韓国に肩入れする日本の報道がヤバイ!

こんにちは、神谷です。

今回の「韓国に対する輸出規制」に関して、メディアは『半導体材料を“事実上の禁輸”』『対韓輸出規制を発動』などと、事実とは違った解釈で、韓国寄りの報道をしているものをよく見かけ、『自由貿易を掲げてきた日本へ各国から批判が集まる懸念もある』『各国に恣意的なルール変更ともとられかねない』といった指摘を偏った視点で大々的に報道しているものが多いですが、実際は全く禁輸ではなく、単に安全保障上の理由から、個別の許可を求めるだけであり、特別に優遇して簡略化していた手続きを、2003年以前の状態に戻すだけだという事です。

なぜか、韓国のことに関することになると、日本を攻撃したり、韓国の肩入れするような「日本人」のコメントをよく見かけます。なぜ同じ国民にありながら、このように日本の国益を損ねるような事をいう日本人が多いのでしょうか?全く意味不明です。

 

もともと特別待遇すぎた、韓国の「ホワイト国指定」

安全保障上、輸出に際して個別に許可が必要だということは、国際的に遵守すべき原則で、日本がこの国なら手続きを簡素化しても信頼できるだろう。という特別に信頼できる国についてのみ、手続きを簡略化することが認められるという。この対象の国々を、日本では「ホワイト国」と呼んでいて、2004年に「ホワイト国」に韓国も追加されているのですが、アジアでは韓国だけで、実際にはかなり信頼できる国対してのみ指定する特別扱いです。

 

この「特別扱い」ついて、一部のメディアでは日本が輸出を禁止したかのように報道していたりする。

 

そもそも韓国が厳正な輸出管理をする能力がない国だったということで、特別に信頼できる国にしていたものを、他の国と同様に通常の手続きに戻すだけなのです。ちなみに、日本以外の国で韓国を、日本で言う「ホワイト国」に指定している国はありません。

韓国人元徴用工の訴訟問題を巡る韓国の対応に対抗する措置だ。として大きく強調しているメディアもありますが、そうではなく単に不適切(北朝鮮などへの不正輸出)な事案が生じたため、信頼できなくなっただけのことです。

こうなれば、信頼できるどころかテロ支援国家に指定してもいいくらいだと思うのですが。

 

次々に真実を歪める韓国

✖️日本が韓国の土地を侵略した。

  ↓

当時の朝鮮半島を治めていた李氏朝鮮は、清朝中国を中心とした冊封体制を堅持していた。1869年に明治政府は王政復古を朝鮮に通告するが、「皇上」や「奉勅」など中国の皇帝が朝鮮に下す言葉が書かれていたことから、日本が朝鮮よりも上位になるとして受け取りを拒否した。

もともと、朝鮮は、昔の中国(清国)の属国であると言う事を自他共に認めていたため、朝鮮という独立した国ではありませんでした。しかも当時は北からロシアが勢力を拡大していた事もあり、当時の日本は、朝鮮に対し、『お前らしっかりして、自分の国を守れ!』と、懸命に独立を促していたのです。

朝鮮人官僚界の態度は、日本の成功に関心を持つ少数の人々をのぞき、新しい体制にとってまったく不都合なもので、改革のひとつひとつが憤りの対象となった。官吏階級は改革で「搾取」や不正利得がもはやできなくなると見ており、ごまんといる役所の居候や取り巻きとともに、 全員が私利私欲という最強の動機で結ばれ、改革には積極的にせよ消極的にせよ反対していた。政治腐敗はソウルが本拠地であるものの、どの地方でもスケールこそそれより小さいとはいえ、首都と同質の不正がはぴこっており、勤勉実直な階層をしいたげて私腹を肥やす悪徳官吏が跋扈していた。このように堕落しきった朝鮮の官僚制度の浄化に日本は着手したのであるが、これは困難きわまりなかった。名誉と高潔の伝統は、あったとしてももう何世紀も前に忘れられている。公正な官吏の規範は存在しない。日本が改革に着手したとき、朝鮮には階層が二つしかなかった。 盗む側と盗まれる側である。そして盗む側には官界をなす膨大な数の人間が含まれる。「搾取」 と着服は上層部から下級官吏にいたるまで全体を通じての習わしであり、どの職位も売買の対象となっていた。

イザベラ・バード、『朝鮮紀行』講談社〈講談社学術文庫〉

 

身分解放

朝鮮統監府は1909年、新たに戸籍制度を朝鮮に導入し、李氏朝鮮時代を通じて人間とは見なされず、姓を持つことを許されていなかった奴婢、白丁などの賤民にも姓を名乗らせて戸籍には身分を記載することなく登録させた。

日本は、朝鮮総督府を設置し、朝鮮にあった差別制度を撤廃させました。

 

教育文化政策

日本統治下においては、日本内地に準じた学校教育制度が整備された。初代統監に就任した伊藤博文は、学校建設を改革の最優先課題とした。小学校も統合直前には100校程度だったのが、1943年(昭和18年)には4271校にまで増加した。

 

日本は、朝鮮の教育改革を推進しました。しかし、その改革を推進した伊東博文を、安重根というテロリストが暗殺してしまいます。伊東は最後まで朝鮮の併合には反対しています。

反日教育が盛んな韓国では、こういった歴史的事実は教えられずに、日本は朝鮮人に対して虐殺や強奪を行ったとしています。実際に今徴用工の問題が取りざたされていますが、多くの朝鮮人は、日本人よりも高い給料をもらっていた。と言われています。

もはや冷静に、客観的に、歴史を理解する能力も喪失している韓国人は、ある意味、現政権の国家による洗脳状態にあるといえます。それともこれは朝鮮人の国民性なのでしょうか?だとすれば、日本人とは未来永劫分かり合える事はないと思われます。韓国が先進国のように言われたりもしますが、世界中どこを見てもこんな先進国はありません。文化的、政治的には非常に「未開」の後進国だと思います。

 

日本を貶める日本人

 

朝日新聞

今問題にされる、靖国問題や、従軍慰安婦問題は、全て朝日の偏向報道が発端となっています。朝日の報道が発端となり、韓国や中国が、それまで問題にはされていなかった靖国神社の参拝について攻撃を始めました。

朝日新聞の報道は今でも事実を捻じ曲げ、日本の国益を大いに損ねつつあります。幸い、今は、SNSの発達のおかげで、今までなら反日マスコミにもみ消されていたような事実を、多くの知識人がシェアし拡散するようになり、今ではそれほど大きな影響力を与えられなくなっています。多くの日本人も気がつき始めたと言えます。

サンデーモーニング

今特に反日報道、捏造が酷いのが、日曜朝の情報番組「サンデーモーニング」ではないでしょうか?

  • TBSの情報番組『サンデーモーニング』の2003年11月2日放送分にて、東京都知事・石原慎太郎の「私は日韓合併(の歴史)を100%正当化するつもりはないが、(以下略)」という発言が、テロップによって「100%正当化するつもりだ」という正反対の表示で報道された(参照:石原発言捏造テロップ事件)。

わざわざ、編集してまで、視聴者に間違った認識を植え付けようとするサンデーモーニングは、明らかに反日の思想を定着させようとい意図を感じます。残念ながら、今の日本のテレビは反日報道する局の割合が非常に大きいと言うのが実態です。韓国の不正輸出の記事を取り上げたのもフジサンケイグループのみでした。

しかし多くの国民もこの事実に気が付いてきています。

在日国会議員

東日本大震災当時、多くの日本人が大きな過ちに気が付いていました。それは、自民党に代わり、当時の民主党に政権を渡した事です。民主党が政権を持っている期間、日本は恐ろしいほどのデフレに見舞われ、景気が大低迷しました。建設業をしていた自分も、当時、民主党政権が「コンクリートから人へ」という政策を推し進めた事で、公共設備投資が削減され、そのおかげで建設業界全体が大不況に陥りました。

結果、当然、世の中の消費も低迷します。私の周りにも。「もう1ヶ月仕事がない。」と言う職人がいっぱいいました。そんな時に、とどめを刺すかのように東日本大震災が起こったわけです。(首相の菅直人氏は原子炉のメルトダウンを隠蔽しようとしました。)

在日議員は、野党だけでなく、自民党にも多数いると言われます。政治的なコネクションを使い、韓国に有利な政策、日本の国益を損なうような政策を実施しようとします。

鳩山由紀夫氏

総理を辞めた今でも、卑屈外交を中韓に出向いては、勝手に行う反日政治家。この男を総理にしてしまった我々日本人は、大いに反省すべきでしょう。最近では、「北朝鮮の拉致問題は大したことではない」という発言もするほど、北にはご執心。典型的な左翼政治家。

(この記事の情報ソースはWikipediaより引用しました)

まとめ

これまで、韓国のやりたい放題にやらせてきたものを、最近は、ようやく日本の主張を通せるようになってきたように思います。安倍総理の任期が長くなった事で、外交上も物言えるリーダーになってきたのは喜ばしい限りです。SNSの普及で、反日マスコミや反日政治家の発言を、「おかしい」と皆が感じるようになり、反日勢力が思うように国民を洗脳することはもはや不可能です。このまま憲法改正まで頑張っていただきたく思います。

Kamiya Ryotaroマキタからニコンに持ちかえた男

投稿者の過去記事

20年以上、建設現場で足場工事の個人事業主として働いてきた。

しかし、突如妻から離婚を言い渡される。

何故?・・・

確かに波はあるが、順調に仕事の受注は伸びていた。

むしろ、それまでは、自分が死にもの狂いで働けば、家族が楽できると、

いつかはみんなで一緒に笑顔になれ、幸せになれるだろうと、今思えば根拠

のない幻想を抱き、たどり着けない理想郷をめざしていた。

結果は、家族を失い、住宅ローンだけが残る。

命がけの仕事にモチベーションを、もはや見いだせない。

漠然とした不安、底なしの孤独、行き場を失った自らの存在価値。

ネットの世界に救いを求めて彷徨い、遂にカメラ転売と出会う。

全てを失い、カメラ転売に挑戦するアラフィフ男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP