クレーマーが多い?ヤフオクの落札代行業社の実態とは?

こんにちは、神谷です。

ヤフオクでは、よく業社らしき人物が落札をしてくることがあります。時には、高額で落札してもらえるので、ありがたい場合もあり一概に悪いともいえません。これらの業者に関しては、受け取り連絡をキッチリしてもらえ、支払いも確実であれば、特に問題はありません。

ヤフオクの取引ナビ外でのやりとりを要求してくる場合、できれば、そいう業者とはやりとりしないほうが無難です、その場合、取引中止を選択すれば良いでしょう。あらかじめ、商品説明文の中に、ヤフオク以外での取引を要求してくる場合などは取引中止をする場合がある旨を記載しておいても良いでしょう。

 

ヤフオクでの落札業者特徴

ヤフオクで、落札してくる業者は、特徴があることが多く一目でわかる場合がほとんどです。そして、業者だとわからないような場合で、高額で落札してもらえ、尚且つ支払いもスムーズに行われるのであれば、特にきにする必要もないでしょう。特に迷惑だと思える業者は、ブラックリストに入れても複数アカウントを所有している場合も多く、迷惑な業者の場合には毅然として取引きを中止する旨を伝えれば良いでしょう。

ここからは私が実際に出会った業者の特徴をいくつか記載しておきます。

住所の最後に管理番号を書くよう要求してくる

 

住所か宛名に、数字とアルファベットの管理番号を記載してくるのが大きな特徴です。以前は、文章で記載を要求してくることが多かったのですが、拒否されたりブラックリストに入れられやすかったのか、最近は住所の末尾にしれ〜っと記載して、出品者が自発的に記載することを狙っているようです。この場合、特に記載しなくても構わないでしょう。ただ、受け取り連絡をしてこないなどの嫌がらせに会う可能性はあります。

 

 

登録されている住所とは違う住所に発送を依頼してくる

 

元々ヤフオクに登録されている住所とは違う住所に発送してくるよう依頼してくる、送料を出来るだけ安くしようとしてくる業者です。代行業者よりもmどちらかというと、無在庫転売を個人でしているような業者に多いように思います。高額で落札されている時には問題ありませんが、安く販売してしまった時には、非常に腹が立つものです。こういう場合は、荷物の中に自分の住所と名前を記載したお礼状を忍ばせるのも良いでしょう。ヤフオクでよくある詐欺の例

 

 

ヤフオク外でのやりとり、入金を依頼してくる

 

ヤフオクでの落札時の入金方法が、取引きナビのみになる以前は非常に多かったのですが、最近はあまりいません。

もしも、未だにこのようなやりとりを持ちかけてくる場合は、詐欺の可能性があるか、カード情報や、銀行口座自体がヤフオクから停止を受けているなどの特殊な事情があるか、もしくは全くヤフオクの使い方を知らないか。のどちらかです。ヤフオクの利用方法のヘルプなどを提示し、それでも不可能というならば落札者都合の取り消しを行う旨を伝え、取引きを終わらせた方が無難であるといえます。

 

外国人のアカウント

 

この場合は一概に全てが業者というわけではありませんが、自分自身がブラックリストに入れている業者が、別アカウントを使用して落札してきている場合もあります。

一概に全ての外国人が業者だというわけではありませんが、過去に私自身がやりとりしたものの中に、業者らしき外国人が多数いたという経験があります。

 

やたらと注文が細かい

 

こちらに関しては、特に低価格で損切り販売や、安売りしてしまった場合に非常に多いパターンです。

商品に対するクレームをつけてきたり、元々こちらが記載している発送方法とは違う方法で発送するよう依頼してきたり、領収者が必要なので必ず書いて欲しいなどと、とにかく横柄に注文をつけてきます。こういうことがあるので、商品は出来るだけ安売りはしないようにした方が良いのです。安く販売した場合はロクなことがありません。

回転資金に困っていない場合は、どうせなかなか売れないのなら、高い価格に設定して、売れるのを時間をかけて待った方が良いこともあります。

 

悪い業者ばかりではないことも

 

これは、カメラなどの高額品に限ったことことかもしれませんが、高額に設定していた商品が、ある日突然、連休中や休日の午前中に即決落札してくれる場合があります。こういう場合も外国の顧客の落札を代行する業者の場合がよくあります。支払いもスムーズで、受け取り連絡や評価までの流れも全く滞りなく行われます。こういう場合は歓迎すべきでしょう。特にブラックリスト入れる必要もありません。

カメラやレンズの比較的マニアックな商品や、一眼レフのプロ機や高級レンズで、こういった落札がよくあります。しかもお正月や、大型連休中の午前中に即決落札されることがあります。

 

私の場合は当たった業者のほとんどが、支払いや、受け取り連絡もスムーズな良い業者でしたが、中には受け取り連絡をしないなどの業者もいると聞きます。

 

これは私自身の個人的に思う感想ですが、特に高額な商品に関しては、業者も含め、それほど悪い落札者に当たったことがありません。面倒な業者や、落札者がい多いのは、安売りしてしまったリ、薄利で1円出品で捌いてしまったりした場合に多いです。

一度そういう販売をしてしまうと、そういう業者や落札者に目をつけられ、フォローされてしまいます。なのでヤフオクでの安売り販売はよくありません。安売りに寄ってくる客層は、業者やクレーマー率が非常に高いのです。

 

まとめ

 

業者は、落札する事が仕事なので、たとえブラックリストに入れたとしても、アカウントを複数所有していたり、いくらでも新しいアカウントと違う名前で入札してくるのでキリがない。というのが実情ではないでしょうか。

悪い業者にもしも落札された場合は、毅然と対応すれば良く、決して言いなりになる必要はありません。

私が一番だと思う、悪い業者や落札者を防ぐ方法は、絶対に商品を安売りしない事です。これに尽きるのではないでしょうか?もしも、仕入れ資金に困っているのであれば、仕入れ資金を調達するなどし、自分の出品物の安売りだけはしない事です。

 

そもそも転売をしていて安売りをしなければならない程資金繰りに困るのであれば、厳しく言えば、完全に「今の転売は自分自身にはあっていない」と考えるべきでしょう。仕入れするのがキツいのであれば、転売する商品のランクを落としたり、不用品を販売したり、融資を受けるなどして、まず資金を調達すべきです。それが現実的だと思います。

通常に健全な価格で出品していれば、悪い落札業者にたかられることもほぼありません。安く買い叩く業者にロクな業者はいず、そういう業者や落札者を相手にするような転売なら、やめた方がマシだと思います。

まず今の自分の資金に対して、今やろうとしているビジネスが正しいかを、まず考えるべきだと思います。カメラ転売に拘る必要もなければ、カメラ転売が最高というわけでもありません。ただ高額な商品を扱う物販は、比較的悪い業者や、クレーマーが少ないのです。安い商品を扱う転売や、安売り販売は必ずクレーマーとの戦い、悪徳業者との戦いとなります。

資金に余裕ができてくれば、安売りからは卒業して、高額な商品を扱う物販に切り替えていく方が、業者対策などを考えても良い選択であると言えます。カメラ転売は資金を回せるかどうかを考えてから取り組むべき転売だと思います。

お金が必要だから転売をするわけで、こういうことを言えば本末転倒ですが、資金がない場合は明らかに向いていないし、やるべきではないでしょう。

 

 

Kamiya Ryotaro転売、FX、その他気になるニュースを自身の体験を元に発信する元鳶職人。

投稿者の過去記事

足場工事をやってきましたが、離婚したことを機に、新しいことに挑戦しようと、FX、せどり、カメラ転売などに取り組んできました。

今では、情報商材のからくりもよくわかるようになり、それぞれのノウハウやビジネスに、どれくらいの資金が必要か、実際どれくらい稼げるものなのか?ビミョーなのかどうなのかが、かなり理解できるようになって来ました。

実際にどれくらいやれば利益出るのか、やらないほうが良い場合、などをできる限りお伝えしていきたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP