fbpx

初心者が利益30万超えた、たった2つの理由とは?

こんにちは、神谷です。

 

カメラ転売で成果の出る人、出ない人。その大きな違いはスピード感と模倣にある。

というのが明らかです。それは数字にも現れており、結局何事も迷いなく成功者の事例を参考に

スピード感を持って取り組んだ人が成果をあげているというわけです。

 

 

初月から利益30万円を出すには?

 

 

 

カメラ転売で稼ぐには、実は、スピード感と模倣。これに尽きるというのが、コンサルを始めてみて

確信するに至りました。それによって、稼げる人と稼げない人の違いが明らかなのです。

転売は、一見面倒なことが多いですが、実は模倣することで非常に再現性は高いのです。

 

カメラ転売の場合は特に、難しいツールの設定やバージョンアップもなく

仕入れとリサーチに集中していれば良いからです。

ネットビジネスの中でも、どちらかと言えばアナログなビジネスと言えるのではないでしょうか?

 

 

転売を初めて初月に徹底して、わからないなりにも数を販売すれば、

利益を産む商品がわかってくるし、2ヶ月目からは、非常に楽になります。

 

 

この最初のスタートが、うまく切れるか切れないかが大きな分かれ目となってきます。

モノマネと、スピードある行動。この2つさえあれば初心者でも稼げてしまうという事が、

カメラ転売に取り組む方の行動力の違いで、その差も明らかとなりました。

 

 

初月から30万円の利益目標を達成した方と、10万円に届かなかった方の違いは、

出品数、仕入れ数ともに大きく違います。

 

 

面白いことに初月から、数をこなしている人は2ヶ月目からは

ベテランと変わらないような商品を仕入れてきたりします。

しかし、最初のスタートにスピード感がなければ、いつまでたっても初心者から抜けられないのです。

 

 

難しいことはありません。最初は徹底的に模倣すればいいんです。

とにかく、たくさん売っている人を真似る。それだけです。

カメラやレンズの知識はやりながら覚えれば問題ありません。

私もそうですが、カメラ転売で成果をあげている人のほとんどは、カメラの知識がほとんどない状態で始めています。

 

とにかく最初は仕入れて売りまくれ!

 

 

具体的なやり方としては、評価が毎日のように増えていっている人をヤフオクで見つけて、

仕入れている商品や出品方法もドンドン真似していけば良いのです。

ヤフオクリサーチや、オークファンを使っていれば普通にすぐに見つかります。

 

 

最初、気にすると思うのですが、自分が仕入れた商品が、状態が悪かったり

この状態で売れるんだろうかとか?

 

 

どれくらいの物なら売っても大丈夫か?とか、考え過ぎてなかなか前に進めない人も

多くいると聞きます。

意外に思うかもしれませんが、ごちゃごちゃ気にせずに売りまくった人が

 

最後は結局稼ぐようになるというのは、よく聞いてきました。

 

中古品なので、コンディションに違いがあるのは当たり前です。

 

中古品を買われる方の多くは、それを理解していますし、

それはもちろん、コンデイションによって相場も違います。

ジャンクが新品のような価格では売れるわけではありません。

 

 

でも、ジャンクには、ジャンクの相場というのがあるので

ジャンクだから売れないわけではないんです。

 

 

その相場よりも安い価格で仕入れる事ができれば、それを仕入れれば良いわけで、

とにかく、販売してみなければどうなるか、最初はわからないのです。

 

 

とにかく売ってみる事が、一番の理解に繋がるし、まず実践しなければ

全く稼ぐ事もできないわけですよね。

 

 

とにかく売ってみて、やっと売れる仕組みが理解でき仕入れられるようになる。という事が

最初なかなか理解できなくて、仕入れに躊躇ってしまうということも多いのです。

 

 

仕入れようかどうしようか、オークファンとにらめっこして終わってしまう。

というパターンが実に多いという事です。

 

 

最初ビビらずに仕入れて利益を求めずにとにかく販売できる人が後々必ず伸びていきますが、

躊躇ばかり、言い訳ばかりで行動しない人は、なかなか利益出ませんし、

ちょっとだけやって、おこずかい程度が稼げるというわけでもないのです。

 

 

精密機械を販売する場合に必要なこと

 

 

 

カメラやレンズという商品の特性上、とにかく、信用が必要なわけです。

カメラやレンズ精密機械なので、信用がない人から精密機械を

あまり買いたくないというのは考えてみれば、当然だと思います。

 

 

ヤフオクで商品を買う人は、アマゾンよりも出品者のことを非常に気にする。と言われています。

 

 

初月の数の販売。というのもある意味、信用づくり、実績づくりでもあります。

初月は、極端な利益を狙う事なく、利益が少なくても販売するという実績を作った方が

後々大きな成功に繋がるのもカメラ転売の特徴の一つです。

 

 

この販売経験が多ければ多いほど、実績に繋がるだけでなく、

自分の中に、商品の販売リストとして残っていくわけです。

オークファンでリサーチした事よりも、この販売実績が一番確かなんです。

例え赤字であっても、自分で販売した商品は、自分がいちばんよくわかるわけです。

 

 

中古品というのは、売れる価格が新品と違って、商品によって全く違うので、

販売してみなければ、どうなるかわからないし、

ときには予想外の大きな利益が出る事も珍しいことではありません。

 

特に、商品たくさん出品し、販売実績が多い人は、高額で販売できる確率が高いのです。

 

 

まとめ

 

カメラ転売で大きな利益を得るためには、最初は模倣しながらも、

スピード感を持って、徹底した数をこなす販売をすることにより、自分の中に商品リストが出来上がり

後々、それが大きな利益に変わっていきます。

 

 

その販売経験で得ることができた、商品販売リストはその後のカメラ転売を飛躍させるために非常に重要です。

その自分リストを持っているからこそ、稼いでいるカメラ転売ヤーは高額商品でも躊躇なく仕入れすることができるというわけです。

初月が例え成果が今ひとつだったとしても、これを徹底して模倣し、自分の販売リストをスピード感を持って作ることができれば、

それ以降のカメラ転売で大きく稼げるようになるというわけです。

 

 

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP