カメラレンズセットが売れない理由とは?

こんにちは、神谷です。

実は、カメラやレンズの人気商品でも、あまりにも出品者が増えてくれば普通に出品していては、なかなか販売できない事が多々あります。人気ありすぎて出品者が多すぎるという現象ですね。当然、あまりにも出品者が増えれば、相場も少し下がったりもするわけです。

 

人気商品だからといって、闇雲に仕入れては在庫になる場合があるのです。例をあげれば、今ならCanonのエントリーモデル(初心者向け)一眼レンズセットでしょうか?以前は、ほとんど在庫になる事がなかったのですが、今年は、ミラーレス人気が上昇して来た事と、同じ手法を行う人が飽和状態になってきた事もあり、販売まで、かなり時間がかかったり、思うような価格で販売できなかったりします。

 

こういう場合、売れている履歴をオークファンで調べ、高く売れている商品や売れている傾向をそっくり真似ることで対処できます。人気商品といえど、出品の傾向やトレンドはやや変化するものです。

 

売れやすいものとは?

 

まず、付属品が豊富だったり、特徴的、希少なラインナップの物から順に売れていくのは当然のことなのですが、ポイントは、いかに安くセットのレンズを仕入れられるかにほぼ、かかっているともいえます。ボディはいつでも、キタムラなどで仕入れられるので、レンズ探しが主な課題になります。

 

このレンズの仕入れ価格で利幅が変わると言っても過言ではないわけです。このレンズの仕入れにとにかく時間を取られてしまうし、手法として、こればかり行うのはお勧めできないものです。やはり他の出品者の動きも確認しながら、商品構成を考えていった方が良いでしょう。

オークファンで調べてみても、やはり付属品がより多くついているものが高値となっています。この場合、特に初心者モデルの場合、ガイド本やCDなどがより多くついているものが好まれるようです。よく売れている商品がセットにしている付属品の傾向を掴むことです。

 

好まれるレンズとは?

 

実は初心者モデルの場合は、標準レンズ以外のレンズはそれほど使用されない傾向が強いようです。ダブルレンズキットを中古で購入しても、望遠レンズの方はほぼ使われず新品に近い状態のままというのが結構あります。これは逆に言うと、望遠レンズはそれほど性能に気を使わなくても良い。と言う事になります。ダブルレンズと明記され、付属品が多数ついていれば、心理的にも豊富感を感じ購入してしまう。というケースが多いようです。なので、ある程度良いレンズをつけても安いレンズをつけても、落札価格にそれほど変化はない。ということになります。だったら、出来るだけ安いレンズを仕入れよう!と言う事になるのです。

 

実際に高額落札されている商品を確認すればよくわかるのですが、レンズはほとんど安く仕入れられるものばかりで構成されていることが多いです。

 

レンズ仕入れのポイントとは?

フルサイズのカメラとは違い、エントリーモデルの一眼レフの場合は、例えば、Lレンズやナノクリスタルコートのレンズなどを付けても、あまり意味がありません。そもそも、そういうレンズを使うような層は、この価格帯のカメラをあまり使用していません。なので出来るだけ安く多く仕入れた方が良いわけです。

 

そうすると、具体的にどうやって仕入れたら良いのか?という事になってくるわけですが、具体的にいくつか方法をご紹介します。

 

下位モデルからの転用

カメラやレンズの相場の変化は、レンズの方がモデルチェンジが頻繁でないなどの理由もあり、カメラよりも相場の下落は緩やかです。カメラとレンズを、単体で考えた場合、一緒に購入したものでも、レンズに比べ、カメラの方が相場が下落します。いずれにせよ、中古なので、緩やかに相場は下がっていきますが、レンズの方がカメラよりも相場の下落は少ない傾向にあります。同じレンズを使っていたとしても、古いモデルのレンズ付きカメラはかなり安く買えるというわけです。

 

そして、そのレンズキットのレンズだけを、新しいモデルのカメラにセットすれば、実質的にレンズを安く仕入れた事になります。

 

カメラ店、リサイクル店のCランクを狙う。

カメラ店では、よく古いレンズがCランクのコーナーに置かれていることがあります。こういった商品は、不具合なく使用できるものが多く、しかも格安で販売されていたりします。目安としては、レンズ2本で5、6千円で購入することを目処にします。

 

ヤフオク、メルカリで仕入れる。

同様に、ヤフオクやメルカリでも安く販売されている事があり、かなり安く仕入れられる事もあります。レンズだけに絞ってリサーチしてみても良いでしょう。ポイントは、オークファンで実際に販売された商品のレンズをそっくりそのまま真似て仕入れる事です。この場合レンズ名で検索しても見つかる場合があります。

 

注意すべき点

 

レンズでセットを組む場合、注意すべき点がいくつかあります。それをご紹介します。

セットとキットの違いを理解する。

よく勘違いしてしまうのが、レンズキットとレンズセットを混同して出品してしまう事です。これはトラブルの元になるので覚えておきましょう。

 

レンズキットとは

元々メーカーが、カメラとレンズを一緒に一つの商品として販売しているものになります。レンズキット、ダブルレンズキット、ダブルズームキットなどです。レンズ付きで、メーカーが出している商品の事です。なので、それ以外はキットと称してはいけません。キットとはそれ自体がカメラメーカーが販売している元々の商品なのです。

 

レンズセットとは

キットと称せないレンズ付きのものはすべてセットという事になります。キット以外のものを、セットとしてしか販売しては、買う側が勘違いし、「キットと思って購入したら違った!」などのトラブルに発展しかねません。つまり自分でレンズを別で仕入れ、カメラと一緒に販売するものはすべてキットとは呼べません!この違いは、ハッキリと理解しておきましょう。

 

カメラボディを先に仕入れない。

一眼カメラのレンズセットで注意をすべき点は、カメラボディを先に仕入れたとしてもレンズはすぐに仕入れられない。という事になります。レンズが見つかるまでカメラのボディだけを販売しておく、という方法もありますが、エントリーモデルのカメラに関しては、ほとんどボディだけではあまり利益が出ませんレンズセットはセットとして販売する事で、利益が出るわけです。まずレンズを見つけてから、カメラを仕入れ他方が圧倒的に効率よく販売できます。

 

キットを仕入れてもそのまま販売しない。

 

先ほど説明した、レンズを入れ替える逆のパターンで、キットで販売されている商品は、カメラを入れ替えたり、レンズを分けるなどして工夫した方が、より利益がでる事が多いのです。元々レンズキットで販売されているものだと、若干割高なので、カメラボディだけよりも利益にはなりますが、工夫すればより利益も上がり、さらに出品数も増やす事ができるというわけです。

 

まとめ

 

カメラレンズセットは、比較的確実に利益が取れる手法ではありますが、出品方法がトレンドとズレていたり、同じ商品のライバルが多すぎると差別化できないこともあります。なので、直近でより多く売れている傾向のある出品方法を真似て販売する事が不可欠です。中古といえど流行りはあります。カメラのボディもより人気あるものに入れ替えるなどすると効果的です。常にリサーチしてから、セットを販売すればより早く売れます。

 

一時はセットにすれば、なんでも売れる時期もありましたが、最近はやはり選ばれる傾向が強いので、細かくリサーチをして、売れている出品を真似するようにし「奇をてらいすぎない。」ということもコツであるといえます。

 

セットが全くダメになった!というわけではなくやや傾向が変わってきているというだけなので、まだまだこれからも通用する手法です。

 

 

 


ネットビジネスランキング

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP