スーパーカーブームにみる、トレンド掌握術とは?

こんにちは、神谷です。

 

私が子供の頃に、スーパーカーブームがあり、

当時の子供用の自転車には、ほとんど車ばりのシフトレバーが付いておりました。

 

 

そして、なぜかライトもリトラクタブルタイプの

物までありました。

 

 

 

しかし、パカっとカッコ良く出て来る割には

ダイナモ式なので、漕ぐスピードによって光量が変化して

暗くなったり明るくなったりするのが、何ともちゃちくて

大いにテンションが下がってしまう所でした。

 

 

おまけに電池が切れるとライトが持ち上がらなく

なる所も非常に残念でした。

 

 

何はともあれ、見事に当時の子供の購買意欲を

かきたて、大人までも巻き込んでのセールス成功事例なのです。

 

 

何しろ

当時の子供は、猫もしゃくしもスーパーカー自転車を所有していました。

乗っていないと恥ずかしいくらいだった。

 

 

ところがこのスパーカー自転車、

中学生になる頃には、途端に恥ずかしくなり、

新しい自転車を買い換えて貰えない子供は突然、

 

 

カッコ良かったはずの、ライトやその他装飾部品を

いっせいに取り外しはじめるのだった笑

 

 

その後さらに、ブームが終焉を迎えると

一斉にこの流れは加速して、周りはみんなママチャリ

だけになっていました笑

 

 

ママチャリにだらしなく乗るのが、

なんとなくカッコよかったのです。

 

 

 

今思えば、この一瞬で相手に買う気にさせてしまう、

セールステクってすごいですよね。

 

 

最近でも、仮面ライダーや新しいヒーローが交代すると

もう既に新商品のライダーベルトなども製品化されており、

同時にコマーシャルが始まるという、

ひょっとして商品が先なのではと思う事もあるくらい笑

 

 

我々が扱う、カメラの世界も、

今、卒業式、入学式などの春のイベントに向け

カメラ各社、新商品を発表しまくりです。

 

 

これから一気に需要も高まり、

カメラ転売始めるのに絶好のシーズンなのです!

 

 

そして今まで頑張って来られた方も一気に花開く季節!

 

 

ガンガン仕入れもしたい所です!

 

 

インスタグラムをやる方が増えるに従い、

近年では、スマホ投稿が主流だったのに対して、

よりクオリティーの高い画像や動画を

投稿しようとする方が増えてきました。

 

 

今のカメラの利用方法といえば、

SNSへの投稿が、かなりの割合であるのではないでしょうか?

 

 

そして、さらには、

今からは、動画の時代です。

 

 

これも、より高性能でコンパクト、

かつ、音質も良くて、防水や、防塵、耐衝撃機能などが

充実したものが求められています。

 

 

Goproなどが、その典型です。

その派生商品や、類似品も売れまくっています。

 

 

回転率からいえば、

はっきり言って、従来のカメラやレンズなんて

目じゃありません。

 

 

もはやスタンダードと言っても良いくらいです。

 

 

毎年、新製品が投入され、販売、仕入れのパターンも

ほぼほぼ決まってきました。

 

 

新製品が出ると、ちょっと前の機種が売れ筋になり、

波に乗ればかなりの数を売ることが出来るのです。

 

 

 

ほぼ、年間を通しての販売方法も確立されてきています。

 

 

そして、かなりの季節性を有している事。

 

 

相場が上がる時期、落ちる時期があります。

これはつまり、仕入れ時、売り時がはっきりしている事です。

 

 

 

年間を通じて、こういったカメラ向けのイベントが

多数ある事も、カメラ転売が有利な理由です。

 

 

カメラ転売はコツさえ掴めば

誰でも稼げる様になるビジネスだと思います!

 

 

今日はこの辺で・・・

 

神谷でした。

 

 

 

 

Kamiya Ryotaro転売、FX、その他気になるニュースを自身の体験を元に発信する元鳶職人。

投稿者の過去記事

足場工事をやってきましたが、離婚したことを機に、新しいことに挑戦しようと、FX、せどり、カメラ転売などに取り組んできました。

今では、情報商材のからくりもよくわかるようになり、それぞれのノウハウやビジネスに、どれくらいの資金が必要か、実際どれくらい稼げるものなのか?ビミョーなのかどうなのかが、かなり理解できるようになって来ました。

実際にどれくらいやれば利益出るのか、やらないほうが良い場合、などをできる限りお伝えしていきたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP