ヤフオクの、注目のオークション戦略!

ヤフオクは日本最大のオークションサイトです。

 

なので、ヤフオクでは毎日、何万もの商品が出品されています。

そんな中で、ヤフオクで高く、早く売る方法があるのをご存知でしたか?

 

 

常時多くの商品が出品されているヤフオク。そんな中、

自分の商品を見つけて買ってもらわなければならないのです。

実は、ヤフオクで販売する場合、

オプションを使って簡単に、自分の商品の存在を知ってもらうことができます。

 

 

今回は、特にオプションを使ってのヤフオク販売のコツをご紹介したいと思います。

 

 

ヤフオクで商品に人を集める

 

 

まず、ヤフオクでの便利な機能の一つとして、ウォッチ機能がありますよね?

商品を探している人、入札しようとしている人などが、自分のウォッチリストに追加すると

自分にはウォッチとして表示されるのですが、

今どれだけ自分の商品が見られているとか、どれだけ注目されているのか。

というのが一目でわかるわけです。

 

 

ヤフオクではアクセスやウォッチリストを見ながら、

売り方の戦略を立てられるのも、早く販売することに一役買っている訳なんですが、

 

 

もし出品しても、全くウォッチが入らないとか、

ウォッチは3日間でやっと1つ入るか、入らないか。

だと、売れる見込み、可能性はかなり低い。ということになります。

 

 

 

この場合、商品の価格設定が適切でなかったり、

タイトルや商品画像に間違いがあったり、

その商品自体の人気がかなり低いという場合もあります。

 

 

 

そして、それ以外にも大きな理由というのは、

自分のアカウント自体に、あまり人がきていない。という事も

考えられるわけです。

 

 

ヤフオクの場合、商品数を増やせば、増やすほど、

アカウントに人が集まる可能性は高くなるのですが、

 

それ以外にも、とても重要な事が一つあります。

それはなんだと思いますが?

 

 

 

それは1円出品をする事です。

 

 

ヤフオクはもともとオークションサイトなので、

1円オークションを行う事で、かなりの集客力があるのです

 

 

 

ヤフオクで、1円出品をしていない時と、している時では

自分のアカウントの他の商品の売れ方が、全く違ってきます。

 

そもそも、1円出品をする事が、自分の商品を

多くの人に見てもらうためには、すごく重要なんですが、

 

 

これをしている人としていない人とでは、

商品の売れ方にも大きな違いが出てきたりします。

ハッキリ言って、ヤフオクで売り上げをあげる秘訣は、この1円出品にある。

と言っても過言ではありません。

 

 

ヤフオクのオプションを使う

 

 

この1円出品の効果を、さらに高める秘訣として、

同時に、ヤフオクのオプションを使うのが、効果的です。

その中で、最も効果あるのが、この注目のオークション

と呼ばれるオプションです。

 

 

狙うランクごとにかかる料金も違ってきますが、その効果は抜群です!

 

 

 

 

 

注目のオークションをガッツリつける事が、

カメラ転売で、自分の在庫を捌くコツでもある訳なんです。

 

 

順位を上げれば上げるほど、注目もされるのですが、

たくさん1円出品すると、それだけ経費もかかってきます。

 

 

キャノンやニコンのデジタル系でベスト3に

入ろうと思えば、結構高く着久野です。

 

 

この動画で説明しているように、ちょうど注目のオークション価格の

価格の谷間に上手く入り込んで、最終日に飛び出すというやり方です。

ちょうど、上位争いをするマラソンランナーや、

 

競馬での差し馬のようなやり方で、最後はベスト3圏内を狙うやり方です。

 

 

例えば、これはキャノンの注目のオークションの順位表ですが

 

 

週末が近くなると、1位を狙おうとすると500円を超えることもあるのです。

なので、1円出品の期間が3日間だとすると、2日間は、中盤あたりにつけておいて、

最終日に抜け出すという方法です。

 

 

赤い矢印で示したあたりから、価格が急に高くなっていいるのがわかると思います。

このような、谷間を見つけて、注目のオークションの順位を決まるわけです。

 

 

そうすると、最終日にトップに立ったとしても、価格はかなり抑えることができます。

 

 

メーカー、価格帯による、注目度合い

 

 

同じ注目のオークションにしても、メーカーの違いでかなりの価格差があります。

 

 

まず、カメラのシェア世界第1位である、キャノンは、

ヤフオクのカメラ、レンズカテゴリーにおいても、圧倒的に商品数も多く、

注目のオークションの料金もかなり高額です。

 

 

その分、販売はしやすいのですが、同時にライバルも多いというわけです。

 

 

キャノンに次に、高額なのがニコンです。

こちらも昔から根強いファンがいるので、キャノンほどではないにしても

そこそこ注目のオークションの料金は高くなっています。

 

 

なので、もともと誰もが買い求めるような商品ではありますが、

それだけ出品者も多いというわけです。

 

 

逆に、その他のメーカーならそれほど高額ではなく

注目のオークションをするなら価格は非常に安く設定できるため、

最初から上位を狙っていけます。

 

 

 

メーカーの違いと共に、アクセスの違いは商品の価格帯によっても差があります。

やはり、価格が高い商品の方が、安い商品よりもアクセスが集まるようです。

 

 

 

なので、高額な商品を出している時ほど、

この注目のオークションを積極的に使い、順位をあげていけば

より自分のアカウントの商品にもアクセスを集めることができるというわけです。

 

 

 

それに、価格の安い商品に注目のオークションをレッドオーシャンのカテゴリーで使うとなると、

かなり、利益を圧迫しかねない上に、低価格な商品ほどアクセスも集まらない事が多いため、

価格に見合う程の効果は期待できないかもしれません。

 

 

なので、安い価格帯の商品は、利益を考えてほどほどにし、

利益を圧迫しない程度でつける方が良いと思います。

 

 

 

 

しかし、何れにせよ、注目のオークションは、

1円出品をしているときには、必ず使うべきだと思います。

これは必要経費だと考えるべきでしょう。

 

 

1円出品以外での注目のオークション

 

 

注目のオークションは、1円出品以外につけても効果がある時があります。

長期在庫になっている商品や、

 

 

目玉商品となるような、レア商品に注目のオークションをつけるという方法です。

 

 

在庫にする注目のオークション

 

なかなか売れない在庫の商品の価格を少しだけ高めに設定し直し、

再度、注目のオークションをつけて出品し直し、

衆目を引きつけておいてから、値下げして再出品する。

 

 

という方法があります。

 

 

ただこの場合、再設定する価格を上げすぎると、

ウォッチすら入らない場合もあるので、

相場をしっかり確認した上で行わなければ、

余分な経費を使うことになってしまいます。

 

 

しかし、この方法で売れる場合もよくあります。

なので、全く無意味であるとは言えません。

 

 

ただしあまりにも低額な商品には、何度も言いますが

非常に利益を圧迫する手法になってしまいます。

 

 

目玉商品にする注目のオークション

 

自分の出品している商品のなかで、目玉商品と思われるような商品がある場合に

注目のオークションを使うという方法です。

 

こちらも、考え方としては、その目玉商品を直接販売するというよりは、

自分のアカウントを目立たせるためとして行います。

 

 

その影響で、他の商品が売れる場合があり、効果はなかなかのものです。

 

ただ、その商品にしてもかなり高額で高級なものでなければ

あまり意味がありません。

 

カメラファンが注目するような商品を仕入れられた時には

いきなり売ってしまわずに、広告塔として利用するのも手な訳なのです。

 

ただ、こちらも安価な商品には全く向きませんし、

勿体無いだけとなります。

 

 

まとめ

 

 

ヤフオクの注目のオークションには、かなり広い利用方法があり、

その反面、商品の違いにより、向き不向きもあるという事がお分かりいただけたでしょうか?

 

 

そして、ヤフオクは、やはりオークションサイトであるので、

まずは、自分のアカウントで1円出品を行なっているという事が大前提なのです。

 

 

1円出品をせずに、この注目のオークションだけを利用しても

あまり効果はありません!

 

 

そして、価格帯によっての効果の違いにも注目して行うのが良いというわけです。この注目のオークションは、ヤフオクの1円出品によるオークションに使ってこそ最大の効果が発揮できるものなのです。

 

 


ネットビジネスランキング

 

 

Kamiya Ryotaro転売、FX、その他気になるニュースを自身の体験を元に発信する元鳶職人。

投稿者の過去記事

足場工事をやってきましたが、離婚したことを機に、新しいことに挑戦しようと、FX、せどり、カメラ転売などに取り組んできました。

今では、情報商材のからくりもよくわかるようになり、それぞれのノウハウやビジネスに、どれくらいの資金が必要か、実際どれくらい稼げるものなのか?ビミョーなのかどうなのかが、かなり理解できるようになって来ました。

実際にどれくらいやれば利益出るのか、やらないほうが良い場合、などをできる限りお伝えしていきたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP