赤化確定いよいよ終了!GSOMIAを破棄って本気か韓国?

韓国が自ら終わりの道を選択したようです。GSOMIA(軍事情報包括保護協定)を韓国が破棄することを、昨日8月22日に韓国側が明らかにしました。1年ごとに延長される同協定は日韓のいずれかの側が破棄を決定しない限り自動的に更新されるのですが、この協定を韓国側から破棄してきたのです。

韓国は本当にバカな国家です。もはや韓国は日本を敵国だと思っているようです。

米国とも十分に協議をしてきたなどと、いつものように平気で嘘をつき、アメリカにも否定される始末。本当に本当にいよいよ、韓国は北に吸収される時が近づきつつあります。もはや早急に韓国とは国交を断ち、日本に南北統一後、日本に難民が流れて来ないような対策をするべきでしょう!はっきり言ってそこが一番心配!

破棄して困るのは日本ではなく韓国

日本は偵察衛星の役割をもつ情報収集衛星を、現在7機保有しており、さらに10機を目指しており、日本海から発射されるミサイルの情報はいち早く分析することができ、さらに米国からも情報を共有できます。なので韓国から情報提供がなくとも特に困ることはありません。

しかし、韓国は自国で衛星を保有しておらず、GSOMIA破棄によって、日本からの衛星情報が得られなくなります。情報を日米韓3国で共有できなくなることによって、米国の情報提供の手間も増え、これには米国も起こることでしょう。

日本のホワイト国外しに対する報復のつもりのようですが、実際に困るのは韓国側です。

もはや、日本に対する怒りで、安全保障の重要な事すら冷静に判断できないようです。もう自滅するしかないのではないでしょうか?

まるで駄々っ子のような行動を繰り返す韓国。反日をすることが、北朝鮮のミサイル情報より大事なようです。

GSOMIA破棄を破棄することは、韓国が一方的に不利で、さらに米国の信頼を無くし、在韓米軍が撤退する可能性もあるため、日本の関係者も「いくら韓国でもそこまでしないだろう」という声が大半だったため、協定破棄を発表した当初は、日本側もサプライズ的にこのことを報じました。

それを韓国のマスコミは「韓国の決定に日本が恐れをなしている」「日本が謝罪し、ホワイト国に韓国を戻すならば、協定を復活させても良い」などと全く現状を把握できていないバカな報道がされていたようです。

さらに詰んだのは韓国なのに・・・・・

こういう事を言っているようですが要りません!↓

GSOMIA破棄で困るのは韓国で、日本は全く困りません。

 

韓国は民主主義陣営『西側』ではなくなった

世界中で嘘をつき、告げ口外交、反日プロパガンダを繰り返す韓国は、もはや世界中から信頼されていません。朝鮮人とは付き合うのはやめた方が良いと、福沢諭吉も言っていたように、昔から朝鮮人は面倒臭い民族で、関わらないことが最善なのです。

日本のためにも、1日も早く韓国と国交断絶される事を切に願う今日この頃です。

韓国、北朝鮮のミサイル発射情報配信に30分の遅れも

現在はまだGSOMIAは破棄通告されただけで、まだ失効していないので、韓国はまだ日本の衛星情報を共有できるはずですが、なぜかミサイル北朝鮮のミサイル発射情報を掴むのにかなりの遅れがあるようです。

米国も懸念を表明している今回の韓国のGSOMIA破棄ですが、実際にこれから先在韓米軍が撤収するようなことがあれば、韓国の北朝鮮吸収がますます現実味を帯びてきます。

そうなると、ムン大統領はおそらく粛清されるでしょう。その時に、難民が日本になだれこまないかがかなり心配です。

韓国の暴行野郎を絶対許すな!!

みゆりんさのツイートより

こんなのがいっぱい日本に雪崩れ込んでくれば、日本国内の犯罪は倍増します。レイプも驚くほど増え、日本の治安は最悪レベルに悪化するに違いありません。

韓国のレイプ犯罪発生件数は、日本の43.6倍!

しかもこの野郎!「自分は暴行していない」「動画は日本人の女の捏造」などと、自らの暴行を否定しているらしいのです。

やったことをとぼけたり否定するくだりは、自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射事件と同じ。これがいつもの韓国人です。

世界中に売春婦を輸出し、あらゆる国家で犯罪を繰り返す韓国人は、日本に入れてはいけません!

日本人も韓国への旅行は控えるべきでしょう。本当に厄介な隣国ですね〜

 

Kamiya Ryotaro転売、FX、その他気になるニュースを自身の体験を元に発信する元鳶職人。

投稿者の過去記事

足場工事をやってきましたが、離婚したことを機に、新しいことに挑戦しようと、FX、せどり、カメラ転売などに取り組んできました。

今では、情報商材のからくりもよくわかるようになり、それぞれのノウハウやビジネスに、どれくらいの資金が必要か、実際どれくらい稼げるものなのか?ビミョーなのかどうなのかが、かなり理解できるようになって来ました。

実際にどれくらいやれば利益出るのか、やらないほうが良い場合、などをできる限りお伝えしていきたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP