カメラのキタムラネット中古のComing Soonを利用してみた!

カメラのキタムラネット中古が新しくなってから、非常に使いやすくなっている事がわかりました!仕入れ対象、販売価格、売れた商品の状態、これから入荷する商品まで、一目瞭然なのです。今回は、新しくなったカメラのキタムラネット中古の効果的な使い方を見て行きたいと思います。

 

キタムラネット中古新機能とは?

 

仕入れ対象を見つけることが難しい場合にメルカリの売り切れ商品を確認して、その商品をオークファンでリサーチしてみると、稼げる商品が一目でわかり、加えてどのようなコンディションで出品されて、どんな出品者が出品している商品なのかが丸わかりなので、これを見れば、メルカリでどれくらいの価格で仕入れることが可能なのか一目瞭然なわけです。

 

 

 

最近、同じようなことが、カメラのキタムラネット中古でもできるようになりました。この機能が素晴らしいのです。何が良いのかと言いますと、以前のキタムラネット中古では、一旦商品が予約されてしまうと、商品名以外は、その内容や詳細な状態を確認することが不可能だったのですが、今のキタムラでは、それを全て確認することができる上、更に、同型商品を確認すると、過去に予約された商品がSold Outとして記載されているのです!

 

つまり、すぐに予約の入る商品ほどSold Outになっている率が高く、場合によっては全てSold Outになっている事もあります。そういう商品はリサーチしてみれば仕入れ対象の人気商品であることが多く、キタムラでのおいしい価格帯がすぐにわかるのです。

Coming Soonとは?

 

加えて、同型商品一覧をクリックすると、これからアップされる予定の商品まで、Coming Soonとして表示されるようになりました!

キタムラネット中古のQ&Aに

ComingSoonは、お客さまより買取したばかりで販売準備中の商品と、買取後の商品化のために修理・点検の工程にある商品です。

1週間~1か月程度でご予約可能となります。お待ちください。

とありました。買取したばかりで、商品として販売されるまでもうしばらく時間がかかる商品のようです。基本的な使い方としてはこうです。個々の商品ごとのページの中にある、同型商品一覧をクリックすると、

 

 

今の商品一覧と、すでに売れた商品、そしてComing Soonと書かれた商品があります。その商品をクリックすると、商品ページに飛びます。あらかじめ仕入れ対象が投入される事を知る事ができるわけです!

 

 

青い矢印の指し示す、商品登録の詳細はこちらをクリックします。ログインして、「お値段が変わったときにおしらせ」「中古商品が販売開始になったらおしらせ」という2つの項目のうちの「中古商品が販売開始になったらおしらせ」にチェックを入れて登録します。キタムラネット中古に、詳しくはどういう機能なのかを聞いてみました!

 

 

 

お気に入り登録しておく事で、商品の準備ができれば、1日一回メールで知らせてもらえるそうですが、これは、人気商品であれば、余計に競争率が高くなってしまうという諸刃の剣でもあります。これで先に抑えられてしまうという可能性も出てくるわけです。

 

ただ、キタムラで仕入れ対象が頻繁に出てくる商品の傾向をあらかじめ知っておいく事で、次回はすかさず予約を入れられます。以前にはできなかった、予約されてしまった商品の内容まで今は確認するができるので、仕入れ対象の絞り込みができるようになったわけです。

 

キタムラネット中古、安い商品の傾向は?

 

キタムラネット中古は高い!とほとんどリサーチしない人もいます。

確かに、Canonの白レンズやNikonのナノクリなど、メジャーどころの高級レンズは仕入れにくい傾向にありますが、この2社のものでもカメラボディに関しては、仕入れ対象が非常に多いです。レンズセットを作る時などに、レンズが揃ってからカメラのボディをキタムラネットで探せばすぐに仕入れ対象が見つかります。

 

コンパクトデジタルカメラやミラーレスも仕入れ対象が多かったりします。その他の商品。特にフィルムカメラなんかは、爆益商品も多く、非常に狙い目です。この辺りは特にA、AAランクがオススメな事もあります!よりキレイで状態の良い商品を仕入れた方が思った以上に高く売れる事があります。ただキタムラネットのライカに関して、は比較的高い傾向があります。

 

価格査定が店舗ごとにバラバラであるため、Cランクと同じ値段のAランクもあったりします!そういった事が、今のキタムラの同型商品一覧で全て調べられるというわけです!そして、商品がランクごとに表示されているのですが、通常はCからB、AB、A、AAの順に価格が高くなっていくのですが、中にはこのランクと価格が入り乱れてグチャグチャになっている商品もあります。

 

Bより安いAB、Cと同じ価格のAなどです。そういう相場がはっきりしない商品がある場合非常に仕入れ対象を見つけ安い場合があります。

今のキタムラネット中古で、仕入れ対象を探す場合には、同型商品一覧を確認するとどのような商品が予約されているのかを確認できるのでかなり便利になりました。カメラの転売初心者の方なら、まずはキタムラネット中古から始める事をオススメいたします。

 

 

転売向きの商品がどういうものかを把握する

 

 

 

転売向きの商品がどういう商品かというと、販売価格がバラバラなもの、つまり、商品価格帯が幅広いものです。販売価格帯が幅広いほど、より稼げる商品。という事なのです。キタムラネット中古では、それが売れた商品も含めて一目瞭然になったわけです!これはスゴい事です!

 

四次元的に商品の確認ができるようになったところが、私には非常にやりやすく思いました。その反面、仕入れようとした商品が、早い段階で押さえられれてしまうという可能性もより増えたわけですが、私自身、「全く仕入れする事ができない!」とは感じませんでした。

 

ただじっくりと腕を組んで考えている時間まではないですが、同型商品で、商品の傾向を調べられる事で、キタムラネット中古での仕入れ価格やランクごとの商品状態も知る事ができるので、他のネットと合わせて利用する事でかなりカメラ転売に精通できるのではないか?と思いました。

 

キタムラネット中古の効果的な利用法とは?

 

キタムラネット中古では、まず仕入れても利益でない商品と、結構な利幅のある商品が存在し、ほぼ毎回、ある程度決まった価格でてくる場合が多いです。ほぼこの商品は利益が出ない。というのを同型商品で確認できたら、仕入れ対象商品の傾向はつかめると思います。ほとんど出てこない商品に関しては、キタムラネット以外で探すようにし、他のプラットフォームと併用して利用するのが、賢いやり方ではないかと思います。

 

そして、ネットの商品を店舗で受け取りをする事によって、馴染みの店を作ってしまうとその後の仕入れが有利に働きます。ネットで競争せずに確保できる場合があるし、カメラ、レンズの知識を増やすためにも有効です。

 

店舗で受け取りすれば、検品も店舗でできてしまうというのが大きな利点でもありますし、ネット仕入れを本格化させた場合にも、そこで得られた知識を存分に活かすことが可能です。

 

 

同じ商品を多数仕入れるわけではない、中古カメラの転売は、確度の高い仕入先を増やせた方が良いに越した事はないので、一つの仕入先、仕入れ方法にこだわる必要はありませんが、鉄板の仕入先を1箇所でも確保できていれば、かなり精神的にも余裕ができると思います。

 

まとめ

 

カメラのキタムラネット中古の新しい機能は、これからカメラ転売を始めようとする方、より多くの商品を確保したい方にとっても非常に便利になったように思います。

メルカリやヤフオクと併用する事で、仕入れを増やす事もできる上、検品やレンズ、カメラの知識を覚えるためにも、まず最初は手軽に始められるカメラのキタムラネット中古の仕入れから初めて見るのも良いのではないでしょうか?

 

初心者向きな理由は

・ヤフオクなどと違い、品物の状態に安心感がある。

・最寄り店舗で受け取れば、送料がかからない。

・キャンセルができる上、保証がついている物もある。

・わからない事は聞く事ができる。

 

などの理由から、初心者に良い面が多くあります

 

かくいう私も、キタムラの店員さんと、商品受け取り時にコミュニケーションする事で、カメラやレンズの商品知識を増やし、検品方法を学べたと言っても過言ではありません。一般的に敷居が高そうに思える中古カメラ店の中でも、特に身近なカメラのキタムラネット中古を最初に利用し、稼ぎながら知識を得ていくのも悪くないと思います。

 

 

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP