ネットワークビジネスが副業の主流だった時代から、ネットビジネスへ

こんにちは、神谷です!

今回は、ネズミ講ビジネス、いわゆるネットワークビジネスに勧誘されたと時に、今思えばその時、ネットの時代の到来を予感させるようなことがありました。

その時点では、まだ全く、インターネットがガンガン普及して、どんな情報でも取り出せて、Eメールのやりとりなどもあたり前になるなんて知る由もなかったのです。

しかし、やはりネットワークビジネスは大きな借金ができてしまったり、人間関係も悪くなることが多かったのです。

そのグループは、当時一般的になり始めていた、家庭用FAXを利用し、ネットワークを構築するという発想を持っていたのです。

ネットのなかった当時は、斬新な発想のように思えましたが、やがてその発想もインターネットの普及と共に、消えて無くなりました。

 

 

ネットワークビジネスとは?

 

1990年代の頃の話し。当時のネズミ講、いわゆるネットワークビジネスのセミナーを聞きに行った事がありました。

簡単にいうと、まず自分が会費を支払って商品を購入し、さらに、紹介して商品を継続的に買ってもらえる会員を、自分の下に増やせば、

自分にも報酬が入る。というもので、自分が紹介した人がまた誰か紹介すると、さらに自分にも報酬が入る。というもの。

当然のことですが、自分に紹介した人、またさらにその上の人の方が儲かる仕組み。

ランクがあり、それを保つために商品を買い続けなければならい。か、そんなことがあって、かなり借金を作っている人もいたと思います。

 

 

 

そのビジネス自体は胡散臭く感じてしまい、入会はしなかったのですが、当時としては斬新だと思える発想を聴くことが出来ました。

それは、これからの広告は一気に変わり、家庭や職場のファックスに広告やメッセージを送り届けて、それをみた無数の人が、

入会や商品購入をする。ファックスネットワークというもの。

 

苦肉の営業策、FAXネットワークとは?

 

当時、家庭電話ファックスが普及し、家の電話に、ファックス機能が付いていなければ、恥ずかしくなるような時代だったので、

急速にファックスが普及し始めていた時でした。

 

訪問することはなく、営業展開できるという、

すごい発想だと思ったのですが、そのファックス広告や発信は、実際には普及することはありませんでした。

 

なぜかと言うと、その1、2年後にインターネットが急速に普及し、誰もがプロバイダーサービスを利用し始めたからです。

そして、瞬く間にEメールが当たり前になってしまいました。インターネットが世の中を変えてしまったのです。

 

E-Mailのように、ただパソコンや携帯にメールで広告がくるのと、FAXで広告が流れてくるのとを比較すると、圧倒的にFAXが流れてきた方が迷惑に感じてしまいます。

FAX用紙の消費という物理的な損失が見えるからです。こういった広告を展開しようとした企業もあるにはありましたが、大クレームの嵐で、一瞬で駆逐されました。

 

もはや、ファックスを送る手間も紙も不要なので、E-Mailは一瞬で広がりましたが、同時に迷惑メールも問題になりましたが・・・・

 

それまで、これほど世の中が急速に変わってしまう事を予想もしていませんでした。

まだポケットベルがあった時代です。

 

E-Mailだけではなく、その後ネット上でのコミュニケーションツールも進化し、フェイスブックなどのSNSも登場し、

今やコミュニケーションや、得られる情報は無限大になりました。

 

情報が溢れる時代の価値あるものとは?

 

ネットから、情報が無数に拾える時代になりはしたが、あちこちに散らばる、あらゆる

胡散臭いものから、珠玉の情報までを精査し利用する事のスキルが求められるようになってきてはいます。

 

様々な、思想や倫理観に触れる機会も増えるので、より自らの見解や、信念をアウトプットできるようにならなければ、

一歩間違えれば永遠に迷走を繰り返してしまう、怖い世の中でもあるのです。

 

情報が溢れているため、一つ一つの情報は価値が低下してはいるものの、断片的な情報を一つにまとめ上げるという事の

価値はますます高まってきています。

 

新時代の格差社会とは?

 

ネットビジネスを始めて、もしくはこれから始めようとして、

何が正しいのか、何から取り組めばいいのかわからなくなってしまっている方が今は非常に多いです。

 

方向性は、今や無数にあるからですが、ハッキリと言えるのは、

 

・自分の給料が安い。

・休みが少ない。

・拘束時間が長い。

・生活が苦しい。・・・・・・・・・

 

これらすべての問題を抱えている人たちすべてが、今や、ただの情報弱者なりつつあるということです。

今は、かなりツールも複雑化し多様化したっことから、情報格差がかなり広がってきています。
いくらでもお金を稼ぐ手段はありますが、その情報が無数にありすぎ、どれが正しいかわからなかったり、

さらに言えば、いまだにネットの情報が全て胡散臭いと感じている人も少なくありません。

 

ネットの恩恵を受けている人もいれば、全く他所の世界のようになってしまっている人もいます。

これらの問題を抱えてしまっている理由が

情報を知らないか、もしくは適切に利用出来ていない

知っている人との格差が生まれてしまっています。

 

・副収入を得る方法。

・ビジネスを立ち上げる方法。

・自らの価値を高める方法。

・自らをコンテンツにする方法。

・お金を生み出す方法。

 

これらを知っている人、知らない人の勝ち組、負け組が生まれてきているのです。

 

 

ネットで稼いでいる人は特別な人間だから成功したわけではなく。ネット上にある情報を実践しただけです。

知ったか、知らなかったか。知った事を実際に行動に移したか?移さなかったか?

ただそれだけという時代になってきています。

 

仕組みを理解しプロセスを踏む。

 

 

どんな事でもプロセスは存在します!

私のような、鳶職人をやっていたような人間が、いきなりプログラミングや、SEOについてなど全く理解できません。

しかし、1から順序を踏めばできるようになるのです。

 

進んだ機械文明を、いきなり縄文人が理解しようとするのは甚だ無理があるのです。

まずは、比較的簡単なネットビジネスから取り組むべきでしょう。

先ずは転売などの物販ビジネスから始めるのが稼ぎやすいと言われています。

 

物販ビジネスが始めやすい理由

 

インターネットの普及で、ネットで物を販売できるようになった最大の利点は、

店舗をもつ必要がなくなったことでしょう。

なので、パソコンさえあれば誰でも店が持てる時代になっています。初期費用も、ほとんどかかりません。

 

仕入れ資金がなければ最初は不用品を販売するなどして、資金を作ることもできるわけです。

そうやって資金を作ってから、物販ビジネスを始めた方も多いのです。

 

 

転売などの物販ビジネスは、稼ぐ事の再現性が比較的高く、成功者の模倣をしやすい事もオススメする理由です。

特に、パソコンなどの操作に不慣れな場合や、ネットビジネスをよく理解できないのなら、

先ずは物販ビジネスを選ぶのが、もっとも成果につながりやすいといえます。

 

まとめ

 

最近は昔ほど、詐欺のような情報は少なくなりました。

今は有料級の情報をツイッターなどで配信している人も少なくありません。かなりレベルの高い事を無料で発信している人も少なくありません。

ネットビジネスの世界もかなり質やレベルが向上してきています。

 

今は、詐欺のような情報では、ほとんどが生き残れないでしょう。

 

昔は、副業といえば、ネットワークビジネスが多かったですが、今では多種多様です。

ネットワークビジネスも詐欺まがいの物は生き残れないでしょう。

 

今ではビジネスの手法も、自分にあった手法を選ぶこともできます。

大事なのは自分自身が先ず取り組むこと、始めることです。

 

 

 

 

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

Kamiya Ryotaro転売、FX、その他気になるニュースを自身の体験を元に発信する元鳶職人。

投稿者の過去記事

今まで自分が取り組んできて、成果出たこと、うまくいかなかったことなどをブログで紹介していきます。
日本が大好きなので時々そういった内容の記事も書くことがあります。
日本人として当たり前だと感じることも書いたりします。

今では、FXや転売などの情報商材のからくりもよくわかるようになり、それぞれのノウハウやビジネスに、どれくらいの資金が必要か、実際どれくらい稼げるものなのか?ビミョーなのかどうなのかが、かなり理解できるようになって来ました。

実際にどれくらいやれば利益出るのか、やらないほうが良い場合、などをできる限りお伝えしていきたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP