【危険】カメラ転売は儲からないだけでは終わらない!

カメラ転売は、実を言うとある程度の資金を用意してから始めなければうまくいきません。一つ一つが高単価の在庫を抱えるためです。

「カメラ転売で雪だるま式に資金を増やす。」や、「資金がなければカメラを仕入れて売れ」「転売初心者はカメラ転売をまずやれ」などの言葉は鵜呑みにしない方が無難であると言えます。

 

かなりの労働力が必要なカメラ転売

カメラ転売は中古を扱うと言う特性上、商品リサーチに仕入れ、検品や撮影、出品などの手間が通常のせどりなどよりもかなりかかります。もしも外注先がないのであれば全て自分で行う事になります。それを毎日仕事の後に行うわけなので、時間が限られている人にとってはかなり厳しいのが現実でしょう。

なので結局は全て根性、マインドの世界になります。この現実を受け止め、資金を管理しやり抜ける人だけが稼げる転売ビジネスです。

と言うわけで必然的に誰でも簡単にというわけではありませんし、成功する条件が整った場合にのみうまくいくビズネスだと考えるのが妥当だと思います。

カメラ転売のスクールや塾を運営している側が、誰でも彼でも募集している場合は、塾運営の台所事情が厳しいか、自分自身はほとんどカメラ転売を行なっていない可能性もあるでしょう。甘い誘いに乗らないように気をつけた方が良いでしょう。

 

取り組んでいる人が少なくライバルが不在というが・・・・

 

ライバルがあまり少ない。ということは、ほとんど需要がないか、難易度がかなり高いか、適合する条件がかなり限られているかのどれか。ということになります。

成功しやすく儲かるのに、あまりライバルがいない昔から認知されているビジネス。なんてそんなうまい話しはありません。大抵は需要がないか、儲からないというのが正解です。

お金がないが、他の転売は商品数が多く難しそうなので、カメラやレンズだけ扱えばすむという発想でカメラ転売を始めてしまうと、大抵ツボります。

成立させるためにはかなり条件が限られるのです。

誰でもカメラ転売はすぐに始められますが、成功させるための条件やリスクもしっかり理解しておくべきです。

稼げた情報や、カメラ転売の良いことだけ取り上げた広告記事には冷静になって、まず自分自身が条件に合うかどうかを考えなければなりません。

 

商品を絞るためのリサーチが簡単?

 

「カメラ転売は、単純に安く仕入れて高く売れば良い」などという人もいますが、実際にやってみると、利益が出て儲かる商品を探すことがいかに大変であるかがわかります。

通常、値打ちのある商品は、市場価格も高いことが当たり前であるため、通常の店舗などで探そうとすると、なかなか思うような利益の商品は見つかりません。

見つかるようになるまでは高額でしかも利益率が5%未満なんていうものも仕入れて販売するという覚悟が必要になってきます。それをしなければ到底仕入れられるようにならないからです。

それに、儲かる商品というのは訳ありの商品も多く、ある人にとっては値打ちはないが、ある人にとってはかなりお得な商品を探すわけですが、

そういったものを例えば、外注化してリサーチしてもらうとなってもなかなか難しいのです。安いものということでジャンクばかり仕入れてくる羽目になり、外注化することもかなり難しいと言えるでしょう。

そもそもカメラ転売は、仕入れの外注化がなかなか難しいのです。

これも、カメラ転売の作業量が多く、ほとんど誰もが撤退してしまう大きな障壁となっています。

 

 

稼げなかった、儲からなかった!だけですまないカメラ転売

 

カメラ転売をとりあえず始めてみたがうまくいかなかった。よくわからないが初めてみた。

などという場合も多いと思いますが、カメラ転売が厄介なのは、儲からないのでやめようとした場合、それだけですまないからです。

売れない在庫が、やめてしまえば全て借金(含み損)に変わるからです。

カメラ転売で売れなかった中古の在庫は、やはりなかなか処分できません。

面白いことに、仕入れをやめると売れ行きもパタッと落ち、中には相場がドンドン落ちていく商品もあります。

大量に仕入れをしていた場合は赤字でも出来るだけ早く売りさばくなどしなければ、益々損失が膨らむだけになります。資金がかかるビジネスだけにやめる時も覚悟が必要です。

簡単に始められる割には、やめる時の難しさがあることも、ほとんど語られることのない、カメラ転売の負の一面なのです。

撤退の殿をしっかりしておかなければ、借金を抱えて儲かるどころか、更なる借金生活に陥ることとなるでしょう。

 

実は多くいるカメラ転売破産者

カメラ転売で稼いで自由に生きる。余った時間で海外旅行・・・・などの甘い誘いを多く見かけますが、カメラ転売を始めたらそんな余裕などあるわけがありません。

それは真っ赤な嘘だと考えるべきでしょう。

実は、甘い誘いに乗ってしまい、もともと借金があるにも関わらず、カメラ転売に最後ののぞみを託したが、現実を見せられ失望し、自己破産の決意をした。などという人も中にはいました。

藁にもすがる思いの人に、カメラ転売スクールなどのコンサルフィーや、仕入れた在庫、売ることの難しさがトドメをさしてしまったわけです。

こういったことは、ほとんど知られていませんが、実際は、カメラ転売で稼げた人間よりも諦めらた人間の方が多いのです。

何度も言いますが、資金がなけらばまずやるべきではない転売ビジネスが、カメラ転売なのです。

 

まとめ

様々なネットの情報にある甘い誘いとは裏腹に、カメラ転売は失敗することが多く、借金の抱えやすいリスキーなビジネスなのです。

成功するにはかなり条件も限られていますし、ずっと続けていくにはかなりの決意と労力も必要だと思います。

リアルなところからの仕入れルートも確保していかなければ、続けていくのはかなり厳しいと言えます。

簡単に始められるのとは裏腹に、相当な覚悟と決意がなければカメラ転売はうまくいかないのが現実です。それに仕入れをする前に資金を調達できる力がなければうまくいく可能性は低いと言えます。

くれぐれも甘い言葉には騙されないようにしましょう

Kamiya Ryotaro転売、FX、その他気になるニュースを自身の体験を元に発信する元鳶職人。

投稿者の過去記事

今まで自分が取り組んできて、成果出たこと、うまくいかなかったことなどをブログで紹介していきます。
日本が大好きなので時々そういった内容の記事も書くことがあります。
日本人として当たり前だと感じることも書いたりします。

今では、FXや転売などの情報商材のからくりもよくわかるようになり、それぞれのノウハウやビジネスに、どれくらいの資金が必要か、実際どれくらい稼げるものなのか?ビミョーなのかどうなのかが、かなり理解できるようになって来ました。

実際にどれくらいやれば利益出るのか、やらないほうが良い場合、などをできる限りお伝えしていきたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP