品が入れ替わる店があれば、

その商品を好きな人なら、お店に訪れるのがすごく楽しみなはずです。

 

 

なので、たとえネット上のショップであるとは言え、

商品の数が多い方が、人の訪れる頻度も上がるし、滞在時間も長くなります。

 

 

ということは、それだけ商品が売れる率も高くなるし、

高額で落札される確率も上がる。ということなのです。

なので、最低でも50は商品数がなければ、満足な売り上げを立てる事ができません。

 

 

稼ぐためには、ある程度まとまった出品数もなければならないのです。

 

 

 

リサーチの数

 

カメラ転売の悩みの中で最も多いのが、

「仕入れられません。」

「仕入れ対象がなかなか見つかりません。」

というものです。

 

 

考えてみれば、これは当然のことです。

元々、店舗やネットで売られているもののほとんどは、

利益を取ろうとしているものばかりで、

転売する人に、安く仕入れて貰うものではないわけです。

 

 

 

なので、買って販売し差額のあるもの、

利益を乗せて販売できる商品を探さなければならないわけなのです。

 

 

 

 

 

 

しかし、これができるようになれば、

いつでもお金を稼げるようになり、

簡単にできないからこそ、商売として成立しているわけです。

 

 

しかし、これも最初のうちだけで、

なれてしまえば、割と簡単に仕入れ対象が見つかるようになります。

 

 

ただ、転売を初めて間もない頃は、毎日かなりの数をリサーチしなければ

仕入れ対象が見つからないのは当然であり、

そもそも、「仕入れられない」と言う人は、リサーチする数が

極端に少ない場合が多いのです。

 

 

安定して、差額のある商品を見つけられるようになるまでは

毎日200件の相場検索が必要と言われています。

その数が多いほど、より早く利益を出す事ができるようになり、

仕入れがより楽になって行くというわけです。

 

 

なので、最初は毎日この数をこなす事が重要だと言うわけです。

 

 

しかし、ヤフオクでリサーチを行えば、

この200という数も大したことではない。と気がつきます。

たとえ200リサーチしたところで、ヤフオクには

数え切れないほど商品があるからなのです。

 

 

なのでウオッチリストに商品を200ためてリサーチを繰り返せば

200件のリサーチを比較的に楽にこなす事ができるというわけです。

 

 

 

これができるようになれば、他の仕入れもものすごく楽に

できるようになるというわけです。

 

 

 

最初は、1円で出品されている物をリサーチし、

入札して行くようにしますが、なれてくると

定額で置かれているものも、仕入れ対象が見つかるようになります。

 

 

 

昼間や夜中終了になっている1円オークションも見つけられるように

なってくると、かなりの利益が見込めるようになります。

 

 

 

ヤフオク仕入れになれている人が、

メルカリ仕入れや、その他のフリマ、ネットショップの仕入れに移行するのは

ほとんど抵抗なくできるのですが、

 

 

メルカリや、その他のフリマ仕入れしかした事ない方は、

なかなかヤフオク仕入れができない。

と言う事をよく耳にします。

 

 

圧倒的な商品数を誇るヤフオク仕入れをまずマスターするのが

カメラ転売の成功の最短ルートであると言えます。

 

 

まずヤフオクで200件のリサーチを続ける事です。

 

 

1ヶ月の販売個数50以上。

 

 

カメラ転売でもう一つ重要なのは、ヤフオクでの販売を

1ヶ月で50個以上経験する事です。

 

 

この数は、カメラ転売をビジネスとしてやって行くための

最低ラインの数字だからです。

 

 

ちなみに、50の出品ではなく、50の販売です。

 

 

いくらリサーチをし、利益出る事を確認したとしても

実際に販売してみなければ、売れるかどうかわからないわけです。

 

 

カメラやレンズは、販売してみて初めて仕入れ商品リスト化できます。

 

 

実際に売った商品、売れた商品が、最も信頼できる結果です。

なので、たとえ高く仕入れた商品だとしても、

次は、その価格よりも安く仕入れれば良いと言う事がわかります。

 

 

月50以上の販売ができれば、商品の単価を変える事で

ほぼ、30万の粗利益を達成する事ができます。

 

 

 

多くの商品を販売するためには、1円オークションを使い

販売をしていきますが、決して全てを1円で捌いてしまうと言うわけではなく、

これには理由があります。

 

 

 

1ヶ月でこの販売ができるようになれば、

次の月からは、見違えるようにリサーチ、仕入れが行えるようになります。

 

 

なので、1ヶ月50個以上の販売はかなり重要な目標と言えます。

 

 

まとめ

 

 

カメラ転売で稼ぐには、これはこなさなければ!

という基準値が存在します。

 

 

まずはそれらをいかにしてこなすか。

ということに重点をおいても良いと思います。

 

 

私も、初月の利益自体は大したことありませんでしたが、

まずは、目標である50個の販売は、達成する事ができました。

 

 

この数字をこなせたせいか、2ヶ月目からは

かなりの利益の商品を見つけられるようになりました!

 

 

そして、この販売履歴を得た事で、早々にリストを作成する事ができたため

外注化を早くに行う事ができました。

 

 

カメラ転売がうまく行かない。稼げない。

と言う方は、まずこれらの数字をクリアする事をオススメします!

 

 

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

 

 

Kamiya Ryotaro転売、FX、その他気になるニュースを自身の体験を元に発信する元鳶職人。

投稿者の過去記事

足場工事をやってきましたが、離婚したことを機に、新しいことに挑戦しようと、FX、せどり、カメラ転売などに取り組んできました。

今では、情報商材のからくりもよくわかるようになり、それぞれのノウハウやビジネスに、どれくらいの資金が必要か、実際どれくらい稼げるものなのか?ビミョーなのかどうなのかが、かなり理解できるようになって来ました。

実際にどれくらいやれば利益出るのか、やらないほうが良い場合、などをできる限りお伝えしていきたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP