fbpx

ビジネスは副業で始めるべき2つの理由

ビジネスは副業で始めるべき大きな理由が2つあります。まず1つ目に、サラリーマンや、給料をもらっていた人が、いきなり本業を始めた場合に、時間を決められて勤務していた頃と違い、時間や作業の管理が難しいということです。頑張って仕事をしているつもりでも、ただのんべんだらりと作業しているだけになってしまうことがあります。しかし副業だと、限られた時間内で作業を終わらせようとするため、返って成果を出せる事が多いのです。

そしてもう一つの理由は、会社などの組織に属している人は、それだけで身分が保証され、自営業と比べても大きな信用があるということです。起業家というのは聞こえが良いですが、実際は不安定な場合が多く、一定の給料が保証されているサラリーマンと比較しても信用はありません。いきなり脱サラして起業すると、まずその信用度の低さに驚かされます。

 

というわけで、いくら嫌な仕事であったとしても続けながら、副業としてビジネスを立ち上げるのが理想的なのです。

 

給料をもらうことと、自ら稼ぐことの違い

 

自営業と会社員の大きな違いは、自分の頑張り次第で収入を増やす事ができる。という事です。しかしこれは逆に言えば、稼ぐ事ができなければ、全く給料の保証もないという事です。

全て1日の時間が自分の時間であり、どれだけ作業するか、休むかも自分次第なわけです。一見仕事する時間は無限にあるように思いますが、作業効率をあげることと時間の管理は非常に難しいのです。

 

転売などのビジネスを全て自分一人で行うと、かなりの労働型のビジネスだということに気がつきます。カメラ転売の場合でもそれは例外ではなく、継続するにはモチベーションと強い意志が必要です。そして目標を具体的な数値と期間で定め、日々それを必ずタスクとしてこなすことで、中長期の目標を達成していかなければなりません。

 

しかし、最初は労働型であったとしても、自らが行い、そのビジネスを知る事で、比較的早い段階でその労働から脱出して稼ぐ事が可能なのも転売ビジネスの特徴です。ここが、「自らの時間を切り売り」して給料をもらう仕事。との大きな違いです。

 

ただ、自らの時間を切り売りしてお金を稼ぐ事から脱出するには、最初は労働型であったとしても、手離れさせて稼げる仕組みを構築しなければならないわけです

 

 

サラリーマンも副業をする時代

 

副業が自由になったことで、ますます思考や行動、言動に気をつけなければ、全く稼げなくなってしまうという危険が、副業解禁前よりも高まる可能性があるという事を理解しなければなりません。本来ネットビジネスは、簡単にできる。すぐに稼げるなどの情報が溢れており、安易に飛びついて失敗してしまう方も見られます。どんなビジネスでもそうですが、作業に慣れるまでは徹底した継続が必要ですし。売り上げを安定させるまでは、仕組みづくりや改善も必要なはずです。取り組む状況は人それぞれですが、これは当然だと思います。

 

これから、サラリーマンの副業が解禁となる中で、ますます副業をしようとする方が増えて行くという見通しです。副業に最適なネットビジネスの需要がますます高まるはずで、多くの方が、がっつりではなく、ストレスなく取り組める副業を探し始めるのではないでしょうか?

 

いきなり本業をやめてしまって自らを、崖っぷちに追い込むようなプロセスを踏むのではなく、出来るだけリスクを少なくしてビジネスを始めるという考え方ですが、この場合、もしも、思った以上に副業が大変だと感じた場合に、本業があるという理由で簡単に諦める。というケースも多いでしょう。ある程度成果が出るまでは、継続した努力の積み重ねが必要だからです。

今まで、サラリーマンや給料をもらった経験しかない場合、どうしても勤務さえしていればお金が入ってくるという感覚があり、自分でお金を稼ぐことの大変さにギャップを感じてしまうと言います。実際に自営業は、のんびりと作業をしていると、あっという間に1日が過ぎ、ほとんど成果も上がらずに終わることもあるのです。

 

 

 

 

片手間でできて、なおかつ、本業に支障をきたさない程度で10〜30万程度稼げれば良い。というサラリーマンの方がいましたが、実際にビジネスを初めてみれば、何もないところから、月30万の報酬を達成させる事がいかに難しいことなのかを知らない場合も多いのです。

 

 

 

確かに稼ぐ価値観もかなり多様化されてくるわけですし、月100マン利益を達成する!という事が、人によっては必ずしも正義とは限らないという意見も聞きますが、目標を大きく立てれば、達成率が50%で50万です。10万を目標にしていれば、5万円という事になります。初心者が10万達成するためには、10万を目標にしていると達成できる確率はかなり下がってしまいます。

 

転売などのビジネスは、行動が成果に直結する場合が多く、逆に言えば、行動量自体がショボければ、成果がほとんど上がらないので、取り組む当初は、かなりの時間投下が必要だと思いますし、仕組みを構築するまでのスピード感も重要なのです。

 

しかし、副業として取り組んでいる方の中には、限られた時間の中で、あらかじめ決めた事をこなそうとするため、本業でビジネスを始めた方よりも早く成果を出し結果独立できた!というケースも非常に多いのです。

 

反面、副業で失敗する理由、うまくいかない理由は、最初の決意が弱すぎたため、成果に繋がらず、徐々にフェードアウトしてしまう。というパターンが多いようです。

失敗してしまう原因は大抵はここにあります。

 

会社員という地位を存分に利用する

 

副業でビジネスを始めるのが良いもう一つの理由は、会社員だと自営業の場合よりもかなり社会的な信用が高く、クレジットカードも簡単に始めから大きな枠のものを作ることも可能です。そして、制作金融公庫からの融資も引き出せる可能性が高く、会社員の間にやっておくと有利な事がいくつもあります。融資を引っ張る事ができれば、もともと店舗や事務所などの開業資金も必要のない転売などのビジネスには非常に有利になります。融資金の全てを商品の仕入れに回す事もできるからです。

 

月々わずかな返済で利息も小さい、国からの融資を引き出す事で、ビジネスには大きなアドバンテージとなるわけです。

 

元々、副業で行うビジネスは、メンタル面でも安心できるものですが、融資を受ける事で、さらに安心してビジネスに取り組む事ができます。ただし、資金管理はしっかりとしなければ散財して終わってしまうこともあります。

 

思わぬ落とし穴、人間関係

 

 

副業が解禁になるにつれ社内で情報交換も盛んになるかも知れませんが、仕事が終わってまで、また働きたくない!という方もいれば本業以外に、もっともっと稼ぎたい!という人とに、二極化していく可能性があります。

こんな場合、ビジネスに対する、色々な考え方が混沌として入り混じっている状態である種のコミュニティーのように情報交換するようになりますが、その場合、いろんな情報をやり取りできるし良い!と、考える向きもあるようですが、中には、稼ぐ人間を揶揄したり、他人の稼ぎを妬む人間も少なからずいるという事です。突き抜けた成果、或いは「稼いだ」と言うレベルに達せられずに、うまくいかない理由をシェアしあったりキズの舐め合いをする派閥が生まれ、当初はやる気になっていた自分もすっかり毒されてしまう。という、もっとも忌むべき状況に陥る危険もあります。

 

 

副業解禁になり、副業でビジネスを始めようとする人が増えると、ほとんど稼げない和気あいあいコミュニティーが量産されていく可能性もかなりの確率であると思われます。稼ぐという気持ちを、ブレずに持ち続ける事はかなりの決意が要りますし、常に強い意志も必要なわけです。実際、外からの「まあええやん」や「そこまでせんでも・・・・」などの誘惑の言葉には誰しも非常に弱いものです。副業が解禁になって、周りに副業に取り組む方が増えたとしても、余程プラスの関係が築けない限りは、安易に情報交換をしない。付き合いを断つ。などの自分ルールを持つことも大事だと思うのです。

おそらくは、稼げる人の数自体は副業解禁前と比べても、それほど増えない。というのが、私の見解です!他人と情報交換がしやすくなる反面、自分の行動や言動、思考には、より一層気をつけなければなりません。ほとんどの方が稼げない事を、ノウハウのせいにしたがりますが、失敗する原因の多くはここなのです。

 

副業で稼げる人は、副業解禁になろうがならまいが、必ず結果を出すと思うからですそして多分、副業で稼げる人が増えるというよりも稼いでた人が、もっと稼ぐようになるというのが正解のような気がします。

 

 

転売は副業に向いているか?

 

 

カメラ転売も、私が実践してきたからこそ言える事はまず、労働型のビジネスモデルであるという事です。難しいテクニックはほとんど不要ですが、取り組み当初は、かなりの時間投下が必要なのです。時間投下や地道な労働に、まず自らが極限まで挑むことで、その後の仕組みを構築する事が可能なわけです。これはゆっくりではできません。猛スピードでやる必要があります。

何故ならば、「稼げるが忙しい」を、「忙しくせずに稼げる。」という状態にする必要性が生まれ、更に稼げる確信できるようになり、改善することで利益に繋がる可能性が見えるからです。次はその作業に取り組めば良いというわけです。

 

稼いでいても死ぬほど忙しい状態が長過ぎれば、自らが疲弊してしまうし、そもそも時間投下して稼ぐ事をしらなければ、改善する必要性も生まれないからです。必要性がなければ改善する理由も生まれません。これは需要があるから供給があるのと同じことです。

 

具体的には、作業を外注業者に投げたり、事務的な作業を代行してもらう業者を探したりなどです。こうする事で、一時的にビジネスの利益率は低下するかもしれませんが、最終的には業務を拡大させ、手離れさせる事で、本業以外にもう一つ、確実に収入を得られる柱を見つけられた事になります。

 

・ヤフオクの落札や、メルカリの交渉から始め、仕入れを外注化する。

・出品や発送の業者を使う、もしくは近所で作業してくれる人を雇用する。

・撮影や検品も同時に行う人を教育し、募集する。

 

と言った事を外注化してしまうのです。

 

カメラ転売の場合は、作業自体が単純なものが多く、覚えてしまうと、ほぼルーティンワークとして行うことができるので、作業の量=稼ぎ。だと言っても過言ではないのです。稼ぐには、いかに作業を効率化して、量を増やせるかにかかっています。

 

 

まずは、稼ぐまでにどれくらいの作業と時間が必要なのか?

利益に対する売り上げの金額はどれくらいか?

それに対する仕入れ、販売個数がどれくらい必要なのか?

などをを理解し、まず自身がその行動から、作業に必要な時間や資金を知る事が仕組みづくりを行う上で重要になってきます。

 

それがあって初めて、外注化の必要性が見えてくるというわけです。作業を外注化していく事で、他の作業が可能になり、自身の時間も確保できます。強いて言えば本業もやめる必要なく稼げるわけです。

 

 

まとめ

 

副業で稼ぐ方法というのは多数ありますが、どれを選ぶにしても、最初はそれなりに時間投下し、そのビジネスの仕組みを理解しなければなりません。ギャンブル的な発想で稼げるものはないですし、もしあったとしても必ず同じだけのリスクが存在します。

 

 

しかし、労働型のビジネスほど、作業の内容が単純なものが多いのです。カメラ転売もその一つです。なので、確実に作業を行い、外注化させる事ができれば稼ぎ続ける事ができるビジネスであり、修正や改善も比較的簡単に行えることもあり、外注化させるビジネスとしては最適のはずです。

 

ただ、殆どの方が、外注化というと敷居が高く感じるのか、外注化に取り組む事を考えずに疲弊していく場合が多いようです。ビジネスは、一時的に稼げるだけで、作業量が自体が増えていくばかりでは意味がありません。

 

副業をするにあたっての最終目標は、稼げる仕組みを作り手離れさせる事です。それが楽して稼ぐという事への最善の方法ではないかと思います。他に稼げる方法や、スキル、投資する資金がとぼしいなどの場合は、転売をまず最初に取り組むのがもっとも簡単で単純だと言われていますが、それには、最初に時間投下してそのビジネスを知り、仕組みを構築することが必要不可欠であり、なおかつそれが最短でビジネスを成功させる鍵でもあります。

 

副業で限られた時間の中で、最大限に本業の立場を利用して稼ぐのが、メンタル的にも資金的にも最も成功率が高い方法だと思います。

 

 


ネットビジネスランキング

 

 

 

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP