転売ビジネスを始めて軌道に乗せやすい時期とは?

カメラ転売は今(4月)から始めるのが初心者にとって、最も始めやすい季節だと思います。

仕入れやすく回転の良い商品が、よく売れる季節だからです。

初心者も始めやすいのは、どこでも仕入れやすい商品が上昇傾向になり安く

仕入れが非常にしやすく感じるのです。

 

 

転売素人だった私自身も、カメラ転売を本格的に取り組み始めたのが、春から初夏にかけての季節であり、

好調に波に乗れたのも、今思えば、この時期が、カメラ転売を始めるのに非常に適した季節だったから、だと思います。

 

 

初心者が仕入れしやすいカメラとは?

 

初心者が仕入れをしやすいカメラは、コンパクトデジタルカメラなどの、

あまり、カメラマニアが買わない、若しくは、メインカメラ以外での、用途に合わせて別購入するようなカメラです。

要するに、カメラのカテゴリーの中でも、家電の部類に近い商品です。

 

こういった商品は、意外に中古カメラ店舗でも、値段の付け方が甘い場合も多く、

フリマサイトなどでも、適当な価格で投げ売りされていたりします。

なので、比較的簡単に仕入れられたりできる事も多いのです。

 

具体的にいうと、防水機能のついたコンパクトデジタルカメラや、ウェアラブルカメラ、

レンズを交換せずに高倍率の撮影を行えるカメラなどですが、

 

 

レジャーシーズンの高まりとともに売りやすくなり、相場も少し高くなる傾向があります。

 

スタートには最適だが・・・・

 

 

非常に仕入れやすく、早く売れ、利益率も良いのが、前項であげた初心者にも仕入れやすいカメラ

の特徴ですが、稼ぎとしては、ある一定以上の利益金額を大幅に超える事はあまり期待できません。

回転は良いものの、やや季節的な浮き沈みもあるのが特徴です。

 

 

もちろんラインナップに加えておく事で、回転率は上がりますが、

このような商品一辺倒になってしまうと、大きな利益を得るためにはかなりの数を

販売しなければならない傾向になり、季節的な浮き沈みも大きくなります。

 

 

なので、カメラ転売で大きく稼いでいくためには、より利益取れる商品、

1年を通して、極端な浮き沈みがあまりないような商品。を仕入れられるようになる必要があるのです。

まず仕入れのしやすいカメラで、販売の成功体験を得たあとは次に仕入れるべき商品、

当然狙うべき新たなるカテゴリーにシフトしていく必要があるのです。

 

 

季節関係なく売れる傾向にある商品とは?

 

 

確かに高回転で回せる商品は重要ですが、やや季節性がある事もあり、

商品自体の珍しさや、コレクター的価値、マニアック度合いなどが低いため、

自身の出品ページへの、最も良いお客様である、本当のカメラファンの大きなアクセスがあまり見込めない。

という欠点があります。

 

 

カメラ転売の醍醐味は、コレクター向け商品や、マニア向け商品、プロユースの機材などを

マニアや、プロのお客さんに買ってもらい、そういった方々と繋がっていく。というのが大きな魅力となります。

 

 

 

 

家電製品を販売する感覚で、カメラ転売に取り組んでしまうと、カメラ転売が持つ本来の魅力を

十分に味わうことができなくなってしまうのです。

 

 

もちろん、それはそれで、転売として成り立つのですが、

カメラ転売の魅力を100%実践できている。とは言えません。

コレクター向け商品や、マニア向け商品、プロユースの商品を販売して、高額な利益を得る。事こそが、

最終的に到達すべきカメラ転売の魅力であり、醍醐味なのです。

 

マニア向け商品にリスクはないのか?

 

 

カメラ転売の魅力を最大限に味わえる、コレクター向け商品や、マニア向け商品、プロユースの機材

などですが、このような商品ばかりを仕入れる事に、全くリスクがない訳ではありません。

こういった商品は、注目度もかなりありますが、ほとんどが高額商品ばかりです。

 

 

もちろん、資金力があれば、全く問題はないのですが、通常は仕入れるには、資金がかなり必要となります。

商品特性上、2、3日で販売できる物もあれば、売れるまでに何ヶ月もかかってしまうような商品もあるのです。

なので、現在の出品状況や、現状の相場を、より細かくリサーチして仕入れなければ、長期在庫になってしまった場合、

相当な負債を背負う事にもなりかねません。

 

 

一か八かで仕入れるのではなく、現時点でどれくらいの商品が市場に出ているか、

それに対して、どれくらいの需要があるのかも、細かく見ておく必要があります。

オークファンを使い、入札の多い順、高く売れている順、などで並べ替えをし、

リサーチの確度をあげ、仕入れをより精度の高いものにしなければなりません。

 

実際に売れている価格帯と、直近で売れた個数も調べておきます。

 

 

 

 

ヤフオクの場合、入札が多数入ってなおかつ高額で売れている物は、

かなり注目度も、人気も高い商品であり、入札数が多ければ多いほど注目されている商品であると言えます。

中には、入札数が中途半端なものもあありますが、その場合もオークション途中で即決落札された可能性もあるので

必ず確認するようにします。

 

 

同じ商品でも、中には、定額で販売されているものよりも1円スタートのオークションで販売した方が

より高額で販売されている物もあったりします。

そういう商品ならば、かなり人気、注目度、ともに高い商品という事になります。

 

 

早く、高く販売できる可能性がかなり期待できる商品だと言えます。

 

 

しかし、たとえ、入札の多いものより、入札の少ないものの方が高額で売れていたとしても、

それがダメという訳ではありません。

むしろ、1円スタートで高額販売できる事の方が、通常は稀だからです。

 

 

入札の多いものよりも少ないものが、より高額売れていて、それがいくつ売れているか?を確認し、

現状どれだけヤフオクで出品されているか、過去にどれだけ高額で販売されていて、その期間はどの程度か?

などを細かく調べる事で、高額品でも仕入れ対象か、仕入れ対象ではないか、を見極めることができます。

 

インパクトがある出品

 

もともと、数が少なくて高価格なものであればあるほど、1円スタートする事の威力は上がります。

商品の価値に対しての、現在価格のギャップによるインパクトが、やはり低価格帯の商品とは、待ったく違ってくるのです。

 

考えて見てください。

あなたが欲しくて欲しくて、ずっと探している商品があったとします。

それがたとえ、オークションだといえども、1円で販売されていたとしたらどうでしょう?

当然その商品に釘づけになりますよね?

 

それが希少性のあるものであればある程、インパクトがあり、

その時点で買い手の方もかなりテンションが上がっているはずです。

 

 

インパクトある出品の驚くべき効果とは?

 

そういうインパクトある出品をする事の効果は、自身の他の商品にも影響を及ぼします。

他の在庫にもアクセスが集まり、より早く販売できるようになるのです。

 

 

カメラ転売で、より商品を多く販売し、売り上げをあげるには、

インパクトある出品をどれだけできるか。で決まってくるのです。

 

 

この効果は、価格と商品の価値にギャップがあればあるほど高いものとなります。

低価格な商品ではそれほど効果はありません。

 

 

気をつけなければならないのは、本当にギャップある価格で売ってしまわない事です!

 

まとめ

 

コレクター向け商品や、マニア向け商品、プロユースの機材

ばかりで商品のラインナップ全てを構成すれば良いのか?というとそうではありません。

資金に応じて、こういう商品を販売する割合を調節すれば良いのです。

 

そうする事で、他の売れ筋商品がより早く販売でき、回転率も上がり、

同時にマニアックな商品の販売にも繋がるという訳です。

 

要するに、バランスを考えて仕入れ販売を行えば良いのです。

全てを高額な商品ばかりでカメラ転売を行わなければならない訳では決してありません。

 

 

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

 

 

Kamiya Ryotaro転売、FX、その他気になるニュースを自身の体験を元に発信する元鳶職人。

投稿者の過去記事

足場工事をやってきましたが、離婚したことを機に、新しいことに挑戦しようと、FX、せどり、カメラ転売などに取り組んできました。

今では、情報商材のからくりもよくわかるようになり、それぞれのノウハウやビジネスに、どれくらいの資金が必要か、実際どれくらい稼げるものなのか?ビミョーなのかどうなのかが、かなり理解できるようになって来ました。

実際にどれくらいやれば利益出るのか、やらないほうが良い場合、などをできる限りお伝えしていきたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP